1
/
5

人事部の新しい“カタチ”を創造する。優秀な人材・自分のキャリア・会社のミライは追い求めるもの。

HUMAN RESOURCES
三浦 裕介 YUSUKE MIURA
人事部

住宅設備メーカーのtoC営業を経験後、某大手求人会社でトップセールスに駆け上がる。
今までに得た知見を人事部門で活かすべく、サングローブへ転職。
インサイドセールス部門の管理職を経験後、HRから売上規模拡大のミッションを掲げて、インサイドセールス領域の採用責任者として手腕を振るっている。

ゼロスタートの厳しさとやりがい。そこから生まれる喜びと結束ーー。
高いハードルがあるからこそ、ワクワクしながら挑戦していける仕事とは?

「働く」うえでの本当の面白さを見つけるために

ーーサングローブに入社する前はどのようなお仕事をされていたんですか?

主に営業職ですね。
サングローブに入社する前にも1度転職していて、1社目は不動産業界・2社目は求人業界に勤めていました。


ーーなぜ転職活動を?

1社目はシンプルに、労働環境が過酷だったというのが大きいですかね。
あと、教育体制が整っていなくて…。「先輩を見て学べ!」というスタイルだったので、自分が成長しているのか分からなかったんです。

それで新規営業に振り切った求人業界に転職しました。
そこでもわりと結果は出していたんですが、数字を追うだけの営業に慣れと飽きを感じてしまって。
会社主体で動くのではなくて、自分で考えながら仕事ができる環境へ身を置きたいなと。
上司の目や昔からある暗黙の了解みたいなものを気にしながら働くのって、楽しくないじゃないですか(笑)


ーー他にも企業はたくさんあったと思いますが、なぜサングローブへ?

とにかく自己裁量が大きい会社へ転職したいという気持ちがベースにあって。
サングローブの一次面接を受けた時に「この会社なら理想の働き方ができるかも」って思ったんです。
面接を担当してくださった役員の方が本当に熱い方で、いまでも面接時のお話を覚えているぐらいですよ。


ーーそこまで即決だと、入社後にギャップを感じられたりとかはありませんでしたか?

面接で言われていた通り、本当に自己裁量が大きくて驚いたくらいです!
最初は、人事部としての基礎的な部分から勉強する感じでしたね。
マネジメントについては、とくに力を入れて取り組みました。もちろんトライ&エラーの繰り返しで叱咤激励の嵐でしたけど……(笑)
でも、その経験の中でいまの上司と出会えたのは大きなターニングポイントだと思います。


会社の命運を左右する最前線。だからこそ「攻める人事」で圧倒的な成長を

ーー当社の人事部って「攻める」を大切にしていますよね?
  実際に働いてみてどんなところにそのスピリットを感じますか?

求人原稿の作成も自社で行っているので、そこのワイヤー組みとかも自分たちで作れるのは当社ならではだと思います。大抵は、掲載する予定の求人媒体の制作チームに任せることがほとんどなので。

試行錯誤しながら掲載した求人の効果がいいとやっぱり嬉しいですね!
いまだと平均して毎月アルバイトだけで1000名以上の応募があるんじゃないかな? 多い時だと全媒体で1200名とか集まりますよ。


ーー1200名!? それってかなりの数ですよね?

ただ情報を載せて求人をかけていたら集まらない数字だと思いますね。
当社の人事部は、きちんと数字をデータ化して管理しているので、掲載している求人一つひとつに裏付けがあるんですよ。求人業界で働いていたからわかるんですけど、自社でここまやっている人事部ってないと思います(笑)


ーー応募がそこまで多いと面接を組んでいくだけでも大仕事ではないですか?

そうですね。
でも、より多くの応募が集まると優秀な人材と出会うチャンスが増えます
なので、どちらかというと、面接を組むことよりも、「この人に入社してほしい!」という方を捕まえる方が大変ですね。

僕は、はじめアポインターのアルバイト面接を担当していたのですが、とにかく受諾率が低くて…。四苦八苦している時に、同じ部署の上司から「営業としてお客様にヒアリングして、課題解決に向けた提案をして来たと思う。面接でも同じことをすればいい。お客様が求職者、商材がサングローブに変わっただけ」と言われて。
それがきっかけで、面接官としての考え方を変えたんです。

ーーそのアドバイスは目から鱗ですね!具体的にどんな変化が?

僕も転職活動をしている時に感じていたことなんですが、やっぱり不安ってあるじゃないですか。
「どんな会社なんだろう?ほんとにやりたいことができるのかな?」とか。

面接で求職者の不安や疑問をしっかり汲み取って、そこにサングローブ側がどんな風にアプローチできるのかを伝えるようにしたんです。面接の捉え方を変えて、実践の中で学んだことをさらに活かしていくようにすると、そこからの受諾率は自分でもビックリするほど上がりました。


ーー「面接する上でのこだわり」みたいなものが三浦さんの中で出来たということでしょうか?

それもそうなんですが「人事部として目指す姿」を理解できた感じかもしれませんね。
サングローブと他社の人事部を比べた時に、圧倒的に違う部分って明確なんですよ。

「タレントアクイジション」が主軸ということ。要は、求職者との対話を大切にしているんです。
ここが【攻める人事】の由来なのかと思うんですが。
面接で包み隠さず、こちらも腹を割って話すことで求職者も心を開いてくれるというか。
お互いの本音が見えた時に、はじめて今後のキャリアや目標が浮き彫りになるんですよ。


ーーなるほど! 面接というよりも「面談」的な要素が強そうですね。

あ、たしかにイメージとしてはそんな感じです。
個人の成長と会社の成長ってイコールで結ばれるので、
お互いが、一緒に飛躍する未来を想像出来ないことには何も始まらないんです。

「この人がサングローブに入社したらすごくいい化学反応を起こしてくれそう!」
そう感じたら、こちらはもう必死ですよ(笑)
そういう方って何社もエントリーしていることがほとんどなので、
他社に取られないようにしないとってドキドキしますね。

面接官って僕以外にも何人かいるんですが、
内定を出した人に対しての「受諾された・ダメだった」の一喜一憂はすごいですよ。
本気でサングローブに来てほしい!一緒に頑張っていきたい!と思っている人に内定を出しているので「受理されなくても応募者たくさんいるから大丈夫」とはなりませんね。
そこまで本気になれるから、やりがいや面白さを感じて仕事に取り組めるんだと思います。

ーーその経験を経て、面接官としても大きくステップアップできたんですね。

ほんとに上司の言葉って大きいなと思いましたね。
求職者って面接官を通して会社を見ると思うんです。
面接する立場の人間も選ばれる側にあるので、選考するというよりも対話に重きを置くのが大切だなと常々感じました。それに気が付けたのも、上司からの一言があったからで。

一緒に働く仲間をきちんと見てくれていて、必要なアドバイスをくれる環境なんだとあらためて実感しました。人事部にも会社にもより貢献したいという気持ちがこのタイミングで増しましたね。


ーー優秀な人材って会社の飛躍には必要不可欠だと思うんですが、
  そこに携わるうえでの責任とはどう向き合っていますか?

サングローブってまだまだ若い会社じゃないですか。
だからこそ攻めの姿勢が取れるし取って行くべきなんじゃないかと思っていて。

以前代表と「1000人規模の組織」にしていきたいとお話をしたんですが、それってすごく大きなビジョンじゃないですか。
いまは中途入社の求人や面接に携わっていますが、この目標を達成するためにはいま携わっている業務を勢いづけるだけでは足りなくて。新しく新卒採用とかも進めていく必要があると思うんです。

手がけるプロジェクトが増えれば増えるほど、責任はどうしても重くなるので大変になると思います。でも、自分の意見や考えを発信しながら、チームで協力して新しい採用の入り口を設けられるって考えるとワクワクしますね!


ーー責任をネガティブに捉えないってすごいことですね!

それはやっぱり環境のおかげですね。
「責任のある仕事を任せられる=信頼して期待もしてもらっている」ということだと思います。
トップダウンでやらされている訳ではなくて、やりたいことを自由にやらせてもらっているので、
責任がついて回るのは当たり前ですね。

もちろん業務量は増えるでしょうし、いままで以上のトライ&エラーのくり返しになると思います。
いまでも十分大変ですし、落ち込むこともしょっちゅうありますよ(笑)


上司も最前線で戦う仲間。だからこそ自由な発言で会社を変えられる

ーー会社規模も大きくなってきた今、どんな方と一緒に働きたいですか?

やっぱり「攻めの人事」がモットーなので保守的な方だとギャップを感じるかもしれませんね。
上司を含めみんな熱気がすごい人ばかりなので(笑)
自分の意見で新しいことをスタート出来たり、プロジェクトを任せてもらえることがサングローブの魅力だと思うんです。


ーー改善案や提案を惜しみなくしてくれるポジションって大事ですよね。

会社内で意見するって結構ビクビクしちゃうと思うんですよ。
上司の目はどうしても気にしちゃいますし、日本の会社ってまだまだ縦社会なところが多いので。

でも、サングローブって役職として上司という存在はいますが、ベースの意識は仲間なんですよね。
意見したことに対して怒られるということはありません。訂正してもらったりそこからディスカッションに発展することはありますが。

これまで大手2社で働いてきた僕から言わせると、上司の顔色を気にせず同じラインに立って仕事ができる環境ってかなり貴重だと思います。
そこを「おもしろい!」と感じてくれる方が人事部だけでなく各部署に入社してくれるよう、まだまだ頑張りますよ!


(執筆:横田琴未、編集:藤本恵実)

以上、サングローブの人事部で働く三浦に話してもらいました。少しでもご興味を持っていただいた方は、お気軽に「話を聞きにいきたい」ボタンを押してください!
みなさまのご応募、お待ちしております。

サングローブ株式会社's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more