1
/
5

なにをやっているのか

ispecでは、“ひとつでも多くのプロダクトで、ひとつでも多く幸せを生み出す”ことを目指して、スタートアップ企業様向けにプロダクト開発を支援し、事業をドライブする『Startup Studio事業』を展開しています。 ■Startup Studio事業 プロダクトマネジメントのサポートや、アジャイル開発による継続的なプロダクト開発、DevOpsの導入など、プロダクト開発に携わるあらゆる技術的な支援をしています。 スタートアップ企業様や新規プロダクトの開発に挑む上場企業様と合同でプロダクト開発チームを作り、C向けモバイルアプリやSaaSなど、多様なドメインのプロダクト開発を手掛けています。 社会課題やビジョンを抱く起業家とその仲間で構成される "スタートアップ" に対して、プロダクトを快適に作っていけるような仕組みと安心感を提供します。 【事例一覧】 お客様事例:https://ispec.notion.site/CASES-47725cc6be5e47cdbd9e373b57ad4839

なぜやるのか

■VISION「誰もがメンタルの問題で悩まない世の中に」 ■MISSION「テクノロジーの力でメンタルケアの文化を作る」 ispecは「メンタルの問題をなくす」という大きなビジョンを持っています。 しかしながら、メンタルヘルス領域の課題は、点だけのソリューションでは解決できません。医療機関や自治体、民間のヘルスケアアプリなど様々なソリューションを掛け合わせることで、解決に近づくことができると信じています。 ispecでは既に複数のメンタルヘルス領域の企業様と共同開発をおこなっており、点と点を繋げていく役割を担っています。進行中の案件としては、病院向けのクラウド型オンラインカルテや、特定業種向けのメンタルケアサービス、予防のための症状分析・改善提案サービスなどがあります。 わたしたちと一緒に、日本におけるメンタルヘルスケアの最前線を切り拓いていきましょう。

どうやっているのか

時には自然に囲まれて合宿をしてみたり…
創業当初からフルリモートで開発経験を積んできたispecは、遠隔コミュニケーション能力に長けたチーム!日本中どこにいる仲間ともスクラムを組める準備ができています。
ispecのカルチャー:https://ispec.notion.site/ispec-3c2416e07c43497e89670d298d6d4c60?pvs=4 ■同期の議論/遠隔オフィス「Gather」: フルリモート環境のフレキシブルなコミュニケーションや心理的安全性を保つため、遠隔オフィス「Gather」では自由度の高い過ごし方を維持しています。 遠隔オフィスは、チーム別会議や全社会議のような同期的議論の場としての活用と、ペアプロやモブプロといった共同作業の場としての活用を主軸としています。 その上で、個別で集中できる作業用デスクや、たわいもない会話や遠隔ランチを楽しむ雑談スペース、定期開催される1on1用のブースなどを完備し、今後さらに日々のコミュニケーションを豊かにする増設を予定しています。 各々のタスクの性質に合わせ居場所を選択できるため、遠隔オフィス上には半数以上のメンバーが常に滞在しています。”Gatherに行けば誰かいる!”を無理なく維持し「温度感が伝わるようちょっと声をかけたい」「急ぎで質問したい」などのシーンで役立てています。 ■非同期の議論/notionの活用: フルフレックス下の対話を充実させるため、”同期的な議論”に依存しない”非同期の議論”を実現しています。 ispecでは会議ログや共有ノートの管理、CRMやATSなどの仕組みを、notionで実装しています。 そのうちの1つである「Meeting Agenda」では、ドキュメント上でコメント機能を活用した議論が開催されています。主催者は議題や論点、背景、実施してほしいアクションなどを選択し、対象者をメンション。対象者や議題に関心を持ったメンバーは、各々のタイミングで内容を確認し、コメントを重ねていくことで、非同期の議論を実現しています。 様々なライフスタイルのメンバーが議論に参加できるよう、特定の時間に拘束されない工夫をしています。 Meeting Agendaについて詳しく知りたい方はこちら https://ispec.notion.site/66b215ac453f4b2a99362e6e8c496f0e?pvs=4 ■業務委託メンバーとの距離感: ispecは多様な契約形態とキャリアを持つメンバーが集まり、「ティール組織」の実現に向け肩書きや階層に縛られない組織運営を実行しています。 そのためか、業務委託メンバーとの関係性も、いわゆる”請負先”という温度感ではなく”社内メンバーのひとり”として接するコミュニティのような距離感が特徴的です。 また、業務委託メンバーも付与対象となる福利厚生「Github Copilot 利用支援」の提供をはじめとした契約形態を問わない仕組みやコミュニケーションの場を設けながら、参画したメンバーが親しみやすい環境を育んでいます。 ティール組織について詳しく知りたい方はこちら https://ispec.notion.site/5a027933a3db4b47a4d337feabed7e33?pvs=4 【柔軟な働き方】 ・全メンバーがフルリモートで働いています。 ・勤務時間はフレックスタイム制で仕事やプライベートに合わせて出退勤可能です。 ・ワークスペースとしてSlack、Notion、Gather、外部MTGではGoogle meetを併用しながら、メンバーがどこにいても快適に働ける環境を整えています。