何をしても俺はトップになる

株式会社Step Houseに入る前

・入社前について 入社前は、大学生活は他の学生と変わらない生活を送っていた。 バイトに遊び、後は寝るだけといった自堕落な生活だった。 バイトが夜職だった事もあり、生活リズムは最悪で、正に昼夜逆転の毎日。 1年時に働いた、営業インターンが本気で退屈な、嫌な雰囲気だった事もあり、中々将来について真剣に考える機会が無かった。 Step Houseを知ったのは、大学2年の4月。 交流のある先輩からの紹介だった。 「営業力を身に付けるのに最適な環境がある」 この言葉に興味を持った自分は、採用担当の方に話を聞きに行くことにした。 その場で、担当の方の話に強い衝撃と、関心を抱いたのが入社のきっかけである。

現在

・今の仕事で面白いところ・ 今の仕事で、面白いと感じるのは、全てが自分次第で決まる点である。 努力すれば、着実に実力が尽き、成果が出る。 中途半端なら、勿論、何も身に付くことは無い。 給料も0だ。 仕事の中で情熱を持って取り組んだのは、チーム対抗での契約勝負である。 ご褒美、罰ゲームもあり、出勤毎に気が抜けない。 自分にとっては最高のイベントだった。 仕事の内容としては、国と電力会社が普及を推奨している、環境対策の給湯器エコキュートを一般家庭に販売する営業だ。 高価な商品で、普通の学生が売れるものでは決してない。 しかし、Step Houseの営業マンの中には、毎月コンスタントに契約を上げ続ける実力のある人が沢山いる。 これは紛れもない事実である。

株式会社Step Houseについて

・Step Houseについて Step Houseのカルチャーは、「日本一楽しい会社」 であり、仕事も遊びも一流を目指す、という意識が社員、学生達には浸透している。 仕事の中に、遊び要素を取り入れ、多種多様なイベントを企画している。 ここまで馬鹿騒ぎ出来る会社は、日本中を探しても珍しいはず。 自分がこの会社のカルチャーに沿って働くことで、変わったのは、仕事は大変なだけでは駄目なのだということ。 楽しんでこそ、成果が出るのだと実感出来たのが心境の変化であった。

今後どういうことをしていきたいか

まずはこの会社で仕事によって周囲を引っ張れるようになることが目標。 将来は、この会社で培った営業力と経験を生かし、どんな業界、分野においてもトップに立てるよう努力していきたい。

株式会社Step House's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon