社長、私を紹介していいんでしょうか。と問いたいところです。

現在

本田さやかと申します。タナクロでは社長室長を務めております。

一般的に社長室長とは社長の身の回りのお世話をするポジションの事ですが… 現状は、経営陣が私のお世話をしています…

そうですね、例えるならばカルガモの親子みたいな感じです。 カルガモの母さんがスタスタ歩いていくところに カルガモの子供が後ろからたどたどしく歩いている、あの感じです。

なので、まだ私自身も「社長室長」と胸を張って言えないのが正直なところです。笑  (淳也さん!ごめんなさい!早く一人前になります!滝汗)

このポジションの醍醐味は、常日頃から身近に経営陣の考え、やり取り、スピード感を垣間見れるところ。

当たり前かもしれませんが、経営陣って毎日、全てに対して全力なんですよね。 愚痴なんて1ミリも発さないし、ポジティブだし… なので私が中途半端な反応をしてたら、あっという間に置いていかれてしまいます。 ですのでカルガモの子供のように経営陣の後ろを必死に追いかけてます。

そして、あってはならないですがミスをするんですね、私。 そんな時、心の中で、あー、今回はもう呆れられたな…って 社長の鬼のような顔を想像するのですが… そういう時でもいつも、さやか…これはね…と色々と丁寧に教えて貰ってます。 これもカルガモ母さんのような母性なのでしょうか?

株式会社タナクロについて

先ほど、カルガモの親子のようだと例えましたが 私だけが必死についていってるのではなくて またタナクロメンバーも走り続けることに必死なんです。

特に経営陣、カルガモ母さんは先陣を切らなければならないので大変です。 自分たちの成功のため、会社を大きくするため。 私から見ても、攻めてるなー!と思ったりもします。

タナクロはベンチャーですから、安定なんてないですし足りないものなんてたくさんですから日々、挑戦、改善の繰り返しなんです。 それでも将来の野望、目標などをみんなで共有し、ゼロからの計画、 理想を現実にしていくプロセスは働く原動力であり、楽しみであり、働いてるメンバー達が一番実感しているんではないかと思います。

今後どういうことをしていきたいか

まずはタナクロ自慢の社長室長になること。タナクロの成功を見届けること。 まずはそこからです。その後の人生なんて計画していません。 与えられた仕事を全うできない人間が後に成功するわけがないと思ってますので今は奮闘するだけです。

とにかく今はやれるところまでやって、吸収して、その時に得た物差しでまた人生計画をします。

本当に頼れる社長室長になるまで今暫くお待ち下さいませ!

(こんなカルガモ押しの記事を書いたので鴨ロース買って自宅に帰りました。)

株式会社タナクロ's job postings
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes
Anonymous
8b7c0642 b272 40eb b5ff daf2888da0a0?1504184836
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon