テラドローン、カザフスタンのUAVソリューション企業KazUAVに出資 カザフスタン国内でオイル&ガス、マイニングなどの領域でUAVソリューションを提供

テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役/徳重 徹、以下テラドローン)は、カザフスタンで主にドローンによるGISサービスを提供するKazUAVへの出資を完了し、同社はテラドローングループの一員となりました。KazUAVはGIS分野にとどまらず、オンショア・オフショアでの石油・ガス設備点検、鉱山の測量・点検、送電線点検や植生管理をはじめ、建築、農業など幅広い分野におけるサービスを提供していきます。さらに、森林火災や洪水などの災害からの復興支援にも貢献してまいります。

トップの写真は、左から、永井 悠平氏(東欧・中央アジア統括)、ディミトリ・イヴァノフ氏(カザフスタン事業開発責任者)、ガークシン・ユージェニ氏(KazUAV CEO)、ラスラン・ヴィトヴィスキ氏(KazUAV COO)、アレクサンダー・ボロヴコフ氏(KazUAV CTO)

今回テラドローンが出資したKazUAVは、2016年の設立以来、政府や国営・民間企業に対し、警備ソリューションのほか、主に道路や送電線の測位を目的としたGISサービスを提供してきました。2018年にはICAO(国際民間航空機関)の依頼で、6つの空港と空港から半径45キロ内のエリアである、およそ400万ヘクタール(東京都約20個分)のマッピングプロジェクトを実施した実績もあります。

カザフスタンにまたがるカスピ海、アラル海周辺では大量の石油が生産されています。この周辺地域には多くの石油・ガス設備があり、低コストで効率的なメンテナンスが必要とされています。さらにカザフスタンは世界第9位の国土面積を誇ることから、広大な国土の把握にもドローンの活用がさらに見込まれます。

KazUAVのCEOであるガークシン・ユージェニー氏は「テラドローングループの一員になれたことを嬉しく思う。テラドローンには、25カ国以上の国々からの最先端技術や知見が集約されている。これを生かしたサービスをカザフスタンで提供し、世界でもトップのUAVサービス大国となっていきたい。」と語りました。

テラドローンのCEOである徳重徹氏は「より幅広い分野でドローンソリューションを世界展開していきたいというビジョンにおいて、お互い強く共感することができた。KazUAVはすでにカザフスタン国内におけるリーディングカンパニーだが、これまで以上に同国内のドローン市場を引っ張っていってほしい。」と述べました。

今回の出資により、KazUAVが長期にわたり築いてきた現地でのサービスネットワーク、そしてテラドローンが所有するUTMシステム、AI技術、UT検査技術、SLAM技術など幅広い最先端技術を組み合わせることで、より付加価値の高いサービスの提供につなげてまいります.

産業用ドローンの世界事業展開に向け、各メディアから関心を寄せて頂いております。

テラドローンでは爆速な事業拡大に伴い、各ポジションで採用を積極的に行っております。空からの産業革命を実現し、日本発のメガベンチャーへの歩みにジョインしてみませんか?成長できるやりがいのある環境であなたの力を発揮してください!

・経営企画

・CFO候補

・財務ジュニアポジション

・グローバル人材

・国内営業

・長期インターン

■本件に関する問い合わせ
テラドローン株式会社
電話 : 03-6419-7193
メール: info.jp@terra-drone.co.jp
HP : http://www.terra-drone.net

テラドローン株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more