【心揺さぶられる仕事がしたい!】業界・会社規模の垣根を飛び越え、東証一部上場メーカーから教育ベンチャーへ

大田さんの前職は東証一部上場の鉄鋼メーカー。教育に携わりたい・ベンチャーで挑戦したいという想いで、事業内容も規模も全く違うスタディプラスに入社。大学広告営業の1人目のメンバーとして、日々奮闘中とのこと。

若手らしいフレッシュさと、相手の心にスーッとはいっていくような柔らかさ、そして仕事にも教育にも熱い想いを持つ大田さん。

前職と全く違う環境に飛び込んだ故の楽しさ、また苦労していることや難しさも聞いていきたいと思います。新たな一歩を踏み出したいけど不安がある、イメージがつかず躊躇している…そんな方は必見の内容です!

【プロフィール】大田 尭史(おおた・たかし) 26歳

大学時代は、新入生がいち早く大学の環境に慣れて有意義なキャンパスライフを送れるようにサポートする「オリター活動」に励み、4年間のほとんどをオリター活動と塾講師のアルバイトに費やす。卒業後は、東証一部上場の鉄鋼メーカーに入社。2年間ルート営業を経験した後に、大学広告営業の立ち上げメンバーとして2018年4月にスタディプラスへ。仕事で大事にしていることは、「やれない理由ではなく、どうしたらやれるようになるか」を考えること。

趣味はバイクで、休日は奥さんと共にバイクで出かけることが多い。両親がピアノの先生・調律師で幼いころから音楽に触れて育ったため、ギターを弾くことも趣味の1つ。

「なんとなく楽しい日々」からの脱却。僕が求めていたものは…

――まず、大田さんが転職によって成し遂げたかったことから教えてください。

前職は鉄鋼メーカーで、車の部品やスマホの金型になる鉄の法人営業をしていました。長く付き合いのあるクライアントへのルート営業だったので担当者とも良い関係を築けていて、日々なんとなく楽しいと感じていました。ただ、ずっと不完全燃焼のようなものを感じていて、2年が経とうとした時にふと立ち止まって考えてみたんです。

自分はどんなことを楽しいと感じるのかを考えてみて、真っ先に浮かんだのはオリター活動をしていた大学時代でした。オリター活動は、入学してきたばかりの大学1年生の学習やプライベートのサポートをする活動です(詳しくはコチラ)。学生生活はほぼオリター活動に捧げたと言うほど力を注いでいたので、大学の授業にオリター活動、塾講師のアルバイトと忙しい日々でしたが、振り返ってみるとあの頃が1番輝いていたと気付きました。


拘ったのは「妥協のない転職」。自分がやりたいことを徹底的に掘り下げた結果

――前職とは、業種も会社規模も全く違うスタディプラスを選んだ理由は何でしょうか?

スタディプラスを選んだ理由は、「やりたいことができる」「自分の価値観と合っている」「将来性」の3点です。僕は大学時代にオリター活動を経験したことで、高校生が進学先を決める時に、大学の知名度や偏差値以外の要素もしっかり検討して、本当に自分に合った大学を見つけてほしいという想いを持つようになりました。

前職は全く畑違いの仕事だったからこそ、元々興味のあった教育業界で働きたいという気持ちがどんどん強まっていきました。そして転職活動を通じ、教育業界の中でも大学受験生や大学生、また大学に関わる仕事がしたいと考えるようになりました。どんな仕事があるかを調べる中で大学広告の営業を知り、僕のやりたいことにドンピシャだと感じました。

大学広告の事業をやっている会社を片っ端から調べていく中でスタディプラスを知り、『大学の魅力を発信し、大学が抱える課題を解決する。そして受験生が本当に自分に合った大学を選べるような世の中をつくりたい』という考えに深く共感しました。

また、大学広告は新聞広告・交通広告・TVのCMなど、まだまだアナログなものが多くあります。一方で今や高校生のスマホ所持率は90%を超えていて、日々の情報収集もインターネットやアプリがメインです。そういった意味で、日々高校生が使う学習管理アプリ「Studyplus」内への広告出稿は時代にマッチしていますし、将来性という点でも伸びしろが大きいと思ったのです。

ありがたいことに複数社から内定をいただいていましたが、妥協せずに転職先を探そうという気持ちが強かったので、退職日までに転職先を決めることには固執せず4~5ヵ月転職活動を継続しました。その結果、スタディプラスと巡り合うことができました。



大学生活は、人生の中でも大切な時間。

――スタディプラスには教育に対して熱い想いを持った仲間が多くいますが、大田さんはその中でも受験や大学生活に対して特別な想いがあるのですね。その背景について教えてください。

大学生活は学生から社会人になる準備期間であり、人生の中でも大切な時間だと考えています。ただ、気を抜くとあっという間に日々が過ぎ去ってしまいます。なんとなく大学生活が終わってしまうか、充実した時間にするかは自分次第。

