1
/
5

技術にチャレンジする最高の開発合宿!!

こんにちは!テモナ株式会社 佐野です。

今日は、エンジニアチームで先日開催した開発合宿についてご紹介します。

元々テモナでは、エンジニアチームて定期的に開発合宿を行っています

(開発合宿の成り立ちについてはこちらをぜひ読んでください)

技術に貪欲なテモナのエンジニア。実業務以外の技術力も高めたい!

またテモナ社員がもっと快適に過ごせるようなものを作りたい!

そんな思いで今回の開発合宿も企画したそうです。

開発合宿初!開発合宿専用旅館での合宿!!

実は開発合宿は今回で7回目。今回の合宿先は開発合宿専用旅館でした。

プロジェクター、スクリーン、ホワイトボード、ネットワーク機器など必要設備がフル装備だったそうです。

ここからは合宿メンバーから聞いている感想とともに、ご紹介していきます。

普段フロントエンドをあまり触らないので、ハマって、午前4時まで開発してました! 台風が来たりトラブルもありましたが、みんなでご飯食べて、ゲームやって、卓球やって、 開発合宿最高!(大塚)

お昼ご飯が美味しかった。夜ご飯も美味しかった。 何より設備が最高だった。旅館にサブモニターが完備されていた。寝っ転がって開発するのに最高なクッションがあった。大きいプロジェクターでゲームもできた。 環境を変えて、技術にチャレンジするのは最高の開発合宿だった。(高橋)


ドライブして、パーキングエリアでみんなでコロッケ食べて、スリッパ卓球して、大きいお風呂に入って、良い休日でした! 普段使ってるRubyがどうやって動くのかフライングして調べていたら、楽しくて合宿の前日にほぼゴールまで行ってました。(清水)

設備が十分に整備された落ち着いた環境の中で、いつも以上に集中して作業をする事ができました。 第1回目の開発合宿から比べると参加メンバーも約2倍に増えて賑やかになり、ご飯や卓球などの時にはとても盛り上がりました。 各チームが開発した成果物のレベルも回を重ねるごとにレベルアップしていて、最後の発表会では聞いているだけでも勉強になりました。(日出)

楽しみで楽しみで前日は眠れませんでした。 朝から車出して、皆を拾ってドライブしながら開発合宿へ。 道中や休憩時間はリラックスしながら、開発しているときはガチンコ勝負で開発して 皆でチームビルディングしながら技術研鑽できて最高でした。 次の開発合宿が楽しみで仕方ありません。(中野)

旅館まで車で移動したり、豪華な料理を食べたり、みんなで卓球をしたりと少し旅行気分でした、開発自体はまとまった時間を確保することができ、数時間誰も何も話さないで開発する場面もありました。みんな集中が切れたときは持ち寄ったswitchで大画面でゲームしたり、卓球大会を開催したりとても楽しかったです。(溝上)

今回初参加で不安もありましたが、テクニカルチームの雰囲気がとても良く、開発する環境も良かったため、リラックスしつつ開発に取り組めました。 合宿終了後の皆さんの発表を見ても、多様な技術を使用していて、技術に対する関心が深まりました。 全然関係ないですが、卓球たのしかったですw(栗崎)

技術にも、卓球にも、ゲームにも。

何でも本気で取り組むテモナのエンジニアチーム。

参加メンバー全員が「楽しかった!」と笑顔で話してくれました。

実はこの開発合宿。なんと台風が来ているタイミングでの合宿で、早めに解散したそうです。

合宿の後には別日で発表会もしています。合宿でそれぞれメンバーが作った成果物を発表しています。発表会についてはまた別の機会にご紹介しますね!

募集要項も公開しています。ぜひご覧ください!



テモナ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
12 いいね!
12 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう