1
/
5

電子帳簿保存ソリューション「sweeep Box」を正式リリース、ビジネス文書を無料で電子保存

請求書自動化AI「sweeep」を運営するsweeep株式会社は、ビジネス文書のオンライン受取や改正電子帳簿保存法に対応した保管機能をもつ、新サービス「sweeep Box」を2022年5月18日(水)に正式に提供開始いたしました。

sweeep Box とは

「sweeep Box」は請求書を始めとする、ビジネス文書のオンライン受取電子保管に特化した新サービスです。sweeep Boxを使えば、わざわざ出社しなくても、いつでもどこでも簡単にビジネス文書を受け取って、電子帳簿保存法に則って適切に保管することが可能になります。

しかも、基本機能は無料!sweeep Boxのサイトで登録したら、すぐに以下の機能がご利用いただけます。

  • 書類のオンライン受取
  • メール受取
  • AI-OCRによる自動入力
  • タグ管理
  • 複数組織管理
  • GoogleDrive連携

電子ファイルで届く書類、郵送で届く書類、どんな形態で受け取っても大丈夫。sweeep Boxにアップロードすると、高精度なAI-OCRが請求書の情報を自動で読み取りします。保管に面倒な操作も必要ありません。sweeep Boxが電子帳簿保存法に則って、適切にクラウドで保管しておきます。

sweeep Box の特徴

当社は従来より請求書自動化AI「sweeep」を開発・提供し、バックオフィス業務における効率化のノウハウを蓄積してきました。そこで得た多くの企業さまからの要望を新サービス「sweeep Box」にも反映。ドキュメント管理ソリューションとしての、画期的な5つの特徴をご紹介します。

1)読取精度98.53%のAI-OCR機能
一般のOCRツールで必要な帳票定義(座標設定)が不要で、AIが自動で読取箇所を認識します。読取精度は、業界内最高レベルの98.53%。あらゆる請求書の内容を正確にデータ化します。freee会計にもOCRエンジンとして採用されております。
▼ 詳細は下記からご覧いただけます。
読取精度98.5%を実現。受取請求書の処理クラウドsweeepが実運用データで検証

2)2022年1月1日施行の電子帳簿保存法に対応済み
国税関係書類の電子データを改正電帳法(電子取引)の法令要件に則って適切に保管します。真実性(訂正・削除要件)、検索性(取引年月日・取引金額・取引先での検索)を担保する機能を備えており、改正電帳法対策も安心です。

3)オンラインで受け取り
郵送で届いた書類を受け取るために出社する必要はありません。取引先が専用のメールアドレスやURLにアップロードしたらすぐにオンラインで書類を確認できます。受け取り側に出社・開封・保管が不要になるだけでなく、送る側の取引先も印刷・封入・郵送をする手間がなくなります。

4)簡単シンプルな操作画面
面倒なインストールをせずに、登録後ご案内したURLからすぐにご利用いただけます。ITが苦手な方でも直感的に操作できるよう、複雑なメニューを配置せずシンプルな画面設計にしています。

5)無料で利用可能
ドキュメント管理でお困りの多くの事業者に利用していただきたいという想いから基本機能を無料で提供いたします。

今後の展開

クラウドストレージや専用業務アプリケーションなど外部システムとの連携を強化し、これまでのドキュメント管理システムが課題としてきた文書の集約を効率化します。sweeepが得意とするOCR機能もさらに強化予定。書類の保管と分類ができる、ドキュメント管理ソリューションAIへと進化させてまいります。

▼ sweeep Boxはコチラ

▼ sweeep Boxのプレスリリースはコチラ

sweeep株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング