1
/
5

地域に必要なソリューションを届ける。地方創生+(プラス)サービス「TAILOR WORKS」開発にかける想い

テイラーワークスは、「地方創生を次のステージへ」をミッションに掲げ、地方創生、そして社会のあり方をアップデートすることに挑戦しています。

当社は現在、地域の担当者とスタートアップ企業がお互いを知り、つながり、ビジネスを拡げるためにオンラインビジネスマッチングを行う、地方創生+(プラス)サービス「TAILOR WORKS」の開発を進めています。

「TAILOR WORKS」のプロダクト開発にあたるCTOの慶伊 克彦さんと、エンジニアリングマネージャーの竹澤 裕次郎さんに、入社の理由や、テイラーワークスで得られる経験などについて、話を聞きました。

【プロフィール】

慶伊 克彦(けいい かつひこ)
CTOとして、「TAILOR WORKS」のプロダクト開発や運用フローの構築など、全体におけるマネジメント業務を担当。


竹澤 裕次郎(たけざわ ゆうじろう)
エンジニアリングマネージャーとして、「TAILOR WORKS」のプロダクト開発を担当。

会社の理念と代表・難波の思いに共感し、入社を決意


——お二人は、入社するまではどんなお仕事をされていたんでしょうか?

慶伊:システム開発会社で10年ほど受託開発業務に携わっていましたが、自社サービスの開発に携わりたいと考えるようになり、事業会社へ転職をしました。
直近で勤めていた会社では、部長職としてサービスの開発や運用を担当していました。

竹澤:私は、最初はシステム開発会社のシステム開発部門で、マーケティングシステムの開発を行っていました。その会社で自社サービスの立ち上げに携わったときにエンジニアとしての仕事だけでなく、ビジネスサイドにかかわる仕事もしたいと思い、2社目に転職しました。そこでは新規事業として、不動産サービスの開発を行っていました。

ただ、システム側の業務の領域を超えることがなかなか難しく、「もっとビジネスサイドへコミットできる立場でエンジニアとしてのキャリアを積んでいきたい」という思いが強まりました。そこで、「TAILOR WORKS」のプロダクト開発に関わりはじめ、正式入社した、という流れです。

——テイラーワークスに入社を決めた理由を教えてください。

慶伊:テイラーワークスが実現しようとしている「必要な人に適切な情報やテクノロジーを届ける」という部分に共感したのが、入社を決めた一番の理由です。

前職でも、業務部署とIT部署が連携して仕事を進める事は多くありましたが、テクノロジーなどに関する知識のギャップを感じることが多くありました。また、そのような知識がないことで、業務を効率的に回せていない状況もよく見かけました。ITエンジニアとしてキャリアを積んできた自分から見れば当たり前に知っていることも、別の領域で仕事をしてきた人にとっては当たり前ではないんだ、と感じた瞬間でした。

地域の中には、まだテクノロジーを活用しきれていない人もたくさんいます。そういった方々が必要な情報にたどり着けるようなサービスを作るのは、すごく意義があることなんじゃないかと思い、入社を決めました。


——竹澤さんは、なぜテイラーワークスに入社しようと思ったのでしょうか?

竹澤:私は、代表・難波の地方創生にかける想いに共感したのが、入社の理由です。
昨年の7月に静岡で開催した、地域企業×スタートアップのビジネスマッチングイベント「TECH BEAT」では、「TAILOR WORKS」のような専用のシステムはなかったので、地域企業の方からアンケートやインタビューで課題を抽出し、適切なスタートアップを引き合わせる作業を1社ずつやっていたんです。

地域の課題を解決するためなら泥臭いこともいとわない難波の姿から、「とにかく前に進もう!」という強い思いを感じました。同時に、そこは自分自身に足りない部分だ、とも感じたんです。

——足りない部分、というのは具体的にどういった部分でしょうか?

竹澤:前職で新規事業開発にあたっていた時、「サービス開発は物事をスマートにやるものだ」という思いがありました。たとえば不動産の情報を集めたいとき、私は「システムを利用してデータを自動的に集める仕組みを作らなければ」と考えてました。ですがデータ化されていない情報でしたり、手作業で集めなければ集まらない情報もIT化が進んでいない業界ですと少なくありません。そこで止まってしまうのはもったいないから、私たちがやり方を変えることも必要だと思ったんです。

新しいことを始める時には泥臭くならなければいけない場面もあり、それを嫌がっていたら前には進めない……というのを、前職で痛感していたところでした。このように、自分に足りない部分が学べるのではと思ったのも、入社を決めた理由のひとつです。

ググる前に「TAILOR WORKS」。地域に適切な情報を届けられるプロダクトを目指す

——現在はどういった業務をされているんでしょうか?

慶伊:現在はCTOとして、「TAILOR WORKS」のプロダクト開発と運用体制の構築に取り組んでいます。開発メンバーだけでなく、カスタマーサクセス部署のメンバーも含め、プロダクトに関わるメンバー全体のマネジメントを行っています。開発スタイルとしては、スクラム開発を採用しています。

竹澤:私は、エンジニアリングマネージャーとして、開発側のマネジメントを担当しています。「TAILOR WORKS」のベータ版リリースに向けて、外部の協力会社のメンバーと共に開発にあたっています。現状、社内の開発メンバーは私と慶伊の2名ですが、今後増員していく予定です。

言語については、フロントエンドはReact.js、サーバーサイドはLaravelを使用していて、インフラはAWSです。バックエンド・フロントエンド問わず、エンジニアリングに関わる全てを担っています。

——お二人が仕事をする中で、心がけていることを教えてください。

慶伊:ITの専門職としての価値を出せるように、という意識は常に持っています。自分がこれまでIT職種としてキャリアを重ねてきた中で得られたもののひとつに、ロジカルに物事を整理する力があります。

スタートアップはスピード感が重要な側面もありますが、サービスや事業の流れに関して、情報整理でないまま進んでいってしまわないように、適宜「ツッコミ」を入れるように心がけています。

竹澤:エンジニアの領域だけを守るのではなく、デザイン・マーケティング・ビジネスなど、他の領域にもどんどん越境していくことを心がけています。
スタートアップでは特に、「自分の仕事はここまで」と決めずに、自分にできることで事業の成長にコミットする姿勢が大事です。広い視点で物事を考え、エンジニア以外の領域においても自分なりの意見を持ち、それを周囲に伝えていくことを意識しています。


——「TAILOR WORKS」をどんなプロダクトにしていきたいですか。目指すビジョンを教えてください。

慶伊:地域企業が問題にあたって情報を得る必要が生じた時に、「まずはGoogleで検索しよう」と同じような感覚で、「まずは『TAILOR WORKS』で調べよう、相談しよう」と思ってもらえるようなプロダクトにしていきたいですね。

竹澤:そこを実現するためには、適切なタイミングで適切な情報を届けられるプロダクトにしていく必要があると考えています。
地域企業のIT化を促進する便利なソリューションは数多くありますが、ソリューションの存在をそもそも知らないのか、知っているけれど使いこなせていないのか……など、状況によってその人にとって必要な情報は異なります。ユーザーのバックボーンに合った情報を、適切なタイミングで出せるようにしていきたいですね。

——具体的に開発を予定している機能はありますか?

竹澤:オンラインでイベントや商談を行える機能を実装したいです。一から開発するのではなく、連携できるサービスを利用しようと考えています。
すべての機能においてですが、自分たちで全部作ろうというよりも、既存のサービスもどんどん柔軟に取り入れながら、ユーザーが求める機能を開発していきたいですね。

チームとしてのまとまりや社員の働きやすさを重視している会社

——会社の雰囲気について、感想や印象を教えてください。

慶伊:チームとしてのまとまりを大事にしている会社だと感じます。4月の頭に全体でキックオフミーティングを行いました。その後すぐにフルリモート勤務に移行したので、オフラインで集まる機会が今はないのですが、オンラインでこまめに連携を取り合っています。

毎日19時には必ず全員でオンラインミーティングをして、1日の報告や相談などする時間を設けていますし、この間はオンライン飲み会も実施しました!

竹澤:「できる限りメンバー同士でコミュニケーションを取って仕事をしていきたい」というのが代表の考えです。経営陣との距離も近くて、お互いの意見を言いやすい空気感があります。

——制度面で「働きやすい」と感じるポイントはありますか。

慶伊:「5 POWER VALUES」という、会社としての行動指針がある点ですね。会社の価値観が明文化されていることで、メンバー全員が目指すべき方向性をしっかり認識した上で仕事ができるのはいいなと思います。
あとは、OKRを導入しているのも、働きやすいポイントだと思います。先日のキックオフミーティングで、四半期の会社・チーム・個人の目標設定をして、現在はその達成に向けてみんなで取り組んでいるところです。

竹澤:働く環境を整えるための投資を惜しまないのは、働きやすさを感じるポイントですね。オフィスを渋谷のWeWorkに構えている点もそうですし、エンジニア職のPCは最新のMac OS端末で希望のスペックにしてもらえます。また、1人1台大きなディスプレイも用意されています。
今回、リモートワークを余儀なくされる状況になりましたが、「必要なものがあれば言って」と言ってもらえたので、安心してリモート勤務に移行できました。

慶伊:社員の働きやすさを重視している会社だなと感じる場面は多いですね。家族の誕生日に休暇を取れる「ファミリー誕生日休暇」もあります。誕生日に家族と過ごす時間が取れるのはありがたいですね。

竹澤:入社してすぐに5日分の有給休暇が付与されるのもありがたいですよね。子どもが風邪をひいた時など、急に休みを取りたい時にも気兼ねなく休めるので、細かいことを気にせず仕事に打ち込める環境だと感じます。

地方創生に熱い思いを持ち、裁量ある仕事をしたいエンジニア、求む!

——テイラーワークスでエンジニアとして働くことで得られる知識や経験を教えてください。

慶伊:現在は、サービスリリースに向けてこれから本格的に進んでいくフェーズです。開発の初期段階からサービスのグロースまで携われますし、事業の方向性に関わる部分に関わることもできます。

スタートアップ特有の、プロダクトや事業の成長に関わる経験を積みたい方にとっては、魅力のある会社なんじゃないかと思います。

竹澤:ビジネスやデザイン、地域特有の課題など多様な情報が入ってくるので、エンジニアとしての技術を軸に、自分の領域をどんどん広げていくことができます。

「地域課題×エンジニア」「カスタマーサポート×エンジニア」など、「○○×エンジニア」の「○○」の材料は至るところに転がっています。会社としても「挑戦することに価値がある」という考えがあり、自分がやりたいことをしっかり進められる環境です。

——どんな方と一緒に働きたいですか?

慶伊:「地方創生を次のステージへ」という会社の理念に共感してくれる方ですね。地方にルーツがあるなど、地域課題の解決に思い入れを持って取り組んでいただける方にジョインしていただけると嬉しいです。あとは、自分の意見をしっかり持っていて、精神的に自立している人だと、一緒に仕事をしやすいと感じます。

竹澤:エンジニアの領域だけでなく広い視点で物事を考え、エンジニア以外の領域においても自分なりの意見を持っている方と働きたいですね。エンジニアとしての技術や知識は大切ですが、それ以上に地域の課題解決のために必要なことは分野を問わずやれるひとと、一緒に働きたいと考えています。

——最後に、応募者へのメッセージをお願いします!

慶伊:テイラーワークスは、組織としても事業としても、まだまだ発展途上の会社です。経営陣との距離も近く、フラットな環境で自由度の高い仕事ができるのは、スタートアップならではです。また、地方創生を促進するクラウドサービスの開発というのは、事業ドメインとしてもユニークなんじゃないかなと思います。

仕事に求めるものは人それぞれですが、裁量の大きさや自由度の高さ、できることのユニークさに価値を感じる方にとっては、働きがいのある環境だと思います。ぜひ興味を持っていただけたら嬉しいですね。

竹澤:エンジニアリングに限らず、興味があることにはどんどんチャレンジできる環境です。地域を盛り上げていきたいという強い思いがあり、いろいろなことに興味を持ちつつ自分の領域を飛び越えた仕事ができる方にぜひ入社してもらいたいです。お待ちしています!

株式会社テイラーワークス's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more