1
/
5

10倍の未来を見据えるからこそ、人の倍成長できる。スタークスのバリュー紹介1



こんにちは。スタークス採用担当の吉貝です!



順調に進んできた、スタークスの理念紹介。

最初から読みたい方はこちらへ




今回はValue(価値観、行動指針)に関してです。



スタークスには3つのValueがあります。



▶10times(10倍の未来)
▶Ownership(全員経営者)
▶Multivalue(多面的価値)


これに関しては、語ることが多すぎるので、
それぞれのValueにつき、1つ記事を書いていきます!



ますは、10timesから。





10times(10倍の未来)
大きく、魅力的な未来を描き、実現する

好奇心が未来を創る。
人の10倍の好奇心を磨き、10倍大きな未来を描こう。
できない理由ではなく、できる方法を考え、
期待値の高い未来を選択しよう。
大きな未来から今すべきことを逆算し、実現させ続けよう



ここで大事なのは、「逆算」「リスクテイク」です。



Missionのスケールの大きさとも紐づく部分なのですが、
スタークスは、自社・顧客・パートナー、を含む「社会」全体を、
変えていくと決めました。



そのためには、2倍、3倍の努力では、到底それは達成されません。



今の延長線や、
今までのやり方、
今の自分に出来ること、



の行動では、10倍の成果は生まれない、では
10倍の成果を生むには、あるべき姿からの逆算が肝となり、
常に、それを念頭に置いて行動していこう、というメッセージです。



10倍の未来に向かって、大きくストレッチした行動をしたら、
自分自身も大きく成長していると思いませんか?



圧倒的に、個人が、チームが、組織が成長することで、
個人、会社の果たしたい姿が達成できると信じて、このValueを大事にしています。




実は、理念リニューアル前は、

・目標は高く
・リスクより期待値


と2つに分かれていました。



10倍の未来を得るために逆算行動をすると、
リスクヘッジではなくリスクテイクが必然になってきます。



人はだれでもリスクは怖いしできれば負いたくないです。



でも、リスクヘッジして2倍の未来しか得られないなら、
リスクテイクして10倍の未来を得た方が
成長できるし、そんな組織にしたいという思いをこめて、
10timesに統合しました。




「10times」が公用語になるように、
引き続き、浸透させていきたいと思います!




10timesにこめた思い、ご理解いただけましたか??
次回は、Ownershipについて語りたいと思います。


Ownershipの記事はこちら









--

スタークス株式会社's job postings
23 Likes
23 Likes

Weekly ranking

Show other rankings