僕はオリター活動を通じて、「頑張ったらどんな人でもしっかり結果を出せるんだ!」ということに気付きました。仲間と一緒に進めることの難しさを乗り越え、チームの歯車が合った時はとてつもなく大きな成果が得られることを実感しました。僕自身、充実した4年間を過ごせたことで、仲間と共に取り組むことの面白さや一生懸命になることの意味を知ることができたので、社会人になってからも仕事を楽めているのだと思います。

このような自身の経験が、「大切な大学生活を夏休みにしてはもったいない!授業やサークルに励みその時間で夢を育てて欲しい」という想いに繋がっています。


前職との違いに戸惑いながらも、事業を創っていく面白さを感じる日々

――次に、業務について教えてください。

各大学に対して学習管理アプリ「Studyplus」の広告提案を通して、プロモーション活動の支援をしています。大学広告営業の立ち上げメンバーとして入社したため、現在チームは上司を含め3名で、体制を整えながら営業をしています(2018年6月1日時点)。

――前職とは営業スタイル・会社規模・業種が全く違い、きっと難しさもあるではないでしょうか?

難しさを感じるのは、やはり経験のない営業スタイルだということです。前職は既存客へのルート営業のみだったので、お客さんは自社のことを知っていて信頼関係もできている状態でした。営業経験はあるものの、まずこちらを向いてもらうことからスタートする新規開拓は初めての経験です。プロダクトの優位性からサービス内容に興味を持ってもらえることは多いので提案はしやすいのですが、「こんな時どうしたらいいんだろう」という場面はいくつもあります。

ただ、それが苦痛に感じることは不思議となく、「じゃあ、どうすればいいか」を考えるようになりました。きっと、自由度高く取り組ませてもらっているからだと思います。会社規模の違いにも関連してくるのですが、前職は東証一部上場企業で細かくルールが定められていました。いちいち考えなくていいので楽なのですが、その代わり新たなことをやりたいと思ってもルールがあり簡単にはできないもどかしさもありました。顧客との関係も会社としてふるまい方が示されていましたが、今は自分のカラーを出して欲しいと言われているので思い切りやれているのだと思います。

――具体的には、どのように仕事を進めているのですか?

例えば・・・初回のメールや電話ではどのようなことを伝えるのか。大学の課題やターゲットとしている学生を把握するためには、どんなヒアリングをすればいいか。そのためには商談前にどんな下調べが必要か、どんな質問を想定してから訪問するのか…。このようにチームで成功事例を共有したり密に話し合いながら、黄金パターンをつくっているところです。業界の知識やトレンドは、20年ほど大学広告領域で経験のある上司が惜しみなく教えてくれるので安心して学べています。

また、少しずつ努力が形になっている部分もあります。入社当初は、大学に電話をするとほとんど話を聞いてもらえてサービスにも興味をもってもらえるのに、資料を送っててくださいで終わることが多かったんです。直接会ってヒアリングや提案をするためにはどうしたら良いかを考えてトークスクリプトを改善した結果、5割以下だったアポ率が今は約9割になっています。



大学広告の営業を通じて、「Studyplus」を受験業界のインフラにしたい

―最後に、今後の目標や目指していることを教えてください。

現在「Studyplus」は、SNS機能のある学習管理ツールとして高校3年生の3人に1人が利用しています。今後は、「Studyplus」をインストールしておけば大学と色々コミュニケーションとれるし、行きたい大学も見つかる!というように、「Studyplus」が大学受験のインフラとなることを実現したいと考えています。そのためには、偏差値だけで大学を選ばないという価値観の変化は必要不可欠なので、現在の受験のあり方を変えたいとも考えています。

僕個人としては、まず大学広告営業のチームをしっかりと立ち上げることに全力で取り組んでいきます!

そして・・・実は最近、初受注をすることができました!入社して約2ヵ月、右も左も分からない状態から、まずは第一歩を踏み出せたと嬉しく思っています。初受注は上司や周囲の方からの日頃の指導があってのことだなぁ、と思っています。初受注を弾みにして、これから益々尽力していきます!



大田さん、ありがとうございました!


心揺さぶられる仕事をしませんか?

IPOを視野に勢いよく成長を続けているスタディプラス。成長フェーズだからこそ事業・組織を共につくっていくという面白さがあります!複数の職種で採用強化中です。少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひご応募ください!

ビジネス開発担当

iOSエンジニア

デザイナー

スタディプラス株式会社's job postings
Anonymous
21106494 1245206912251105 871777004495885146 n
13139166 10209248834918550 2813497149334984337 n
0d35b91a e969 4bcd 976c ba80c585fd08?1529672019
13092120 869547126491070 5810115284139980547 n
617d7857 67a2 4d67 99d9 90ce3f1edee1?1527829332
7 Like
Anonymous
21106494 1245206912251105 871777004495885146 n
13139166 10209248834918550 2813497149334984337 n
0d35b91a e969 4bcd 976c ba80c585fd08?1529672019
13092120 869547126491070 5810115284139980547 n
617d7857 67a2 4d67 99d9 90ce3f1edee1?1527829332
7 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon