1
/
5

マーケターとしての新たな挑戦。テクノロジー企業のサポートを通じ「TAILOR WORKS」を成長させたい

今回インタビューをしたのは、プロモーション支援事業部マネージャーの稲垣 佑馬さんです。

稲垣さんは、2020年1月にテイラーワークスにジョイン。現在は、テクノロジー企業のマーケティングやプロモーションサポートを担当しています。

稲垣さんに、入社の理由や仕事の魅力、今後の展望についてお話を聞きました!


【プロフィール】
稲垣 佑馬(いながき ゆうま)
IT関連のマーケティングサポート企業を経て、2020年1月にテイラーワークスに入社。
プロモーション支援事業部マネージャーとして、テクノロジー企業のマーケティング、プロモーションサポートを担当。

自身の課題感とテイラーワークスの方向性が一致。新たな挑戦を求め入社

——テイラーワークスに入社する前はどんなお仕事をしていたんですか。

フィールドマーケティングをメインに、IT関連企業のマーケティングサポートを行っていました。主に携わっていたのは、イベントや展示会の企画運営や、プロモーション施策の立案などです。現在のテイラーワークスでの業務に通じる部分が大きいですね。

——当社に入社した理由を教えてください。

前職では多くのクライアントが東京に限ったマーケティング活動に限界を感じていて、地方に足を運び顧客開拓も行っていました。その過程で、「東京のお金で地方のマーケティングを行うのではなく、地方の資金を使ってより地方を活性化させるようなことができたらいいんじゃないか?」という思いが芽生えたんです。

そんな中、当社の代表・難波から「地方創生事業を立ち上げようと考えている」という話があり、入社を打診されました。自分が持つ課題感とテイラーワークスの事業の方向性が一致していましたし、地域ビジネスをアップデートすることで地方創生、ひいては日本全体の底上げにつながっていく事業に携われることに魅力を感じたんです。

また、オフライン施策がメインのフィールドマーケティングの分野でキャリアを積んできましたが、オンラインツールの活用も踏まえたマーケティング施策に携われるという点で「ここなら、新たな挑戦ができるんじゃないか」と思い、入社を決めました。

企業の「やりたい」を具現化するため、幅広い業務の指揮をとる

——現在の業務内容を教えてください。

プロモーション支援事業部のマネージャーとして、テクノロジー企業のマーケティングや、プロモーションサポートを担当しています。サポート企業の中には、当社のオンラインビジネスマッチングツール「TAILOR WORKS」の登録企業もいます。

——具体的に、どういったお仕事をされているんでしょうか?

業務は多岐にわたりますが、一言で言うと、企業の「やりたい」を具現化するために全体の指揮をとる役割です。

たとえば担当企業のひとつである、データマネジメント企業様が定期開催しているイベントでは、プロジェクト全体のマネジメントからイベントサイトのクリエイティブディレクション、運営、その後のフォローアップに至るまで一通りを担当しています。

現状では展示会やオフラインイベントがコロナの影響で開催が難しいので、オンラインマーケティングのサポートの割合が多くなっています。

あとは、「TAILOR WORKS」内にある、登録企業ごとの企業ページのディレクションも行っています。テクノロジー企業が持つソリューションや事業内容について、地域企業との適切なマッチングにつなげるためにはどういった見せ方をすればいいかを考えながら、プロモーションサポートを行っています。

——仕事をする上で、どんなことを心がけていますか。

最終的に、誰も慌てることなくスケジュール通りにプロジェクトを終えられるのが理想なので、そのための工夫は常に心がけています。
対応範囲が広い分スケジュール管理やタスクの優先順位付けが煩雑になるので、しっかり整理して、関係各所に適切な指示出しができるように意識しています。
また依頼を出す時には、「期日を早めに伝えておこう」「忙しそうだから、こちらで確認箇所を絞ってから渡そう」など、相手の性格や状況によって依頼の仕方を変えています。

——地方創生ビジネスにかかわる中で、魅力に感じるのはどんなところですか?

東京にいたら知り得ないような、地域ごとの特色を知れるところです。
「この地域では実はこの産業が盛んなんだ」「この地域は意外とIT化が進んでいるんだな」など、同じ日本でも地域による違いがこんなにあるのかと日々新鮮な発見が多いですね。
また、地域課題に特化したスタートアップ企業を知れるのも、面白い点です。

たとえば、北海道では害獣駆除が行われていますが、害獣のさばき方を知らない若い狩人向けに、その技術を体系化し、ノウハウとして伝えていくことにチャレンジしているスタートアップ企業があるんです。東京にいると想像もつかないような地域特化型のビジネスを知ることで、新しい視点を得られます。

「TAILOR WORKS」登録企業の質をもっと高めていきたい

——先日「TAILOR WORKS」のβ版をリリースしたところですが、稲垣さんはプロダクトにはどのように関わっているんでしょうか。

「TAILOR WORKS」の開発自体はビジネスマッチング事業部がメインで行っていますが、β版のチェックは会社全体で行っているので、私もツールを随時触り、不具合や改善点を開発にフィードバックしています。

たとえば、地域企業は登録後に「TAILOR WORKS」内に課題を登録し、それを見たスタートアップ企業がコンタクトを取る流れなのですが、課題を登録しない企業が一定数いるんです。やり方がわからないのか、心理的なハードルがあるのか、そもそも課題を感じていないのか……と原因を明らかにし、解決していく必要があります。

ひとつひとつの問題に対し、トライアンドエラーを繰り返し、PDCAを回しながら改善につなげていこうと、全社一丸となって対応しているところです。

——「TAILOR WORKS」を今後より地方創生に活かせるプロダクトに成長させるために、取り組んでいきたいことを教えてください。

「TAILOR WORKS」への登録は審査制で、厳選したテクノロジー企業のみを集めています。ご登録いただいた一流の技術を持つ企業に対し、より効果的なプロモーションにつながるサポートをしていきたいと考えています。

企業側としっかりコミュニケーションを取り、その企業が持つソリューションや企業の思いを理解した上で、企業側が伝えたいことを「TAILOR WORKS」内でよりわかりやすく魅力的に表現していきたいです。それができれば、地域企業とテクノロジー企業との適切なマッチングにつながり、ひいては「TAILOR WORKS」のプロダクトとしての成長につながっていくと思います。


日本全体を良くする事業にチャレンジしたい方はぜひ!

——テイラーワークスに入社して得られる経験やスキルについて教えてください。

クライアントのマーケティングサポートに幅広く、そして深く携わることができるので、総合的なマーケティング視点を養うことができます。

サポートの期間はスポットから通年までさまざまで、イベントの運営だけ、Webページのディレクションだけ……など部分的ではなく、要望に応じて総合的なサポートを行うことも多く、幅広いマーケティング知識が必要になります。
その分難易度は高くなりますが、「クライアントとじっくり向き合い、幅広いマーケティングサポートを行いたい」という方にとっては、得るものが多い仕事だと思います。

あとは、テクノロジー企業が持つたくさんのソリューションに関する知識が、調べなくても自然と得られる環境です。課題解決に役立つテクノロジーの知識が多い=解決策になりうる選択肢を多く持っているということなので、そこも自分自身の強みになっていくと思います。

——仕事をする中で「働きやすい」と感じるのはどんな点ですか?

経営陣の判断が早い点です。今回、コロナの影響で3月頃からフルリモートに移行していましたが、「働くことそのものの価値観が今後変化していくだろう」という代表・難波の考えのもと、5月末にオフィスを解約(住所はWeworkのまま)しました。
オフィスに限らず、スタートアップは変化に柔軟に対応することが求められる局面が多いです。経営陣の判断が早いことで、会社全体がスピード感を持って仕事に取り組めます。

オフィスレス企業になります。新しいチャレンジでニューノーマルな働き方へ。

また、フルリモートへの移行に伴い、自宅をオフィス化するためにディスプレイや椅子、デスクなど仕事に必要なものをひととおり会社が購入してくれました。仕事環境への投資を惜しまない点も、働きやすさを感じるポイントです。

——どんなメンバーが多いんでしょうか。社内の雰囲気を教えてください。

自分の担当以外の領域に関することでも、意見を言いやすい雰囲気があります。
開発者ではないので技術的な知識はありませんが、マーケティングの観点からプロダクトを見て、改善点を思いつくこともあります。そんな時、「ここはこう変えた方がいいのでは?」とエンジニアに意見を伝えると、対応してもらえることも多いんです。手前味噌ですが、いいメンバーが集まっているなと感じます。

代表陣とも距離感が近いので、事業の相談もできます。当社はOKRを導入していて、会社の目標達成に繋がることであれば「ダメ」と言われることはほぼありません。やりたいことにチャレンジするにはいい環境です。

——どんな人ならテイラーワークスで活躍できると思いますか?

コミュニケーション能力が高く、解決方法を自分なりに考えられる人です。
クライアントによっては、「こんな感じのことをやりたい」と漠然とした要望をいただくケースも多いんです。その場合、クライアントとコミュニケーションを重ねながら課題や要望を徐々に明確にしていき、具体的なマーケティング施策に落とし込む必要があります。
決まった正解がある仕事ではないので、コミュニケーションを重ねながら問題点を明らかにし、解決方法を考えられる能力が求められます。

——最後に、応募を検討している方へのメッセージをお願いします!

東京が一極集中で栄えている現状を変える必要がある、という思いは以前から持っていましたが、コロナの影響が広まる中、その思いはより強くなりました。今後必要になるのは、地域外からの人の流入を前提にした地域経済の活性化ではなく、地域内で経済圏を確立していくことです。
ぜひ我々と一緒に、地域産業、そして日本全体を良くしていく事業にチャレンジしてみませんか? 

お待ちしています!

株式会社テイラーワークス's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more