「仕事を諦めなくていい。“私にあったワークライフバランス”で働ける環境づくりを」

「病気療養中だと仕事が見つからない」
「親の介護でフルタイムで働けない」
「子育てしながらだと再就職先が難しい」

さまざまな家庭の事情があって、仕事は好きだけど働ける環境がなくて困っている方はたくさんいます。とくに女性は心身ともに健康でも、ある瞬間から働けない状況になることがあります。私自身もそうでした。

今のままでは、将来ダメかもしれないと思った

もともとストリクス株式会社に出会う前まではフリーランスのWEBライターをしていた私は、このまま仕事を淡々と続けていたら5年、10年先で、いつかご飯が食べられなくなるかもしれないと恐れていました。もちろん「書く」という仕事は、手堅い職でさまざまなコンテンツと掛け合わせれば、仕事の幅は大きく広がります。ただ、狭い知識しか知らない、人脈構築ができていない、自分自身の独自コンテンツを持っていないという状況では、ライターとして今は活躍できても、WEBメディアが収縮されたら私自身も淘汰されるのではないかという不安は常にありました。

実際、小さなWEBメディアを運営している企業はここ一年で、何社も閉鎖しています。そうなるとフリーのWEBライターはパタッと仕事がなくなるので、恐ろしい……。そこで、新しい分野においての知識・経験を求め求人情報を探していたところでストリクス株式会社に出会いました。



スキルアップしたいと思った矢先で……

ストリクス株式会社は

・ARアプリケーションの開発事業と
・海外向けの訪日WEBメディアを運営するインバウンド事業

この2つの事業を主軸にしており、当時はそんな自社サービスの魅力を発信する広報担当者を募集していました。ライティングというスキルを活かして企業サイドのメディア発信をすることは私にとってよりビジネス的なライティングスキルが得られると思いスキルアップのために応募しました。

しかし……

入って1ヶ月足らずで、私の家庭の事情により出社勤務が出来なくなってしまいました。もともと、今回の応募に至ってはリモートワーク(在宅勤務)を歓迎していたため業務が安定した頃にリモートワークへシフトする予定でしたが、まだそこへシフトする業務段階ではなかったので、皆さんにはかなりご迷惑をおかけしたと思います。

このとき、私の本当の気持ちとしては「今ならまだ本格的な業務がスタートしていないから、迷惑をそこまでかけない。片足突っ込んだまま、満足に業務できないなら会社のためにならないし、ここで辞めた方がいいのかもしれない。」という考えがよぎっていました。



抜群に柔軟性のある会社だった。

「 ひとまずこれでやってみましょうよ 」

チームを管理している責任者の方に状況を報告し、今後の方向性について相談したときに頂いた第一声が「ひとまず、これでやってみましょう。」という前向きな言葉でした。「もともとリモートワークに移行する予定だったし、予定より早くなったというだけなので、ひとまずはリモート体制に切り替えて問題が出てきたらその都度、相談しながら対処しましょう。」という有難い言葉でした。

今は、オンラインで情報共有もしやすく、会社自体も基本ペーパーレスなので急な状況でも対応できる環境がストリクス株式会社にはありました。もちろん、急なリモート体制なので何の問題もないかといったらそうではありません。私自身、思った以上に家のことで作業時間が削られてしまい、業務進行が明確に出来ていないことや、メディア発信に関して長期的な目標を立てられていないという課題もあります。

ただ、こうした課題も一人で解決するのではなく、社内専用チャットで気軽に相談したり、週一の業務進行報告メールを出すことで、作業の進行具合を報告することができます。リモートワークにしたことで、本来なら辞めなくてはいけない仕事もできる範囲で続けることが出来ています。これは私にとって本当にありがたいことです。



働けるのに、働けない人をなくす。

リモートワークを推奨している企業は年々増えています。
しかし、リモートワークを推奨していても、実際はほとんどリモートワーク稼働されていない企業も存在します。それだけリモートで仕事をする環境を整えるのが難しいということなのでしょう。

理屈で言えばリモートワークできる環境でも

・社員が自宅だと仕事をしなくなるのではないか
・どうやって業務進行に対する達成率を図れば良いのか
・コミュニケーションが取りにくくなるのではないか

こういった、懸念点によって稼働が難しく
リモートワーク制度の採用を取りやめた企業も多いです。

ただ、そうなると「働けるのに、出社できないことが理由で働けない人」が活躍できる環境はどんどんなくなってしまいますよね。ストリクス株式会社では、そうした一人一人の生活環境に合わせた働き方を推奨しています。

・子供が小さくて就職活動がままならない
・親の介護で出社勤務が難しい
・障がいを持っていて外出できない

…でも働きたい、働ける。

そんな方もストリクスは今後積極的に採用をしていこうと、現在少しずつ受け入れ態勢を整えてくれています。まだまだその基盤を作っている最中ではありますが、ぜひリモートワーク採用を希望している方は一度、弊社にご相談ください。働きやすい環境を一緒に作っていきましょう!


ストリクス株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings