1
/
5

本当の「安定」は常に自分を進化させられる環境に身を置くこと/システムエンジニア 青木雄太インタビュー

「仕事は基本断らない」「目標は作らない」と語る青木雄太。その根底には、真っ直ぐな目で見据えた未来への想いがあります。未来の自分が多様な選択肢を得られるように今、様々な経験を積んでいるという青木に、そのポリシーの真意を聞いてみました。

プロフィール

青木 雄太 / Yuta Aoki
株式会社タンバリン 東京開発チーム システムエンジニア

大学では経営学を学び、卒業後はSIer企業に就職する。業務系システムやWebアプリケーションの開発に従事する中で、自身のさらなるレベルアップを目指しタンバリンに転職。システムエンジニアとしてSalesforce, Pardotの導入支援、およびWebサービス開発案件のディレクション業務などを幅広く手がけている。
Wantedly

「みんなでサービスを作るのが何よりも好き」という想いに共感

――まず転職した経緯を教えてください。

前職では企業が社内で使用する業務システムをメインに開発していました。一次受けより二次受けの案件が多くてもっと上流の仕事がしたいと思うようになったこと、また日々忙し過ぎたことが理由で転職を考えました。

転職先を探すときに基準としたのは「プライム案件の開発ができる」こと。そして僕は何かひとつのスペシャリストよりも何でも対応できるゼネラリストになりたかったので、幅広く業務に関われる仕事を探しました。その中で見つけたのがタンバリンです。

――タンバリンへの入社を決めた理由を教えてください。

面接に行った時、今後のビジョンを尋ねたら「いや、わからないんだよね……」と言われたんです。しかも各面接で計4名に(笑)。と言っても何も考えていないというわけではなく、当時のタンバリンはまだメンバーが10名くらいだったので、これからみんなで作っていくフェーズだったんですね。

同じ質問を同時期に受けていた他企業にもしていたのですが、どこも明確な答えを教えてくれる中、タンバリンがすごく異質に感じられて。けれど技術や制作物の話になると質の高い回答をもらえるし、実際に作っているサービスにはモダンな技術を使っていることが目に見えてわかったので「なんだか面白そう」と思いました。

あと、代表の中尾さんに「なぜ会社を立ち上げ、社長になったのですか」と尋ねたら「それがあまりよくわかってないんですよね」と言われて。社長になる人って、会社を作りたい、社長になりたいという強い意志があるイメージだったのに中尾さんにはそれがなかったんです。ただ人と一緒に仕事をするのが本当に楽しくて、みんなでサービスをリリースすることが何よりも好き。そんな中尾さんの仕事や会社に対する想いに共感できたことも入社を決めた理由です。

どんなプロジェクトにも学びがあるから、仕事は基本断らない

――現在の仕事内容を教えてください。

メインはシステムエンジニアとしてWebサービスの開発進行をしていて、クライアントと一緒に要件を決めるところから関わっています。他にはSalesforceの導入支援や設定、カスタマイズ、それからメルマガ配信やMAツールの導入などをすることも。

Salesforceの導入支援では、ただシステムを導入するだけではなく事前にクライアントの課題をヒアリングし、その課題を解決できるような導入を心がけています。

――仕事をする上でのポリシーは何ですか?

基本的に仕事を断らないことです。理由は2つあります。

1つはどんなプロジェクトにも必ず何かしらの学びがあるから。経験上、一見同じような内容に見えても全く同じプロジェクトは存在しません。技術面にしろ組織面にしろ、何かしら新しい経験ができるので、必ず自分の成長に繋がります。なので与えられた仕事は断らずに挑戦するようにしているのです。

例えば最近だと、旅行会社が学校向けに提供する教育系アプリケーションを開発しました。僕にとって初めての大規模案件。内外から様々な人が関わる一大プロジェクトでした。開発にあたり、現場の営業担当の方や関係各所の皆さんにリアルな声を提供してもらいました。多角的に多くの意見を取りまとめるのは初めてで、文字通り奔走する日々。けれど、様々な目線で物事を考える力が身に付いたように感じます。
2つ目の理由はあえて自分の得意分野を作りたくないから。僕は前述したとおりゼネラリストになりたいので、広く様々なことを経験し、オールラウンダーになっていきたいと思っています。

この根底には「目標を作りたくない」という想いがあって。3年後の目標を立てたところで、3年後の世界がどうなっているかは誰にもわからない以上、あまり意味がないと個人的に考えています。だったら、目の前の面白そうなことにとりあえず首を突っ込んでみたいし、何でも拒まずに挑戦してみたい。それが結果的に、3年後の僕の選択肢を広げると思うんです。

未来の自分の選択肢を狭めないことが本当の「安定」だと思う

――タンバリンで働くようになって何か変化はありましたか?

一次受けの仕事をするようになったので、直接フィードバックをもらえるようになりました。前職ではエンドユーザーが全く見えなかったので、直接声を聞けることにより、責任感が増した分やりがいも大きくなり仕事が楽しくなりましたね。

仕事への向き合い方は、クライアントが何を求めているか、そこに対して何を提供できるかしか考えていないので、その点では以前と変わっていません。けれどクライアントやエンドユーザーのフィードバックを常に得られるようになったので、自分がどういうリアクションをするべきかをより真剣に考えるようになりました。考えた結果をもとに、自分から提案していく姿勢を常に持つようにしています。

――青木さんが入社した当時と比べ、今のタンバリンはどのように変わりましたか?

やはりメンバー数が単純に4倍程度になったのと、様々なことが明文化されて組織として大枠の方向性が決まってきたことが変化でしょうか。当時「いや、わからないんだよね……」と言われた今後のビジョンも今は見えていて、そこに向かって各々が考えて突き進んでいるイメージです。

ただ環境は変わっても、メンバーの雰囲気や社内のカルチャーは変わっていないので居心地の良さは変わりません

――タンバリンはどういう会社だと思いますか?

本当の意味での「安定」を目指せる会社だと思います。

世の中にはリスクを恐れている人が多く、僕が就職活動していた頃は安定志向で公務員を志望している人も多くいました。けれどそれって本当に安定なのでしょうか。僕は本当に安定したいのなら、自分自身をどんどん進化させていける環境に身を置くべきだと思います。

いま僕はタンバリンで本当にたくさんの経験を積ませてもらっています。だからこそ、もし明日タンバリンがなくなっても、どこにでも行けるという自信があります。僕に限らず、タンバリンのメンバーはみんなそう。それぞれが様々な知見を持っているし、これまで培ってきたものがあるから絶対に次に繋げられる、大丈夫って思えるんです。これが本当の安定なのではないでしょうか。

僕は目標を作らず目の前のことをひたすらこなしていきたいタイプですが、それは未来の選択肢を狭めないためです。安定して先を目指し続けるために、これからも目の前の仕事に突き進んで行きたいですね。

★少しでも興味をもってくださった方は、ぜひフォローいただけると嬉しいです。

★SEの仲間を探しています。ぜひ、お気軽にご応募ください。

システムエンジニア
SIでのPM経験者歓迎!新しい技術を駆使したプロジェクトに挑戦するSE募集
タンバリンは、クライアントのビジネスの「デジタルシフト」をサポートしている会社です。 具体的には、Salesforceなどのクラウドサービスを活用したWebサービス、Eコマース、モバイルアプリの開発を手掛けています。 【Let’s PARTY!最高のチームになろう】 社内メンバーはもちろん、クライアントや外部パートナーも一緒に課題を解決するチームであると考えている私たち。この想いを集約したメッセージが「Let’s PARTY!」です。パーティ=仲間で『仲間になろう!』という呼びかけと、プロジェクトが成功したときはハイタッチでもするくらいパーティみたいに盛り上がって一緒に達成感を味わおうという想いのダブルミーニングです。1つのチームとして仕事をしているからこそ、単に依頼された開発をするだけではなく、本質的な課題解決をゴールとしてプロジェクトに取り組んでいます。 【コンサルティング要素を強みとした開発】 Salesforceなどのクラウドプラットフォームをベースに開発することで、従来のスクラッチ開発よりもスピーディーに良質なプロダクトやサービスを作ることができます。その分、クライアントの課題発見やコンサルティングに時間を使い、「何を・どう作るか」という設計部分から担うことをタンバリンの強みとしています。 ▼目まぐるしい時代の変化に対応しながらサービスインテグレータとして生き残る秘訣 https://note.com/8120001123887/n/nb7a43b00daa3?magazine_key=m7338b08ddd48
株式会社タンバリン

★現在募集中の職種一覧は下記に掲載しています。

株式会社タンバリン's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more