1
/
5

<story急上昇ランキング6位獲得>「今に真摯に向き合えば、道は開ける。」商品コントローラー宮軒 弘実の物語。

<2020年7月3日Story急上昇ランキング6位獲得!>


宮軒 弘実/Miyanoki Hiromi
2020年5月入社
商品コントローラー


なんとかなる

神戸生まれ、神戸育ち。真面目な優等生タイプの一人っ子として育ちました。しかし、思春期に入り反抗期がおとずれ、真面目さはそのままに、両親に反発する日々。高校3年生では冷却期間欲しさに交換留学プログラムで1年間タイへ。不純な動機でしたが、言葉が分からなくても、知らない人しかいなくても「なんとかなる。」と17歳で気づいたのでした。

取り柄は"真面目"

その後進学した大学では学業よりもバイトに熱中。試食販売や家電説明員など様々に経験し、営業力が磨かれました。何が取り柄かと聞かれれば「真面目」しか出てきません。事前準備をしないスタッフさんも多い中、当日販売する商品について資料は必ず目を通し、自分が納得するまで調べ尽くす徹底ぶり。おかげで結果にも繋がり、学生ながら企業様からのリピート指名も多く、頑張るほどインセンティブも入る仕事にのめり込んだのでした。

そんな環境が気に入り卒業後は家電量販店でインターネットプロバイダーの営業職に就職。持ち前の真面目スタイルと販売好きな性格が活かされ、成績も順調。でしたが、終日立ちっぱなしの仕事に身体が悲鳴を上げるようになり4年で転職。人材派遣会社でのキャリアがスタートします。


2人きりの支社立上げ

面接を担当くださったのは支社長の女性キャリアウーマン。驚くことに関西支社を立ち上げたばかりで、私が初の社員だったのです。面接でその事実を知り驚きましたが、支社長の人柄に惚れ込み、入社を決意。支社長と2人「できることはなんでもやる」精神で、自分の雇用保険や年金の手続きも自分で調べて行うことからスタートしたのでした。

人材コーディネーターとして従事する一方で、接客営業経験を活かし、派遣スタッフとして現場に出る機会も多くありました。そして2016年、神戸マラソンオフィシャルショップの店頭販売スタッフとして向かうことに。

大声を張るその男性とは

多くのランナーでごった返す中、大きな声を張り上げて販売促進に注力。すると、すぐ近くに自分と同じくらい大きな声を張り上げる若い男性を見つけます。これでも一応数々の店頭販売で実績を積み、その日も100%のスキルと気持ちで店頭に立つ私に、負けず劣らずの販売姿勢。どこの派遣スタッフさんだろう…と思っていると、後にその男性が天創堂の社長であると知ったのでした。社長と言えば、現場ではなく会社にいて、姿が見えない人。そんなイメージを持っていたので、最前線で懸命に声を出し、ランナーさんとの交流を楽しむ粕井の姿が強烈に目に映りました。以来、天創堂とマラソン大会を通したお付き合いが始まりました。


きっかけは唐突に

普段の仕事はイベントスタッフの派遣案件が多く、土日も関係ない毎日。イベント直前はドタキャン対応の人集め、当日は4時半起き、天候確認、スタッフさんの起床確認などなど。終電間際にお客様から状況確認の連絡が入ることも珍しくなく、常に携帯が鳴りっぱなりの毎日に気が休まらず、3年目にしてとうとう身体を壊してしまったのでした。

しばしの休息後、同じ会社でコーディネーターから派遣スタッフに切り替え。およそ1年が経ったころ、天創堂から事務職派遣募集の依頼が舞い込みます。「宮軒さん、いつも天創堂さんのこと楽しそうに話してるし行ってみる?」と、支社長からお声かけいただき「行きます!」と即答。仕事内容はご当地商品卸事業の受発注業務。未経験の職種でしたが、天創堂の前向きな社員の方々や、現場で一番頑張る社長の姿を見て「ここだ!」と直感したのです。


他人事は面白くない

2020年3月から派遣スタッフとして関わり、5月から正式に社員として入社。コロナショックの影響で売上激減、リモートワークの導入など入社早々予想外の連続です。ポジション的に直接売上に関わることはありませんが「わたしは事務職」と、この危機を他人事のように眺めていては面白くありません。自分も尽力することで、近い将来コロナショックの回復を一緒になって味わいたい。そんな想いで、事務業務にとどまらず、営業MTGに参加したり、新商品開拓のテレアポをしたり、新商品の実演販売に向かったりと、無我夢中の日々を過ごしています。

これがわたしの人生法則

こうして人生を振り返ると、”真面目”は私の取り柄なんだと改めて気づかされました。当たり前のことに手を抜かない。そして、当事者意識を持って取り組む。そこに「やれることはなんでもやる」というスパイスを少し効かせることで、自然と人生が積み上がってきたように思います。将来の大きな目標や野望を抱くことは苦手だけれど、目の前の役割に真摯に取り組むことで、これからの道もおのずと開けると信じています。やれることを精一杯やったなら、あとはマイペンライ。人生なんとかなる。


天創堂株式会社's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more