Wantedlyは、月間150万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

数百年続く会社を本気で創りたい

株式会社Techouseに入る前

大学には毎日行くものの、図書館と空き教室に行く日々

自分は大学在学中にTechouseを創業をしたので、簡単に大学の思い出からお話させていただきます。

大学の頃の思い出と言えば、サークル・読書・株の3つですね。 サークルではスキーをやっており、1年に2ヶ月ほど雪山に篭っていました。

大学には毎日行っていたのですが、授業には全く出ずに図書館や生協でひたすら本を読んでいましたね。当時の早稲田理工で一番図書館に行っていた学生は自分だと言われても「まあそうでしょうね笑」ってぐらい行っていました。

また、株の取引もずっとやっていたので、この世の中にどんな企業があるのか?どういうことをしているのか?といったことをずっと調べていました。

在学中にピクスタでエンジニアリングを学び創業へ

その後は休学をして「ピクスタ株式会社」でフルタイムのエンジニアとして働いていました。

当時ピクスタのサイトはPerlで書かれていましたが、Ruby(Ruby on Rails)で全て書き換えようというプロジェクトが立ち上がり、それを一手に行っていました。

プロジェクトといっても、当時フルタイムのエンジニアは自分を含めて2名しかおらず、もう一名は保守で手一杯だったため、実質一人で行っていましたけどね汗

そこでWebサービスの作り方や考え方を学び、株式会社Techouseの創業に至りました。

株式会社Techouseについて

若くて優秀なメンバーが多い

他の会社と一番違う部分は、若くて(25歳以下)圧倒的に優秀なメンバーが多いということだと思います。

というのも弊社はJEEKというインターンのメディアを運営しており、そこから優秀なメンバーがジョインすることが多いためです。

最近だと、大学1年生からTechouseでインターンを始めて、大学を卒業してもそのまま一緒に働いてくれるメンバーが増えていることが何よりも嬉しいですね。

インターンはサッカーで言うユース

インターンの活用は日本では歴史が浅く、本当に上手く回している企業はまだまだ少ないと思います。

Techouseではインターンはサッカーで言う「ユース」の位置付けで取り組んでもらっています。

もちろんビジネスとサッカーでは育成環境は全然異なるのですが、若いうちから本気でビジネスと向き合い、成長し、Techouseの遺伝子を持った人材をたくさん育てて、もし可能ならその後も一緒にビジネスをやっていけたら最高だなと思います。

今後どういうことをしていきたいか

数百年続く会社を本気で創りたい

良い企業を定義する上でゴーイング・コンサーンであることは非常に重要であると考えています。

というのも、この世に無数にある問題を解決するためには短くても数年、長ければ数十年が必要であり、そのためには基盤となる場所が必要だと考えているためです。

上記を達成するために、 ・真に解決すべき問題を扱う事業を行う ・才能ある人材の育成 の2点が必要であると考えており、そのために今何が出来るかを考え、日々一歩一歩努力していきます。

このようにTechouseを持続的なイノベーションが起こせる場に出来るよう日々努力しておりますので、このビジョンに少しでも共感してくださる方、ちょっと興味有るかもという方がいれば是非お話しましょう!

株式会社Techouseでは一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
B7668b0a 57bb 4d4b 8d0b ac8b2e7ac621
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
7a033ccf 1552 4a4c 93a4 c22fdaa76602
Picture?height=20&width=20
9 いいね!
Anonymous
B7668b0a 57bb 4d4b 8d0b ac8b2e7ac621
Picture?height=20&width=20
Picture?height=20&width=20
7a033ccf 1552 4a4c 93a4 c22fdaa76602
Picture?height=20&width=20
9 いいね!

社員インタビュー

今日のランキング

ランキングをみる

Page top icon