This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「Talentio User MeetUp vol.1」レポート

こんにちは。タレンティオのグエン福康です。
先日タレンティオで初めての 「Talentio User MeetUp vol.1」を開催いたしました!
今回はMeetUpの様子を少しだけご紹介いたします。

「Talentio User MeetUp vol.1」とは?

日頃からTalentioをご活用の皆様とトークやセッションを通して、企業様毎に異なる採用オペレーションに関しての知識やTalentioの運用方法の共有、また戦略人事になるための一歩を考えることを目的として開催されたイベントです。

まずは今回のイベントでご登壇頂いた方々のご紹介です。

(※左から、勝股様、渡邉様、貝瀬様)

登壇者 : 株式会社SmartHR 採用責任者 勝股修平

2013年に株式会社オプトに新卒入社。新卒採用、中途採用担当を経て、2015年よりエンジニア組織の立ち上げに携わる。採用や組織組成に関わる経験を積み、2017年1月よりSmartHRに採用責任者として参画。採用、人事制度の設計・運用に従事。エンジニア採用が好き。

登壇者 : 株式会社フィードフォース 人事部マネージャー 渡邉康晴

新卒でスカウト・ヘッドハンティング企業に就職。約3年間スカウトエージェントとして活動。 人事にキャリアチェンジするため、2009年富士通系SIerに転職。新卒・中途採用・賃金改定業務を経験する。 2014年フィードフォースに入社し人事部を立ち上げ、採用・研修・評価制度など人事業務全般に携わる。今興味がある分野はNo Raitingsとリアルタイムフィードバック。

登壇者 : GMOペパボ株式会社HR統括部 人事企画グループ リクルーティングチーム 貝瀬美奈子

大学で心理学を学部中で産業心理に興味を持ち、卒業後人材紹介会社に入社。 営業担当として150社近くの新規開拓営業、キャリアアドバイザーを経験。 ソーシャルゲーム会社の採用担当を経て、paperboy&co.(現GMOペパボ)に2011年入社。 労務、安全衛生等人事、制度を経験、現在はサブマネージャーとして中途採用に従事。 ぺパランチョン(エンジニアランチ制度)、ペパボカレッジ(第二新卒向け研修付採用プロジェクト)、ペパボ寺子屋(現在β版)の産みの親。

モデレーター : 株式会社会社フリークアウト・ホールディングス執行役員 / 株式会社タレンティオ プロダクトマネージャー 髙倉沙希

(髙倉のキャリアについて気になる方はこちらから↑)

トーク① : SmartHR 勝股修平

■トークテーマ
1. SmartHRについて
2. Talentioとの付き合い方と工夫
3. スキマ時間が生む創造

・2分半→45秒

「Talentioの付き合い方と工夫」でのお話しで、

・導入前 : 2分半
・導入後 : 45秒

変わったことがあったそうです。
これは、実際の書類選考の依頼完了までの時間ですが、年間に換算すると約146時間、人件費は33万円削減できるそうです。
※DODAの平均年収から試算

・「スキマ時間が生む創造」

こちらのトークは内容的に外だしできないのですが、勝股さんの採用にかける熱意がとても伝わる施策内容についてお話しいただきました。「最終まで上がってきた候補者1人を逃す方が企業にとってはマイナスで、それに比べればその人に時間をかけることは当たり前」と仰られていたのがとても心に響きました。

トーク② : Talentioと人事システムと私

■トークテーマ
1. 自己紹介
2. フィードフォースの採用
3. Talentioで解決した課題
4. 最後に ~これからの人事とWebサービス~

・1500回→0回

渡邉さんがAlt+Tabでウィンドウを切り替える回数をTalentioを導入する前と後で比較した回数です。
導入前の面接日程の調整フローでGmail, Excel,スケジューラーと1つのフロー上で複数のツールを使いオペレーションを回していたそうですが、複数のツールを使っていた、かつ作業数が多かったことで何度かミスをしたそうです。複数サービスを利用することは飛躍的にヒューマンエラーが増えるため、Talentioを導入し、一元管理をすることでミスが減った事例としてお話しいただきました。

・1700人

渡邉さんが新卒採用で接触した人数が1700人にも上るそうで、丸々全ての接触した候補者をTalentioの「タレントプール」の機能を使い将来的な資産として活用しているそうです。
実際にTalentioのタレントプール機能では、これまでに接触したが選考に至っていない候補者や、リファラル採用の候補者を管理できる機能になっています。人事として会社の資産を残すために接触した候補者すべてをデータベースに残す渡邉さんの情熱には心を動かされました。

トークセッション : 戦略人事に近づくために必要なこと

※左から、弊社髙倉、勝股様、貝瀬様、渡邉様

ここでは、モデレーターの髙倉が登壇者の勝股さん、貝瀬さん、渡邉さんと、各社の面接でのポイントや、これまで採用の仕事で嬉しかったこと、一番印象に残った面接などをテーマに様々なトークが繰り広げられました。

特にGMOペパボ株式会社では、「ペパボカレッジ」という独自のエンジニア採用をされており、近年難しいエンジニア採用のノウハウをお聞きすることができました。

終わりに

今回のMeetUpでは人事の最前線に立っている方々のリアルな採用業務に関することや、日頃からTalentioをご利用いただいている皆様からTalentioのフィードバックを頂けたりと、あっという間の3時間でした。

この場をお借りしてご登壇いただいた方々、また、当日ご来場いただきました皆様に御礼申し上げます。
次回「Talentio User MeetUp vol.2」も開催予定なので、今回参加できなかった方は是非ご参加下さい!


■株式会社フィードフォース様のイベントレポートはこちらから↓

■株式会社GMOペパボ 貝瀬美奈子様のイベントレポートはこちらから↓

株式会社タレンティオでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon