This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【人×事業×規模】スタメンに入社を決めた3つの理由

自己紹介

簡単に経歴を紹介すると、2011年にグリー株式会社に入社し、HR部門において、リクルーティングやファシリティ業務に従事、その後ゲーム事業部門においてデベロッパー向けのコンサルティング営業、事業開発、新規事業立ち上げなどを行いました。
その後2017年3月に株式会社スタメンに入社してます。
スタメンでは組織エンゲージメントクラウド「TUNAG」のセールス&マーケティングがメイン業務です。スタメンに入社したきっかけをここに記して、少しでもスタメンに興味を持っていただけたらと思います。

スタメンに入社した理由

入社理由①:一緒に働くメンバー

スタメンのメンバーと接していて思うことは、経営陣やメンバーは実はすごいキャリアの持ち主ばかりなのに、それを感じさせないフランクな雰囲気があります。
その雰囲気のおかげでみんな自由に発言できる、そして要所要所でそのキャリアを活かした能力を発揮して一緒に事業を作ることができることは働いていてとても刺激になります。
新卒で入社したグリーのバリューの一つに「一流の仲間を集め一流のチームを作る」というものがあります。
グリーで働いていて思ったことは「何をするか」よりも「誰と働くか」の方が個人的には重要だなということです。
20代のキャリアをどんな人に囲まれて仕事をするか?私の場合は歴代の上司の方が運良く仕事ができるかつ人格的にも魅力的な人が多かったです。
そういった人と仕事をすると、仕事ぶりを目の当たりにして、自分とのスキルやマインドの差分についてもわかるためビジネスマンとして求める自分の基準値を底上げすることができたと思います。
今のスタメンは人数がまだ14名程度ということもありますが、フランクな雰囲気を持ちつつみなポジティブに同じベクトルで事業を進めることができています。
どうしても規模が大きくなると全員が同じベクトルで事業を進めることは難しいのですが、現在のスタメンのメンバーはスタートアップならではのドライブ感を味わうことができます。

名古屋オフィスの上にある隠れ家で、初めて全員集合した時の様子

入社理由②:成長が見込める事業

働き方改革が求められている社会で、これから組織で働く上で必要になってくるものは「エンゲージメント」だと思います。
会社や同僚に対しての理解や愛着が深まるとエンゲージメントが高まり、会社や事業の成長のために個人個人が当事者意識を持って働くことができるので結果的にいいパフォーマンスにつながりやすいです。
これからは会社も広告費や採用費などの外にお金が出ていくアウターマーケティングばかりに注力するのではなく、社内で働いている従業員のエンゲージメントをどう向上させるかというインナーマーケティングにも注力することが大切だと感じます。

いま業種や規模を問わず様々な企業の経営陣や人事/総務の方とお話する機会がたくさんあるのですがよく出てくる組織の課題感は大きく以下の2つです。
・離職率が高く、人員補充のための採用費が高いので人材流出を止めたい
・従業員が増えてきた、部署が多いので社内コミュニケーションをもっと活性化したい

会社で使う費用でインナーマーケティングにつながりやすいといわれるものは福利厚生費の中の法定外福利費です。
日本の正社員の法定外福利費が毎月1人あたりいくら使われているかご存じですか?
約2.5万円です、年間にすると30万円。
※出典:第60回 福利厚生費調査結果報告(経団連)
日本の正社員が約3,300万人なので、法定外福利費だけで年間10兆円使われています。

TUNAGはそういった予算を活用して経営課題を解決するために、社内制度や福利厚生を一緒にプランニングして、その会社で働く従業員に喜んでもらうための運用サポートをしていきます。

まだエンゲージメントという領域は日本ではあまり知られていないですが、働き方が自由になっている時代だからこそ、会社と従業員を結びつけるものは「お金」ではなく「人と人とのつながり」だと思います。TUNAGは企業の「人と人をつなぐ」を作るパイオニアとして市場を作っていきます!


ポスターなどイベント出展時の装備品が充実してきました

入社理由③:まだ十数名規模の組織

スタメンに入社を決めた大きな要因はまだ十数名という組織規模です。
正直な話、優秀な人がたくさんいて、魅力的な事業をやっている会社は東京だけでもたくさんあります。
ただ優秀な人がたくさんいて、魅力的な事業をやっている会社はある程度「出来上がっている」ことがほとんどです。(もちろんまだまだ伸びる余地があって、自分が入ることで事業に貢献できることもあると思います。)

まだ10名規模の会社を、自分がコアメンバーとなって数百名、数千名規模の会社を作るチャンスがあるということがスタメンに入った大きな要因です。
前職のグリーでは、組織が数千名まで拡大したことに自分自身が貢献できたという実感はなく、先輩方が作ってくれたことがほとんどです。
なので次は当時のグリーの先輩方のように自分が会社と事業を作る側になって、当時の自分のような若者が希望をもってもらえるような会社を作りたいと思います。

東京オフィス開設時の集合写真、エレベーターが空いたらすぐ執務エリアです

一緒に働く仲間を募集します

企画営業コンサルのメンバーを絶賛募集しています!
興味を持っていただいた方ぜひお話しましょう!

セールス
[東京・名古屋]セールス部門の役員候補として、営業経験者を若干名募集!
▼一人ひとりが「Star」のように光り輝く存在でありたい。 社名は「Star Members」という言葉に由来しています。会社の力の源泉は人であり、「Star」が集まる会社にしたい、そんな想いからスタメンと名付けました。 一緒に働く仲間が感動し、幸せを感じられる会社にしたい。その上で「一人でも多くの人に、感動を届け、幸せを広める」という企業理念に恥じないサービスを提供していきたいと思います。 ▼2016年8月に事業を開始しました。 中心として取り組んでいる事業領域は「リアルとITの融合」です。自分たちにしかできない「期待を超える=感動」のエッセンスに徹底してこだわっていきます。 現在は創業事業である、組織エンゲージメントクラウド「TUNAG」の拡大に励んでいます! ▼組織エンゲージメントクラウド「TUNAG」 働き方改革、人材確保...多くの企業が人にまつわる課題を抱えています。その解決に一番大切なのは、そこで働くメンバーの気持ちや組織の絆(エンゲージメント)と信じています。 「会社が好きな社員で溢れる会社は強い」「社員同士の繋がりが深い会社は強い」そのような昔からある価値観を実現するためのサービスがTUNAGです。 詳しいサービス内容についてはぜひこちらもご覧ください! https://www.youtube.com/watch?v=TG0H57FXD_c ▼メディア情報 ・挑戦する地方ベンチャー  http://newswitch.jp/p/8667 ・五反田スタートアップ  http://getnavi.jp/life/155603/ ・2.8億円の資金調達  http://jp.techcrunch.com/2017/03/21/tugan-stamina-raises-280m-yen/
株式会社スタメン


他のスタメンメンバーの記事もよかったら見てみて下さい!

グリー時代は大先輩すぎて面識がなかったCTO小林さん
「東大→トヨタ・官僚」輝かしいほどのキャリアを捨てて歩みたかった道は------スタメンに転職した喜多亮介氏にインタビュー | Nagoya Startup News
仕事をもっと楽しく 22歳から仕事を始めた人にとって、いわゆる定年退職までの年数は約40年間。 その間ずっと「仕事」の二文字がついて回ります。仕事は毎日が楽しいことばかりではないです。失敗も落ち込むこともあります。でもそんな時、「この職場でよかった」そう感じる機会が多ければ多いほど仕事を頑張れるのではないでしょうか。 「 株式会社スタメン」では、そんな企業も働く人も両方が幸せになるサービス「
http://nagoyastartupnews.jp/sutamen-interview/
エリートだけどエリート感がない喜多さん
関わるベンチャー、全てハッピーになるというウワサの丸岡さん
イケメンで筋肉なエンジニアゆうしろう
株式会社スタメンでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
C7ffd33d c54f 4895 b98e b9b88a257236
81d28308 8903 40af 9875 58fa1409c9a1
D8486e6f 79ba 4949 a1da 2f7ab225ff60
23 いいね!
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
C7ffd33d c54f 4895 b98e b9b88a257236
81d28308 8903 40af 9875 58fa1409c9a1
D8486e6f 79ba 4949 a1da 2f7ab225ff60
23 いいね!

ココロオドル瞬間

私がこのシゴトでココロオドッている理由

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon