厳しくも楽しく、忘れられない”濃い時間”を生きました。

株式会社Step Houseに入る前

こんにちは、現在留学中の白波瀬です。ふとWantedlyを開いてみるとインタビュー依頼を無視してしまっていたことに気づき、急きょ執筆させてもらいます~。

ステップハウスに入る前はなにもやることがなく、いろいろなバイトを経験してはやめるといったことを繰り返しつつ、友達と遊ぶというダラダラした日常を過ごしておりました。(漠然と留学はしたいな~と思っていたので英語の勉強だけは続けていましたが笑)そんな日常の中でこの会社に入るきっかけとなったのが親友の澤田一真くん。僕より先に入社した彼を見ていると、日に日に成長を遂げているのが目に付くようになりました。どんな成長かというと、話し方が論理的にわかりやすくなっていたり、一つの事柄に対してより深く考えるようになったり、何より顔に自信が出てきていたりと、そんな彼の成長をみて”自分も成長したい”、なにより”置いて行かれるのが癪だな”という思いから入社を決意しました。

現在

ステップハウスの仕事内容としては、至極単純でいわゆる”飛び込み営業”でした。営業をやるとなると最初はかなりビビッていた記憶がありますが、人間というのは慣れるものでしばらくたつとあまり怖がらずに仕事に取り組めていました。

聞こえが悪いと言ったら失礼ですが、そんな営業の仕事の中でなにが面白かったのか?僕個人としては、自分で考えた切り返し(お客様からの質問へのアンサー)がバチッとお客様にはまった時です。毎月の定例会議の中で行われる講義や、上司、仲間からのフィードバックをもとに自分で考え行動していく。そしてそれが結果に表れる時が思わず興奮を覚えるようなもので、”これが営業の楽しさかッッッ”と思わずにはいられませんでした。

株式会社Step Houseについて

この会社について、書きたいことは多々あるのですが特筆すべき点は”フランクさ”にあると僕は考えます。数多くのバイト経験をしてきたからこそ言えるのですが、社員の方々がまるで友達のように接してくる環境に驚きました。”楽しく仕事をする”という理念を地で行くこの会社は、学生たちの個性を引き出すことに余念がなく、むしろ喜々として引き出してくれます。おかげでいつも一歩引いて意見を言ったりする自分が、いつのまにか自分の考えや本音を臆せず言うようになっていました。(もっとも、原色のように個性が出すぎている人も多かったので一歩引く方がむしろいいのかも笑)

成長できた点として挙げるとすれば、粘り強くなったことが一番大きいかと思います。”諦めなければ結果が出る”とは使い古された言葉で、胡散臭く聞こえますが、こと営業に関してはこの言葉がかなり当てはまります。人間誰しも調子が良ければ良くない日もあったり、自分はその波が激しく苦労しながら仕事をしていた時期がありました。ですが、諦めずにやり続けたおかげで結果がついてきたので泥にまみれながらも何かをやり通すことの重要性を学べました。「泥にまみれろよ。」とはスラムダンク、陵南高校の魚住選手の言葉ですが今では自分の支えの一つになっております。

今後どういうことをしていきたいか

現在はアメリカのシアトルに留学中で、先日から新聞社でインターンシップを始めました。正直今までやってきたことと全く土俵の違う分野で、まずなにからやればいいのかというところすらわかっていない状態です。ですが、諦めなければ道は開けるものと思って、泥臭く取り組んでいきたいと思っております。あと半年で帰国するのですが、帰った暁にはまたステップハウスの皆さんと楽しい時間を過ごせることを楽しみにしております。

株式会社Step House's job postings
Anonymous
Picture?1523056982
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 Like
Anonymous
Picture?1523056982
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
2 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon