1
/
5

営業キャリアを積み、matsuriで感じたサクセスストーリーとは?

営業のキャリアが長く、matsuriでは営業関連全般を管理する取締役を担う桑嶋悠三さんにインタビューしました。

前職からの転職の動機、現在の業務はもちろんmatsuriで感じた可能性や自身の強みを生かせると感じるポイントなど根掘り葉掘り伺いました!

-前職ではどんな経験やキャリアを積んできましたか?

一番最初に働いた会社は、従業員も事業もない状態からスタートした、不動産系のスタートアップです。

そこで、営業としてはもちろんのことながら、法務、総務など全般的な知識を身につけさせてもらいました。

また、to B営業ということもあり、会社の代表者とのコネクションの作り方を学べたことが刺激的で一番大きな成長だったと思います。

その後、外資系の保険会社に移り法人と開業医に特化し営業活動を行なっておりました。

一番直近のOYO LIFEという会社では、東京での大手法人からの物件の借り上げを行い、入社して4ヶ月程度で大阪事業所の事業責任者として従事していました。

基本的には営業畑のキャリアを積んできましたが、論理的に物事を捉え、再現性を生み出せることが求められることも多く、その力が磨かれてきました。

-matsuriへ入社した経緯と決め手は?

裁量が大きいところで仕事をしたい考え、いろいろな会社の方と話をして、matsruiは入社前に5回ほど面談させていただきましたが、matsuriの経営陣とは、議論が論理的で楽しかったのが一番の印象です。

その上で、正しいことが社内で意見として通りそうとも感じました。

トップダウンでどう考えても正しいことができない、そういう経験を過去したこともありましたので、自分のやりたいことでかつ成長できる産業を作れると思いました。


-今はどんな役割と業務を担っていますか?

営業関連全般を管理する取締役です。

主に日常的にはどうトップラインを伸ばしていくか、それを私自身は当然のことながら、各部署の部長やリーダーがどう自分ごとに捉えてもらうことができるか!?

というようなことを日常的に考えてます。

-営業分野で、テクノロジーを活用することで改善した事例はどんな事例がありますか?

営業部では、マネージャークラスは少なくともGAS(Google Apps Script)は書くことができます。

GASが使えると、定型で済む業務はほぼ自動化されています、例えば物件のリクエストは予算と、エリア、滞在人数からアルゴリズムを組み、最適解を返すようになっていますし、問い合わせの転記等もGASなどを使い全て自動化されています。

自動化の活用で、単純作業とエラーを減らし、時間を生み出してます。


-どんな人と働きたいですか?

失敗を恐れずに行動できる、前向きに考え行動できる人。宿泊はまだまだ業界としても変化が起こるので、想定外のことに対応することも必要になります。

状況に応じて「どうする?」とフラットに考えることができたら、大変ですけど、達成が半端ないですもん(笑)。

matsuri technologiesでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング