1
/
5

【社員紹介vol.4】~ブランク〇年?!を乗り越えろ~コンサル→美術新聞編集局長→スーパーPMになる(予定)までのお話


こんにちは!人事兼広報担当の角田です。


あっという間に5月も終わりますね~、皆さん、五月病にはかかっていませんか?!

私は元気に過ごしています。


なぜなら!そうです。大相撲夏場所が開催されていたので日々燃えていたのです。

初日に観戦をし、(元号変わっての初相撲、そして初日という貴重な日です。。)

観戦予定の無い日も力士の入り待ちの為に両国に通っておりました。



なんと25歳平幕(なんの役もついていない幕内の力士のことです)の朝乃山が優勝しトランプ大統領から大統領杯をもらうという、今回も波乱の場所でした。


次は名古屋場所!楽しみです。

(庶民にはお金のかかりすぎる趣味だ。。)



さて、今回は社員紹介をさせて頂きます。

弊社は自社、受託、そして昨年からSES事業と幅広くおこなっているのですが、

受託案件に携わっているこの方!カヤピーこと萱原さんです!



前職のお仕事を教えてください。

書道や水墨画などの業界紙・専門誌の中小出版社で、編集・記者として全国を取材して回る役割を中心に、展覧会やイベントの運営、社内管理システムの構築、PHPのCMSでホームページの管理など、幅広くやっていました。

その前は新卒から3年間、大手コンサル会社で主に基幹システムの開発を、ほかに評価機関やPMOのプロジェクトで分析・ドキュメント作成などに関わっていました。


経歴がスゴイ!幅広いですね。では、IT業界に入ろうと思ったきっかけを教えてください。

伝統芸術の業界紙に長く携わってきましたが、情報化の時代ですから、寝る時も枕元に持ち込むモバイルや、タブレットなどの端末をコントロールする側に立ちたい、この10年で培った美術センスや編集のノウハウを生かして面白い“スーパーソフト”を出せたらと思い飛び込みました。



コンサル、美術新聞編集者という経歴を活かしてスーパーソフトを



スーパーソフト。笑 今やどんな業界であれどんどんIT化、システム化をしていかないと勝ち残れないですよね。そう決めてから何かご自身で勉強はされましたか?

前職は零細企業で日々のタスクがとにかく多く、ほとんど自分の時間が作れませんでした。


うわあ、相当忙しかったのですね。スーパーソフトウエアに決めた理由は何だったのでしょうか?

代表が少し私の境遇に似ている環境にいらした事や、所在が私の生来の土地勘のある恵比寿であること、面接での中の人の雰囲気に好感を持てた事などいろいろな条件がOK側に倒れたためです。


面接の雰囲気を決め手にされる方、結構多いんですよね。私自身もそう思いますし、考えさせられます。実際に入社してみてぶっちゃけどうですか?

やはり長いブランクもあって新しい知見や、システム開発の各段階や要点の感覚が鈍っている部分もあり、絶えずメモをとりロジシンで整理、メンバー共有で知見をお借りする目まぐるしい日々です。面白いです。

スペシャリストの方もいらっしゃるので、色々なノウハウも教えていただけたりして、百聞一見という感じです。

あと、女性はなんか美人の方が多くて驚きました。笑



美人、、私も含まれているということでOKでしょうか?笑 にしても10年のブランクがあったなんて全く感じられませんけどね!! 今はどんなことをされているのですか?

入社してからは外部には出ずに、いくつか開発段階の受託プロジェクトに入ってPMO的な立場で課題整理や仕様書作成のフォロー、プロジェクトのマイルストーン管理などを行っています。

PMOという立場はプロジェクトの全体に渡って把握し関わる役割ですから、ブランクを取り戻すのにはとてもありがたい立場だと思っています。



自身の努力と周囲の協力でブランクを取り戻す



顧客との折衝の中で気を付けていることは?

まず参加者の立場と力関係をいち早くつかむ事、考えや発言がプロレスかガチかを見分ける事、会話が盛り上がるのはいいのですが、流されずにプロジェクトの全体像と照らして違和感を見過ごさない事などを心がけています。


なるほど、、、相手の意図を汲み取る力が必要なわけですね。大変だと感じた時はどんな時ですか?また、やりがいを教えてください。

関わっているのがQCDにあまり余裕のないプロジェクトですから、ギリギリのリソースの中で、状況の把握と、最適解を模索しながら進めるのはなかなかスリリングで面白いです。

あとは、色々なプロジェクトが動いていて、それぞれ全く違う業種のお客様という事がほとんどですから、それぞれの業務を深く知る事は、自分の知らない世界に触れられて非常に面白いです。



自分の知らない世界に触れられる毎日



どんな状況でも「面白い」と捉えられる、切り口を変えていけるカヤピー、尊敬します。。いつも明るい萱原さんのおかげで社内はとても良い雰囲気です^^では、どんな人と一緒に働きたいですか?


料理上手の人でしょうか。

料理ってちゃんと作るにしても、手抜き料理にしても、それなりに段取り力が必要ですよね。時間がない時に作らなきゃいけないの、大変ですもんね…笑

あとは、ラーメン二郎も、ミシュランで星を獲得するような巣鴨「蔦」などの洗練されたものも、両方好きと言える人は、面白い人が多いかなと思っています。


、、、、わかるようなわからないような、、今後面接で料理は得意か聞いてみますね。笑 最後に今後の意気込みをどうぞ!


どんな状況、リソースでも最適解でロスなくプロジェクトを成功に導けるような“スーパー”PMに、一早くなりたいと思っています。




さすが元編集局長、文章力・表現力に圧倒されました!(ちょっとよくわからない部分もありましたが笑)

お忙しいところ本当にありがとうございました!!

スーパーPM(になる予定)の萱原さんの今後に期待☆☆☆です!




弊社では経験者SEの方ももちろん募集しております!

また、つい先日デザイナーの募集も開始致しました!カヤピーとともに働きたいそこのあなた、ご応募ください!


それでは本日もお読みいただきありがとうございました!



※6/26(水)18時半~学生の方向けのミートアップを開催致します!学生の方、是非遊びにいらしてください!

株式会社スーパーソフトウエアでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング