何事も”楽しい”をモットーに生きる営業マンが語る「働く上での本当の楽しさ」とは何か

こんにちは!テテマーチでインターンをしている、内藤優衣です。

今回は2018年2月にテテマーチにジョインした、営業のエースでありムードメーカーの三島さんにインタビューさせていただきました!

どんな時も存在感を発揮している三島さんにテテマーチで働くやりがいと働く上での”楽しさ”を詳しく伺っていきます!


インスタグラムのプロモーションの先駆者としてのやりがい

内藤:テテマーチでの仕事に対して、どのようなやりがいを感じますか?

三島さん:営業をやっていると多くのお客様と話をする機会があって、インスタグラムでなにかしたいというニーズが想像以上に多いことに気づいた。

たとえば、「そもそもインスタグラムがよくわからない」という段階から「インスタグラムってこんな可能性があるんだ」「インスタグラムってこんなに良いことがあるんだ」、といったところを理解してもらって、ゼロから一緒に施策を実行できるというのがやりがいに繋がってるかな。

あとは、お客様にインスタグラムマーケティングの情報を提供することで、新しい世界を見てもらうことができるのも嬉しい。

インスタグラムマーケティングは業界全体的にまだ手探りなところも多くて、だからこそ先駆者として業界を盛り上げていけるところもやりがいを感じてる。

内藤:その営業をする中でワクワクしたエピソードを教えていただきたいです。

三島さん:大きい会社と接する機会が得られることにワクワクするかな。

コンペに参加させてもらうことも多くて、例えば、ある有名な会社に4社がプレゼンした時に、その中で自分のアイデアが選ばれた時は達成感がめちゃくちゃあったね!


弊社の営業チーム。真ん中でロゴを持って笑っているのが三島さん。


一社員ではなく一経営者としての目線で働いていることがとても楽しい!

内藤:ベンチャー企業であるテテマーチだからこそ得られる楽しさを教えていただきたいです。

三島さん:ベンチャーでは、求められていることが多いから、1人でもパフォーマンスを出せない人がいると会社が上手くいかないし業務量がめちゃくちゃ多いのと責任感が大きい。

だから、任せてもらう仕事の領域が大きく、一社員ではなく一経営者としての目線で働いていることがとても楽しい。自分と一緒に会社も成長している感覚を持ててると思う。

確かに、大きな会社でも感じられないことはないけど、その場合って「会社にインパクトしてるか」って言われたらそこまで感じられないかな。

要するに、これはまだ規模が小さいベンチャーだからこそ味わえる感覚だと思う。

内藤:今、重きを置いて頑張っていることはなんですか?

三島さん:「組織づくり」かな。

なにもないベンチャーだから、仕事のルールや仕組みが整っていなくて、そこを今つくってるような感覚。

基本的に営業がものを売らなきゃ会社にお金が貯まらないし、会社が機能するために、適材適所で仕事を分担していきたいね。

内藤:三島さんが思う、営業における自分の強みはなんですか?

三島さん:「なんでもできる営業」って自分の中で自負してて、大きい会社は営業、プランナー、ディレクター、それぞれ別の担当者がいるけど、自分は提案もできるし、企画も作れるし、なんならディレクション(企画の進行)もできるから、最悪1人で全部できちゃう(笑)でもみんながいないと死んじゃうし、みんながいてくれてるから自分の強みでもある営業力を活かせるんだけどね!



‘‘楽しむ‘‘こそが成果に繋がる!

内藤:なぜそんなに営業ができるようになったんですか?

三島さん:別にできるとはまだまだ思ってないし、もっと凄い人は世の中にたくさんいるけど、やっぱり人と話すのが好きだからかな、お客様と話すの楽しい。

楽しんでやることが成果に繋がるし、仕事自体が楽しくて、休日は「早く月曜日来ないかな?」ってワクワクしてるもん(笑)

それはテテマーチ社員全員そうだろうし(多分)、仕事後によくみんなでご飯に行ったりしてて、みんなめちゃくちゃ仲いい!

内藤:テテマーチの魅力ってなんだと思いますか?

三島さん:周りから見ても楽しそうな会社であること!そこが魅力!前の会社も楽しかったけど、テテマーチはまた違う楽しさがある!

そう考えると、自分には少数精鋭が合ってたかな。

テテマーチは社員1人1人のキャラクターがはっきりしていて、それがフィットしているもん。



「楽儲け」な会社をつくる!

内藤:今後、テテマーチをどうしていきたいですか?

三島さん:社長が忘年会のとき(まだジョインしていないとき(笑))に言ってた「楽儲け(たのもうけ)」を目指して会社をつくっていきたい!!!「ラクして儲ける」じゃなくて、「楽しく儲ける」という意味!

楽しみを感じずに儲けるのも、ただ楽しいだけで儲からないのも、どっちも違う気がするからね。

内藤:そのための三島さんのビジョンはなんですか?

三島さん:みんなが楽しいって思えることを追求して、サービスとか仕組み、組織をつくっていきたい。

バラバラだとしょうがないし、みんなが目指してるビジョン、目指しているものが違かったりするとどっかで歯車が狂ってきてしまうし。

みんなが同じ方向に走っていけるようにやっていきたいし、なにをするにしてもみんなが楽しいって思える会社になるようにやっていきたいかな。

「三方よし」って言葉があるんだけど、テテマーチだけじゃなくてテテマーチのお客様と、そしてそのお客様が抱えているお客様の三方が喜んでくれたらいいよねってこと。

だから、例えばフォトコンテストをただやるんじゃなくて、お客様のその先にお客様が楽しんで参加できるような仕掛けとか仕組みをテテマーチがつくるわけ。

関わる全ての人たちが楽しめるような仕事をしないとモチベーションも続かないと思うしね。

内藤:テテマーチには、どんな人材に入社して欲しいですか?

三島さん:仕事を楽しいと思えるのが1番!興味持ったらきてください。

楽しみたいやつウォンテッド!


SNSプランナー
SNSという成長市場でキャリアを伸ばす!チャレンジしたい企画営業を募集!
ここ数年で、日本でも爆発的にユーザーを広げたInstagram(インスタグラム)。 一方で、多くの企業がまだInstagramをうまくビジネスに活用できていない状況もあります。 テテマーチは、クライアントの課題に応じてSNSを活用した納得のいく解決策を提案、実行し、それぞれの企業が抱えている課題を最適な手法で解決できるよう、複数のメディアやサービスを運営しています。 facebookを当たり前のように企業が活用しているように、Instagramの活用を、世の中のスタンダードにしていきたいと思っています。
テテマーチ株式会社



アウトサイドセールス
あなたの発想が社会を変える!SNSで課題解決したいセールスWANTED!
全員が主役!元大手企業のプロたちが集まった少数精鋭チーム! SNSのビジネス活用を得意とし、大好きなSNSで社会に価値を生み出しています。 また、それだけではなく、以下のように様々なプロモーションやソリューションをも行っています。 ①インスタアンテナ http://insta-antenna.com/ ・2015年9月から運用開始し、月間35万PVを誇るインスタグラムを使うすべての方のためのメディア。 →インスタグラムの最新機能の使い方から、ビジネス活用の事例からわかる様々なノウハウなど、どんな企業でもインスタグラムにおける疑問を解決できる記事をご提供しています。 ②CAMPiN(キャンピン) http://camp-in.jp ・インスタグラムのキャンペーン製作・管理ツール。アパレルやブライダルというような華やかな業界もメインクライアント →ファンとの交流を通してブランディングや認知拡大による新規顧客開拓、リピート率の向上に役立ちます。 ③P-conne(ピーコネ) http://tetemarche.co.jp/p-conne/ ・100大学、500サークル、15,000名以上のネットワーク有する、若年層へのダイレクトアプローチが可能なプロモーションサービス。 →強力なネットワークにより、リアルに繋がりの強い近親者への高い訴求力が期待できます。 ④Picruise(ピクルーズ) http://tetemarche.co.jp/picruise/ ・【旅人×Instagram】という全く新しい企業プロモーションを行うサービス。 ・総勢5,000名以上の旅人ネットワークから旅先での自然なコンテンツ制作を企画。 →旅人に対してのサンプリングや長期旅行者に対するスポンサーなど様々なプロモーションの企画をご提案します。
テテマーチ株式会社


テテマーチ株式会社's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings