サラリーマンラッパーとしての音楽活動を経た出会いで、ITベンチャーへの入社を決めた理由

こんにちは!SUPER STUDIO エヴァンジェリストの真野です。

今回は社員インタビュー第2弾として、EC Force事業部の内田へのインタビューをお届けします。

彼は、SUPER STUDIOがまだ10名程度のときに入社を決意してくれました。今回のインタビューでは、その時のキッカケや想い、また将来どんなことをしていきたいのかということを根掘り葉掘り聞いてみました。

SUPERSTUDIOに入社したキッカケ

内田:前職は業界的にも成熟している宝飾関連の仕事をしていました。なかなか給与も上がらないなかで年齢も30歳を過ぎて、なにか新たな挑戦をするために転職したいと思っていました。

 そんなときに音楽活動の関係のイベントでSUPERSTUDIO真野と知り合ったことが大きなきっかけとなりました。真野と出会ってからすぐに意気投合し、いろいろとベンチャー企業の話しや転職の相談に乗ってもらったりと、転職活動に協力してくれるようになりました。

 そして、転職活動を進めていた最中に「内田さんはSUPERSTUDIOに合ってる気がするので、うちにきませんか?」と声をかけていただき、入社しました。

 「真野さんのようなアクティブな人たちが周りにいる環境で働きたい!」と常に言っていたので、誘ってもらったときはとても嬉しかったです。自分でも驚くようなスピード感で受け入れてもらい、入社させていただきましたね。

入社すると決心した時の気持ち

内田:自分の能力への不安はもちろん、その時のSUPERSTUDIOは10名くらいの小さな会社だったので、正直かなりの不安はありました。ベンチャー企業で働くのは初めてのことだったので、「もしかしたら潰れるかも…」「自分の力が及ばなかったらどうしよう…」と思っていました。

 その反面、「でも面白そう!」「もっとアクティブに生きたい」という気持ちが勝ってきて、やる気に満ち溢れた状態で入社したのを今でも鮮明に覚えています。

奥さんをはじめとした家族の反応

 内田:反対はなく、むしろ妻には後押ししてもらいました。前職のことやどういう仕事をしていきたいかということを常日頃話していたので、応援モードでしたね。もちろん小さな会社だったので心配はあったと思いますが(笑)

 それも、妻と真野と3人で食事をする機会があり、ここで直接会話できたことが効いたのだと思います。食事後に「真野さんも良い人で良い会社ぽいから大丈夫そうだね」と言ってもらえました。

 真野:そうだったんだ!嬉しいです(笑)

SUPER STUDIOでの業務内容

内田:CS(クライアントサポート)とPM(プロジェクトマネージャー)と、大きくは2つの役割を担っています。

 それぞれの業務を軽く説明すると、CSは弊社システムの導入企業さまからの問い合わせ対応を行っています。重要視していることは、回答できないときにただ「こちらはサポート外です」と答えるのではなく、代替案を必ず出して付加価値を付けることです。

 PMは既存のシステムから弊社のシステムへのデータ移行の部分で発生する、要件定義と業務コンサルティングおよび進捗管理を行っています。非エンジニアである僕ができるか不安な部分がありましたが、今では何社も任せてもらえるようになるまで成長できており、かなりのやりがい感じています。

前職とは畑違いの仕事とのギャップ

内田:はじめはめちゃくちゃ大変でした。

 これまではPCを使うこともあまりなかったので、まずMacに慣れることからスタートしなければならなかったです。しかし、持ち前のポジティブさを生かして、「わからなければわかるまでやればいい」と思って徹底してやり抜いてきました。まだまだ課題は多いですが、自分の中でITやWEBに対してもっていた恐怖症はなくなってきました。

入社してからの自身の変化

 内田:会社や社会に対するネガティブな気持ちがゼロになりました。

 以前は何か嫌なことがあったとき、会社のせいにしたり、社会のせいにしたり、怒りを外にぶつけることが多く、その反動で音楽を頑張ることができたり、日々何クソと思って生きてきましたが、SUPERSTUDIOに入社して大きく変わりました。

 SUPERSTUDIOはとにかく一人ひとりの人間性が高いと思っています。

 「人の話を聴く」という当たり前のことができているので、とても気持ちよく仕事ができます。これまでいた環境とは違うのでとても新鮮で、求めていた環境がここにあったと感じた瞬間でした。現状は一切不満がないし、しっかり結果を出せばその分評価をしてくれる。このような環境で働けるのは、なかなかないことだと思っているので、ここも弊社の良さの一つだと感じています。

 SUPERSTUDIOのバリューにINSIGHT(本質を見極めろ)という項目があり、仕事をしていると、いつどんな場面でも「それって本質なの?」という議論がされます。そんな環境でしっかりと「本質とはなにか?」を考えさせられているので、普段の生活でも、ふと立ち止まって「あれ、この議論ってなんでしてるんだっけ?」などと考えられるようになり、人間関係を良い方向にもっていけるようになってきました。これは自分にとって大きな変化で、この環境にとても感謝しています。家族との接し方も以前より格段に良くなり、小さなことで喧嘩や言い争いがなくなりました。

今後どうなりたい、どうしていきたいか

 内田:将来的には経営に関わっていきたいと思っています。今は常に現部長の背中を追って仕事をしているので、1〜2年後にはその任を任される人間になっていきたいです。そして、家族が自分のことをもっと自慢できる人間になりたいし、もっともっと発信する人になりたいと思っています。

 そのためにも、一人の人間として「影響力を持つ人」になりたいですね。

編集後記

 真野:内田さんとの出会いはハッキリ覚えています。「サラリーマンラッパーでめちゃくちゃ強いやつがいる」という情報から連絡を取り合い、渋谷の桜ヶ丘の居酒屋で2人きりで飲んだのが初対面でした。

 その時は転職の話しなどはせず、今の仕事の話しや音楽活動の話しをして終わりました。

 第一印象は「とても屈折した固定概念の持ち主だが、固い意志と強い志、アツい情熱をもった好青年だ」と感じていました。いざ一緒に働いてみると、そんなことも微塵も感じさせないほど柔軟な考え方を持っていて、未経験にも関わらずガンガン吸収していってくれて、頼もしいです。(いつもありがとう!!!)

 出会って少し経ってから転職の相談ももらうようになり、SUPERSTUDIOも大きくしていこうという意思決定をした段階だったので「うちで一緒に世界を目指しましょうよ」とお誘いしたのですが、その頃から「SUPERSTUDIOに入社してくれる人は人生を預かるわけだから、絶対に幸せにできるように、良い環境を作っていこう」とよく林、花岡と話していたことを思い出します。内田さんは奥さんもいたので、入社のお誘いをするのを躊躇しましたが、成長したいという気持ちがバシバシ伝わってきたので「この人の人生なら預かれる」と思い僕も覚悟を決めることができました。

 彼が入社してくれてからEC Forceのサポート部分も飛躍的に伸び、後輩たちの面倒見も良く、人としての成長を間近で見せてくれているので僕も大きな刺激を受けております。

 本当に感謝しています。これからも一緒に世界一のサービスをつくれるよう頑張りましょう!

株式会社SUPERSTUDIO's job postings
Anonymous
23321cba 9d15 43b1 8640 eeab9b5b97eb?1510128661
Picture?height=40&width=40
0acfa08d 8ddb 4dd9 88c9 9b83a6a53bff?1553175087
14355010 1177296175664993 2971478552993564390 n
17155653 1783194995039269 5534488084013611362 n
14 Likes
Anonymous
23321cba 9d15 43b1 8640 eeab9b5b97eb?1510128661
Picture?height=40&width=40
0acfa08d 8ddb 4dd9 88c9 9b83a6a53bff?1553175087
14355010 1177296175664993 2971478552993564390 n
17155653 1783194995039269 5534488084013611362 n
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon