メンバー紹介 Vol.01:大学進学を選ばず、社員2人のスタートアップに飛び込んだ「最初のエンジニア」


●自己紹介:第一号エンジニア 岡村 友弘(おかむら ともひろ)

東京駅から電車で約4時間ほど、奈良の観光地の一つである「平城京」の南にある、奈良県奈良市南京終町(みなみきょうばてちょう)出身の入社一人目のエンジニアです。


●引きこもりの中学校生活、オンラインの心地良さ

中学校当時は、運動部でしたが、しんどくて、授業中寝たりして、成績もガタ落ちでした。また、社会科見学でトラブルがきっかけで、友達と会話したりするのが億劫になり、2年生の進級前には、不登校になってしまいました。家には、自分専用のパソコンがあったので、マビノギというRPG系のオンラインゲームをインストールし、一日中パソコンと生活するような毎日が続きました。オンライン上の友達が増え、さらには後輩のような関係ができたりと、私にとってはオンラインが生活空間で、その中で動いているアバター(自分の分身のような存在)が自分そのものでした。


●プログラミングの魅力に取り憑かれる

不登校になってから、創作意欲ゼロの状態が続いてました。それから、リアルな学校生活での傷がオンラインゲームによって癒され、小学生の頃に、Flash(webコンテンツ製作ツール)で作られた作品(映像やゲーム等)で100個以上遊んでいたこともあり、Flashで何かを作りたいという気持ちが芽生えました。ホームページの制作やテトリスなどのゲームを作るうちに、映像制作の工程よりも、プログラミングの制作工程に惹かれ、その後Javaを使って、マインクラフトの拡張機能を自分で作れるぐらいになりました。


●引きこもり生活の脱却、「VR」の世界へ

引きこもり生活から脱却し、2013年(当時19歳)で高校に入学。仲良くなった友達と一緒に入ったコンピュータ部がきっかけで、「Unity」を使うようになりました。この頃から、VRという技術は耳にはしていましたが、まだまだ遠い先の話だと勝手に思っていたのを覚えています。ただ、その翌年「Oculus Rift CV1」の発売が正式に発表され、こんなにも早く来るとは思っていなかったので、VRの世界に飛び込むしかないという衝動に駆られ、接客が苦手な私がファミリーマートのバイトで稼いだお金をつぎ込んで、製品版「Oculus Rift」購入。パソコンのスペックが足りないことに触ってから気付き、「USB3.0」や「グラフィックボード」の新調等も行い、有り金全部なくなりました(笑)

●Synamonとの出会いは「Twitter(ツイッター)」

プログラミングばかりやっていたので、このままでは大学進学は難しい。深夜ベッドでツイッターを見ながら、進学校へ通うか迷っていたとき...

「Synamon、エンジニア大募集!」

ツイートを見てから少し考え、大学でやりたいことは特に決まってないし、とにかくメッセージを送ってみよう、どうせ少し恥ずかしい気持ちになるだけ、勇気を出して、送信ボタンを押した。ちなみに、メッセージを送るのに、30分間悩んで、最後は目をつぶって、「えいや!」とボタンを押したので、押す瞬間は見てません(笑)

数分後に、画面をチラッと覗いたら、返信が来ていました。

●入社の決め手は「ポートフォリオ」

社長の武樋さんから、「是非興味がある、東京で一度会って話がしたい」という、予想外の返事。半月後、ポートフォリオのデータを入れた「Macbook」を持って、東京・秋葉原のオフィスに訪問しました。ちょうど、私がシェーダーを活用した「グラフツール」が新機能に使えると好感触を示してくれました。

シェーダーを扱えるエンジニアがいない、来てくれないか?

2人しかいない社員で、もちろん不安もあったけど、『NEUTRANS』触ったとき、自分も開発に貢献できると思ったし、これは飛び込むしかないと思い、即答。それから間もなく、秋葉原のオフィスで本格的に仕事を始めることになりました。

●開発をリードできる喜び

Synamonに入社してみて、ぶっちゃけどうでしょうか?

入社後初日から、VR空間で絵を描くための機能の設計・開発・実装を、まるごと任せてもらったことには驚きました。ここまで、自分が責任を持っていいのかと。自分の知らない技術や知識は、学びながら、開発をしていくのは楽しかったです。2ヶ月弱ぐらいで、任された機能の開発が一段落し、意外とやれるもんなのだなと思いました。これがスタートアップなのだと、このときようやく理解できた気がします。


今では、インターンを入れて約10人ぐらいのエンジニアやクリエイターを大切にする会社に成長。「VR」を当たり前のモノにするため、VRの開発を日夜しております。しかしサーバーと連携させたユニークな機能を作ったり、VRの新たなユーザインタフェースの実装など、スマホやWeb系のエンジニアや、サーバーサイドエンジニアの力が、まだまだ足りません。この記事をご覧になり、興味を少しでも持ったかた、ぜひ応募ください!


次回は、芸人という異色の経歴を持つ、3DCGデザイナーの徳永です!


▼株式会社Synamonでは、一緒に働く仲間を大募集中です

サーバーサイドエンジニア

Unityエンジニア

3D/2Dデザイナー


▼過去の記事

「ビジネスシーンでのVR応用イメージが湧かない...」 Synamonの描く未来とプロダクトの紹介 ~第一弾~

https://www.wantedly.com/companies/synamon/post_articles/107701


【初公開!】 Synamon「誕生」と「これまでの活動の軌跡」

  https://www.wantedly.com/companies/synamon/post_articles/107344

株式会社Synamon's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings