1
/
5

【営業×海外リモートワーク検証してみた件】

こんにちは。
株式会社ニット 営業担当の久保です。

この度、海外でのリモートワークが可能か検証してみましたのでご報告です!!
リモートワークに興味のある方はもちろん、営業の方は必見です。

■今回のスケジュール

・期間:2/6~2/17の約10日間
・場所:香港
・基本行動パターン:平日は時間を決めて仕事、土日祝日は現地でリフレッシュ
・滞在:現地ホテルとAirbnb(ホテルの方が安かったです。Airbnbはホテルの1.5倍ほど。)
・必要準備物:PC、現地SIMカード(今回はテザリング対応で通話可能なものにしました)
※今回は楽天でグローバルSIMを購入。価格は10日間で4GB。2980円のもの。

国内(福岡)や3日間の海外(台湾)でのリモートワークは下記ご参考ください~。
【働く場所は自分で決める!飛行機移動で、地元ランチを満喫!リモート営業】
【働く場所は自分で決める!第2弾は台北の景色を満喫!リモート営業】

※マカオはポルトガルの植民地だったため聖堂やポルトガルの標識などなごりがありました。

■よく聞かれる質問に回答しながら、結果のご報告

今回はよくあるご質問に回答する形で、まとめてみました!

★スケジューリングと生産性に関して★

Q:仕事とプライベートを両立するために、どうやってスケジュールをマネージメントしてますか?

A:うーん。ニットでは普段からリモートワークを行っていて、皆が仕事とプライベートを両立させながら働いてるんですよね。その方法は人によって違うんですが、自分の場合は、仕事の上でプライベートを形成するんじゃなく、前提としてどう生きたいかがあって、仕事を当て込んでいくスケジュール方法をしてます。

例えば、この日、この月はこう過ごしたいなと考えながら、仕事の時間を当て込んで、マネージメントしてますね。

また、ニットのバリューが「価値やることをやろう」「ボーダレス」「仕事は自分でつくる」なので、プライベートだと思って取り組んでいたことが、誰かの仕事の支えになったり、新しい仕事のきかっけになったりするので、仕事とプライベートが切り離せるとは思ってないんですよね。それぞれが繋がっていて、より価値あることができると考えてるので。

Q:営業なのに、ワーケーションは可能なんですか? むしろ生産性が落ちそうですが?

A:物理的に可能だと思います。ネット環境があれば、オンラインで商談ができますし、逆に商談対応可能件数は上がると思います。難しい点があるとしたら、所属している会社の許可や環境かなぁ。ただ、生産性を考えたら確実に上がると思うんですよね。

実際の商談や会議(MTG)の件数や数値は下記でした。(前週比)

・営業日数:7営業日
・商談件数:100%
・電話対応件数:120%
・社内外会議(MTG)件数:100%
・その間のご契約件数:120%

1日に商談や会議が多い時は6件ほど入るので、その他の事業タスクもあるので、全部訪問していたらとてもではないけど対応が難しくなります。

個人的な感覚ですが、オンラインの方が物理的に生産性は高く、個人でガリガリ仕事をするタイプなので、ワーケーションなど環境を変えた方が集中して生産性が上がるように感じました。ただ旅行気分で行くと、両方中途半端になるので、事前の計画無しではお勧めしないです。。

※途中で有名なマンゴープリンとスープ休憩も。。

★リモートワークについて★

Q:誰でもワーケーション(リモートワーク)可能ですか?どうやってメンバー間でコミュニケーション取ってますか?

A:リモートワークが許可されている会社であれば、可能だと思います。向いてる人と向いてない人がいるかと思いますが。。
向いている方は、スケジュールやタスク管理が自分でできたり、オンラインやチャットでのコミュニケーションが苦で無い方。
逆に向いてない方は、全部対面で会話したい人や文章コミュニケーションが面倒だと思う人。それぞれにメリットとはありますが、リモートワークは、よりチーム力やお互いの信頼が大切になってきますので。 自分が向いてるか分からない人は、月に1回からなど試してみるのもありだと思います。

よりメンバー間のコミュニケーションのために、最近ではお昼にオンラインでつないで雑談する時間も作っています。

Q:なんで、働く場所を変えるの?経験してみてアドバイスあれば教えてください。

A:なんでと聞かれると困るのですが、、DNAもあるかもしれないです笑 父も放浪癖があったらしいので。。最近では、その日の予定から家が離れている場合、わざわざ帰る意味や、究極論、同じ家に帰る意味が分からなくなってきてます。。ヤバいですよね爆。
同じ環境の方が仕事がしやすい方は変える必要が無いと思いますよ~。ただ、ニットのミッションが「未来を自分で選択できる社会をつくる」なので、メンバー1人1人もそれを実現しています。リモートワークは、あくまでそのミッション達成のための一つの手段ですから。

あとアドバイスですよね。。アドバイスってほどでもないですが、常にいつでもリモートワークできる用具は持ち歩いてます笑
例えば、、充電器3個、折り畳み笠、旅行用の計量器、PCのクリーニングシート、ウエットティッシュ、有線LANケーブルなどなど。。事前の準備と場所の確保は大事だと思います。

※街中はこんな感じです!

以上が今回の報告になります!

今回はよく聞かれる質問に答える形で書きましたが、いかがでしたでしょうか?
長くなってしまいましたが、まだまだ書き足りず。。笑
少しでも気になった方は、、、、ぜひご連絡を。人事の宇治川もバリバリのリモートワーカーですので~

株式会社ニット's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more