1
/
5

仕事もプライベートも妥協しない!ニットは【ワークライフシナジー】を目指す集団

みなさんは、仕事とプライベートをどうやって両立していますか?

・仕事を頑張りすぎると、プライベートが疎かになる
・プライベートを大切にしたいから、仕事はそこそこに…
そんな声をよく耳にしますが、

ニットのメンバーは、

・仕事もプライベート(暮らし)も諦めない!
・両方、自分が望むスタイルを目指す!
・仕事と暮らしは相乗効果(シナジー)するもので、切り分けられるものではない!

だから、ワークライフシナジーなんだ!そんな欲張りな人たちなんです。

今日は、みんなにとって「ワークライフシナジー」って何?という議題で
オンラインディスカッションをしました。


■みんなにとってワークライフシナジーって?

メンバーから上がった声は

旅行しながら働くこと
得意なことで仕事をしている
好きなことで誰かの役に立っている
プライベートも仕事も、どちらもあきらめない

実際にみんなの生活を見てみると、
子育てしながら、家事もちゃんとやって、仕事もバリバリしているメンバーや、
海外に行ってワーケーションをするメンバーがいたり、
ここからここが働く時間…と決めるのではなく、仕事とプライベートの時間が混在していたり、
それぞれが、自分のパフォーマンスを発揮しやすい働き方を模索しています。

私たちは、暮らしが充実しているからこそ、仕事でパフォーマンスが発揮できる。
仕事でパフォーマンスを発揮しているからこそ、暮らしも充実する…そう考えています。
仕事と暮らしは切り分けられるものではなく、どちらも大切にするから相乗効果が生まれるのだと。

社長 秋沢の考えは…

今は仕事とされていないことが価値になっていくのではないか?
例えば、時短レシピ。毎日、時短レシピで料理をして、インスタにアップしていたら、
いろんな人から支持されて、本の出版につながる…とか。
実は、自分は普通だと思ってやっていることが、
社会にとっては価値があることになったりするのではないか。
仕事と暮らしの境界線が、どんどん曖昧になっている。
ロボットやAIがこれからもっと浸透してくると
「仕事」というもの自体が変わっていくと思う。
これまでは会社が社員を所有する時代だった。
でもこれからは、複数に所属して価値を発揮する人も出てくる。
そうすると、個をもっと発揮して、活躍していく時代になるのではないか。
何かを達成するために、個が集まり、達成したら解散。
そんなプロジェクト型の働き方が拡がっていくのではないか。


今、ニットにいるメンバーは、
ニットのミッション・ビジョンに共感して、
ニットが見据える社会課題を解決するために集まっています。
この社会課題が解決したら、新たなミッション・ビジョンを生み出して、再結成する…
そんな日が来るのかもしれません。

■私たちは、なぜ働くのか?ニットメンバーの答え

私たちは、なぜ働くのでしょうか?
お金のため?もしお金が十分に手に入ったら、働かなくなるのでしょうか。
ニットのメンバーに、なぜ働くのか聞いてみました。

この世に生まれたからには、何かになりたい。
何かのために価値を発揮したい。
価値を提供できる場、価値を見出せる場がニットだ
仕事を通じて、自分を表現したい!
価値を提供したい。社会とつながりたい。
承認欲求を満たしたい!


社長の秋沢は…

自分が"なにもの"なのかを考えたときに、"なにもの"でもなかった。
役者でも絵描きでも小説家でもよかったけど、才能がなかった。
結果、自分が"なにもの"なのかを、仕事を通じて表現してきた。
仕事は、自分が"なにもの"なのかを表現しやすい。
誰かのために仕事をして、感謝される。
決められた業務をこなす日々ではなく
自分でなにかを創作して仕事をする中で、自分を表現したい人は多いと思う。

■価値あることをやろう!

1日24時間を、どう過ごすのか。どんな仲間と、どういう仕事をするのか。
有限の時間をどう使うのか、その責任は他の誰でもない、自分にあります。

そうだとしたら、価値あることをやりませんか?

ニットが運営するサービスHELP YOUでは、
登録在宅メンバー400名が、バックオフィス領域の業務をオンラインでサポートしています。
HELP YOUメンバーは、自分で働く場所、働く時間を選んで、
仕事と暮らしの両立を実現しています。

私の人事業務をサポートくれているHELP YOUメンバーだけでも、
大阪、東京、熊本、スペインから、子育て中、勉強中、プレママなどなど、
いろんなスタイルで、それぞれのキャリアを活かした仕事をしてくれています。

ニットは、価値ある仕事ができる環境です。
ニットには、価値ある生き方を追求する仲間がいます。

興味がある方、ぜひ一度お話しませんか?

株式会社ニットでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社ニットからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?