もっと楽しみながら、人を幸せにするシステムを作りたい

 こんにちは、2016年新卒入社の呉磊傑です。 今回は、2016年11月入社した鈴木商店の人気者ミキティこと三木さんに、インタビューしました。

本当に良いものが作れているのか、わからなくなってしまった。

 プログラミングは、働き始めるまでは未経験です。大学では、デザインのこと、マーケティング、エンジニアリングと、広く浅く(笑)いろいろなことに手を出していて、専門が何かといわれると困るのですが、"モノをつくる"ことが好きで、ものづくりを仕事にしたいなと。当時、"ものづくり = メーカー"のイメージだったのですが、使い捨てのモノを作り続けることにどこか違和感を抱えていました。そんな中、"無駄を省いて効率化する"というIT技術の可能性やスピード感に惹かれて、それに、プログラムなら手直ししながら使い続けることができるんじゃないか、捨てても廃棄物にならないんじゃないかと考えたのが、システム開発の世界に関わったきっかけです。

 前職では、ERPパッケージシステムのベンダーで、エンジニアとして勤務していました。業務システムの不具合修正・機能改善・機能追加を担当し、業務機能の要件から設計、実装、テストと一連の工程を経験しました。その後、新規パッケージのコンセプト開発や、ユーザビリティ改善を目指したのUI提案を担当していました。

 手を上げればいろいろなことに挑戦させてもらえる会社で、実際ものすごくお世話になり、様々な経験をさせてもらいました。その一方で、徐々に組織も、製品も大きくなって、自分のやっている業務が、使い手であるエンドユーザーのメリットに繋がっているのかどうか、だんだん見えなくなってきてしまった。自分が本当に良いものを作れているのか、わからなくなってしまったんです。

鈴木商店の開発者が挑む姿勢。

 自分の裁量で誰かの役に立つ仕事をしたいと考え、転職を決めたころ、Wantedlyで鈴木商店の求人が目に止まって、"なんか楽しそう!"と直感的に思いました。キッカケはそれだけです。(笑)

 実際にちゃんと調べて、面談の中で社長の話を伺って「開発者の想いを尊重している」「楽しむことに重点を置いている」「お客様にいいものを作ってあげたいという開発者の姿勢」など、そこで語られている史郎さんの考え方がスッと入ってきて、よし、ここで働こうと。

社員との距離も、お客様との距離もちょうどいい。

 いまの組織の規模・仕事の規模は、ちょうどよい規模感に感じています。

 一人じゃ絶対できない仕事だけれど、社員全員の顔が見えて、誰が何をやっているかはわかる。大きな組織に慣れてしまっていたので、会社全体がひとつのチームのようで、新鮮な感覚です。社長が同じフロアのすぐそこにいるというのも、すごく貴重なことだとおもいます。

 お客様とも近い距離で関わることができるので、自分が作ったものを直接お客様へお届けして、率直な感想や、困ってることなど生の声を聞くことができる。だからこそ、もっといいものを作りたいと想うことができる。

 もちろん人数が少ない分、責任は大きいし、大変なことも多々ありますが、この仕事に意味を感じられるので、本当にストレスフリーです。(白石さんには、神経が図太いだけと言われます。笑)

 やりたいと言えば、やらせてもらえるし、苦手なことは聞けば教えてくれるすごい人達(本当にスゴい)が沢山いる。だから、すごく楽しい。これから鈴木商店が大きくなったとしても、この空気感は大切にしていきたいと思っている。

人を幸せにするシステムを作りたい。

 お客様が使っていて、心地良いシステムを作っていきたいです。 業務システムって不思議なもので、お金を出してくれる人(クライアント)と、実際に日々使う人(エンドユーザー)が違うことが多いんです。だから、エンドユーザーの声ってなかなか開発者に届かないことが多い。

 でも、目先の売れることだけを考えてエンドユーザーを無視してしまうと、結局業務効率も上がらずに、費用対効果も出なくなる。結果、誰も幸せにならない。開発者としてものづくりをする立場にいる以上、エンドユーザーが使ってうれしいものを作らないといけないと考えています。

 鈴木商店のフロントエンドエンジニアは実装だけでなく、UI設計も責任をもって担当します。最新のWeb技術も、UI設計の考えもまさに日進月歩、勉強の日々ですが、エンドユーザーの使い勝手への責任は大きく、やりがいもあります。

 機嫌よく仕事させてもらっていますが、いまは、もっともっと会社の楽しみを増やしていきたいと考えています。今度、徳島にある美雲屋で開発合宿しようと話していて、新しい技術にもみんなであーだーこーだー言いながら取り組んだり、庭でビール飲みながら一日中BBQしたりを考えています。

 お客さんに喜んでもらえても、やっぱり作る側も楽しまないと鈴木商店らしくない。とにかくもっともっと楽しい会社になっていくように、これからもいろんな挑戦をしていこうと思います。

株式会社鈴木商店's job postings
Anonymous
8263c352 117a 455b ae77 3967e3437ebf?1520504964
547685 337690552982536 609559988 n
22309085 1981698995412285 3850763482671062953 n
28959040 718534908535038 593074849740488704 n
Picture?1522986742
20 Like
Anonymous
8263c352 117a 455b ae77 3967e3437ebf?1520504964
547685 337690552982536 609559988 n
22309085 1981698995412285 3850763482671062953 n
28959040 718534908535038 593074849740488704 n
Picture?1522986742
20 Like

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon