1
/
5

ニットが社会人インターン制度を提案するワケ

転職って、けっこう勇気がいることだと思います。
仕事に本気で向き合う人ほど、真剣に考えることだと思います。

「未来を自分で選択できる社会をつくる」のが、私たちニットのビジョン。
ちゃんと納得して未来を選択してもらいたいから、
ニットでは、コアメンバーとしてお迎えする前に、社会人インターンを経験してもらっています。

採用選考で、とんとん拍子に話が進むのもいいのですが、
それだけじゃ、一緒に働くことになる人がどんな人なのか、
面談で話したことと、実態に相違がないかは分からない。

特に、ニットでの働き方は、ちょっと特殊かもしれないので、
合うかどうかを見定めてもらいたい。

・完全リモートのメンバーがいる
・出社していても、PC画面に向かって会議をしている
・シェアオフィスで、みんな好きな場所で働いている
・情報をオープンにすることが求められる
・メンバー間のフィードバックがストレート

自律して働ける、そしてメンバーとのコミュニケーションを遠慮しない(ほどよく空気を読んで…)。
そんな方であれば、ニットの環境を、心地よく感じていただけると思います。

でも、だれかにケアしてもらいたい。常に近くに同じ仕事をする人がいてほしい。
そんな方は、難しさを感じるかもしれません。

これまで社会人インターンを経験した方が全員、
採用に至ったわけではありません。私たちがフラれることもあります。
残念な結果になったとしても、きちんと話合った結果なので、
その後も、良好な関係を築いています。

面談中に、お互いに「一緒に働くという感じじゃないね…」となったり、
こちらが採用をお見送りした方も、そこで終わるのではなく、
リアルで会って情報交換をしたり、別の方をご紹介いただいたり
次につながることもあります。

入社するか・しないか、採用するか・しないか、
そんな白か黒しかないのではなく、いろんな形があってもいいのかもしれない。
そんなふうに、ニットは考え、社会人インターンを提案しています。

どのくらい社会人インターンとしてかかわるのかは、
ご本人の現職の状況などをお伺いし、話し合って決めています。

ニットとの出会いを通じて、ひとりでも多くの人が
「未来を自分で選択する」きっかけを得ていただけると嬉しいです。

株式会社ニットでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング