1
/
5

TAPP待望のWebデザイナー。”数字を作るデザイン” に挑戦するスピード感とは

WEBマーケティング部 デザイナー 脇川 真

マーケティング立ち上げから待望のデザイナーとして入社した脇川さん。学生時代からクリエイティブなことが大好きで自身の”好き”を仕事にしている彼が、TAPP初のデザイナーとしてTAPPで働くことを決めたワケを聞いてみました。人事部田中との対談です。

Q.大学卒業後のストーリーを教えてください

高校は建築系を専攻していて大学も美大の建築学科に通い、そのまま就職したのが地元新潟のハウスメーカーでした。注文住宅のインテリアデザインや意匠設計を手掛けながら営業として物件の販売もしていたんです!その会社がマーケティング部門をインハウスで立ち上げ始め、学生時代に学んでいたということでデザイナーとして広告・LP制作にも携わらせて頂くようになったのがWebデザインの仕事に深く関わるようになったキッカケですね。当時は建築デザインとWebデザイナーを兼任していましたが、片手間ではなくどっちかをやりたい気持ちが強く・・同じチームの上長に「東京に出なさい!」と背中を押して頂き東京のWeb制作会社で力をつけようと決めました。

Q.そこから転職を考えたキッカケはなんだろう?

前職のWeb制作会社でサイトのデザイン・バナー作成・LPなど色々経験をしました。クライアント様や代理店から依頼をされて制作に取り組むのですが、「自分が作ったデザインがどれだけの人に影響与えられるのか?」「デザインを見た人がどう感じて、どういった意見を持つのか?」というディティールのところまでは見えにくいのもあり、なんとなく自分の中で物足りなさを感じていました。企業様のお付き合いの中で「またお願いしたい」と言われれば ”良かったんだろうな” というのは分かるのですが、何人見て何人の人がいいと思ったのかが分からない。そう感じたときに自身が手掛けたモノの効果がわかるインハウスに目を向けるようになりました。

Q.まわりからの ”反応” を大事にしていたんですね。

そうです!大事にというか、自分のモチベーションになっていました。学生時代も美大に通っていて自分が創造して発信したモノに対しての ”反応” とか ”意見” ってすごく嬉しいし楽しかったんです!

Q.TAPPに興味を持ったキッカケは?

建築系を勉強してきてハウスメーカーで勤務していた経験があったで、不動産業は親近感がありました!自分が探していた ”インハウスのデザイナー採用” の応募をこのWantedlyで見つけて話を聞きに行こうと思ったのがキッカケです。

Q.デザイナー第1号の採用の中、この会社に入社しよう!と決めたのは何故?

正直、教えてくれる上長や一緒の部門に同じデザイナーとしての仕事をする人がいないというのは不安ではありました。でも、デザインに加えマーケッターとしての力を身につけたかったですし自分のデザインがどれだけの人の通用するのか試してみたかったんです!「自分の力を求めてくれるならやってみよう!後からどうにかなるだろう!(笑)」という挑戦の気持ちで決めました。色んな会社を見ていましたが、1番大きかったのは面接の段階で自分の今までやってきたことを “認めてくれた” ということですかね。立ち上げたばかりのチームのこれからを創っていくために自分のチカラが必要だと言ってくれたことは、素直に嬉しかったです。

Q. ”数字を作るデザイン” に携わってみてどう思う?

今はまだやり始めたばかりで試行錯誤の繰り返しです!楽しいよりかは悔しい!と思うことのほうが今のところ多いかもしれないです(笑) Web制作のときと同じ時間をクリエイティブに使っても効果が出なければ1日でNGとか全然ありますしね!!あとは、デザイナーとしてだけではなくマーケッターとして ”文言” を考えたりコピーライティングの仕事も同時に行っていてこれは自分の中でかなり難しく、課題です。今までデザインに起こすことを専門とする仕事をしてきたので、PDCAの繰り返しをしている今はデザインとコピーライティングの脳を切り替えるのが大変で(笑) でも今までやってきたスピード感とは全然違いますし、効果が数字としてしっかり見えるのはマーケティングの面白いところだなあとは感じます。

Q.今後デザイナーを牽引していくとしたら、TAPPでどんなことがしたい?

現状はマーケティングチームとして主に自社サービスの最適化に取り組んでいますが、いつかデザイナーチームとして会社のトータルコーディネートができるまでになりたいと考えています!営業資料であったり名刺、会社HPなどを作成したり。オフィスの内装を新しくしたり新支社を開設する機会があれば、フロアのデザインを考えたり自分の経験を活かせたらなあと。TAPPでは、デザインの領域を広げてデザイナーの価値を上げていきたいです。

Q.脇川さん自身はどういった人と働きたい?

1つの業務の専門性を極めるだけでなく、誰と何が出来るかな?と新しいデザインの形を追求できる方と働きたいです!マーケティングチームに所属する上で、ディレクターやエンジニア、そしてデザイナーとそれぞれの仕事があると思うんですけど、1つのチームとして1つのマーケティングをするにあたって各部門の ”越境” を大事にしていかないといけないと思っています。各業務におけるプロフェッショナルの意見をどんどん反映しながらクリエイティブしていくことでメディアに発信した際に「らしさ」が強く出ます!互いの仕事に ”興味を持ち、“知る” ということです!

Q.TAPPで働いてみて楽しいと思うことは?

入社したばかりの時に、営業さんが「営業資料作りたいんです!」と相談してくれたのが凄く嬉しかったです。デザイナーと不動産営業マンが関わる会社って滅多にないと思っていたので、この会社は部署を越えて協力し高めあえる会社なんだなあと感じましたし、なによりWeb集客だけではなくこういったところでダイレクトに他部署のフォローができるのは素敵だなと思いました!あとは、ベンチャーならではかもしれませんが自分の提案を聞いて頂ける風潮であることですね。Web制作では「これ作ってください」とお客様から明確な依頼があるので、マーケティングのほうが自分のやりたいクリエイティブに近づけることができます!そのあと自分に跳ね返ってくる数字もありますが・・(笑) 提案に対して「やってみようか」と言ってくれるスピードも速く、そんなディレクター・マーケッターと共に働けるのは楽しいです。

Q.最後に!休みの日は何をしている?

今、自分は個人でクリエイターチームを持ってるのでみんなで自分たちの好きなクリエイティブをして楽しんでます!デザイナーって大学では自分の好きなデザインを創るんですけど、実際に働きだすと的確な依頼を受けるので自分がやりたいデザインを創れる幅がどんどん狭くなっていくのが現状なんですよね。若手デザイナーってそういったところで潰れちゃったりするので、そういった現実との釣り合いを取るために『やりたいことをやる!』といったようなチームにしています。ここでも ”越境” を大事にしていて、ファッション、ビデオ、ビジュアル、グラフィックのように様々な分野のデザイナーと協力して1つの作品を創り発信しています!

株式会社TAPP's job postings

Weekly ranking

Show other rankings