1
/
5

TORIHADA1人目のエンジニアが、TORIHADAで叶えたい未来とは?

今回はTORIHADA初となるエンジニアの鈴木巌さんにオンラインでお話を聞きました!


鈴木巌(すずき・いわお)
新卒で日立ソリューションズに入社、起業などを経て、TORIHADAにジョイン。
新規事業開発チームでエンジニアとして活躍中。
趣味はサッカーとお酒を飲むこと。

※撮影時のみマスクを外しています。

ーTORIHADA入社までの経歴を教えてください。
明治大学でコンピュータサイエンスを学んだのち、日立ソリューションズに入社し、5年半ほど働いていました。

27歳のときに、立て続けに3社ほど会社を設立、仲間と共同創業してそのうち1社では7年ほどCTOをやっていました。

創業当初は、フィーチャーフォン、いわゆるガラケーの時代だったので、ガラケー向けのアプリやサービスの開発を主にしていましたね。その後、35歳でフリーランスになり、様々な事業に携わらせていただくようになりました。

ここ数年は、開発だけでなく、マネジメントも学びたいと思い、企業に所属をさせていただいています。


ーTORIHADA入社の決め手はなんでしたか?
2年ほど前に共通の友人に大社社長を紹介してもらったんです。

ちょうど大社社長が社内でのサービス開発を本格化したいと考えていたタイミングでもあり、非常に話が盛り上がったのを覚えています。

私が言うのもなんですが、相思相愛な印象でした(笑)

大社社長との出会いを機に、当時ワークしていたTalknote株式会社を退職し、TORIHADA入社を決めました。


ーベンチャーへの転職且つ初のエンジニア採用での入社ですが懸念はなかったですか?
新しいチャレンジだと思うので、一生懸命頑張りたいという気持ちの方が強かったです。

これまで様々な環境で働いてきましたが、”1人目のエンジニア”というのは初めてなのでチャレンジングな環境だなと思っています。


また、”1人目のエンジニア”としてゼロから作り上げていくというのは大変ではありますが、エンジニアとしてすごくワクワクするものがあります。


ー入社以来、どのような業務をされてきましたか?
入社時に何の開発をするかは決まってなかったんです。

なので社長と取締役COOの若井さんが持っていたアイディアを基に議論を重ねて、社内のセールスチーム向けのツールとしてPPP STUDIO所属のクリエイターさんのアナリティクスシステムを開発しました。

現状はクリエイターさんの最新のフォロワー数を確認出来たり、ジャンル毎にリストアップできる仕様になっています。

基本的にアジャイル型開発で進めていて、運用しながら開発していくという考え方なので今は現場のセールスメンバーと常に連携をとりながら改善していくというフェーズですね。

※アジャイル型開発…仕様や設計の変更が当然あるという前提に立ち、初めから厳密な仕様は決めず、おおよその仕様だけで細かいイテレーション(反復)開発を開始し、小単位での「実装→テスト実行」を繰り返し、徐々に開発を進めていく手法のこと。


※撮影時のみマスクを外しています。


ーTORIHADAとして初のエンジニアとして、やってみたいことはありますか?
所属クリエイターのみなさんの、生産性がより向上できるように、そのサポートがシステム開発で達成できたらなと思っています。

まだ明確なアイディアは固まっていないんですけど、クリエイターさんにすぐにヒアリングできる環境もあるのでしっかり声を吸い上げて、彼らの業務効率化や課題解決できるものを作れたらいいなとぼんやりと考えています。

例えばSNSと連携して動画を簡単に投稿するアプリであったり、クライアント様と案件をマッチングするサービスだったりとかですかね。

あと個人的にはより生活密着型のサービスを作りたいです。
自分が方向音痴なのもあってガラケー時代にガラケーでGoogleマップが見れるアプリを開発をした経験があるので、日常で不便を感じている部分を改善できるサービスを開発していきたいですね。


ー新規事業を進めているとのことですが、どういう風に進めているんですか?
ローンチ前なので事業内容はお話出来ないんですが…これまでのTORIHADAがイタリア料理屋だとしたらいきなり和食を作り始めるような感じで会社に材料(人員・機器などのモノ・資金)やノウハウが潤沢ではないので、コネクションを活かして仲間を集めて走り出している感じです。

現在社長も含めメンバー5名で、週2でオンライン会議をしています。私以外のメンバーはディレクター寄りの方たちで開発上の知見もあるので、それぞれの意見を聞きつつフレームワークに当てはめて進めています。

コンウェイの法則というのがあって、作るものにチームの特徴が出てくるので組織がよくないと良い成果物も出せないんです。

※コンウェイの法則とはシステムを設計する組織は、その構造をそっくりまねた構造の設計を生み出してしまうというコンピューター科学者のメルヴィン・コンウェイが提唱した法則。

そういった意味でいうとすごく優秀なメンバーが揃っていますし、いい雰囲気で開発を進められていると思います。


※撮影時のみマスクを外しています。


ーどういう方にエンジニアとしてTORIHADAに入ってきてほしいですか?
ポジティブに楽観的に仕事が出来る人がいいですね。

悲観的になってしまうとどうしてもいいものを作れないんです。楽しく作るじゃないですけど、バグを起こしたときなどに落ち込んでしまうのではなく、それをポジティブに捉えて向き合える方がいいですね。

新規事業をやりたいというエンジニアさんは多いので、ゼロベースで企画から参画して開発を進めていくというフェーズのTORIHADAはそういう方にとっては最適なのかなと思います。

あとは指示を受けて手を動かすのではなくて、自分で創造したり、課題を見つけて解決をするという建設的な動きをしてくれる方が入って来てくれると嬉しいですね。

エンジニアが多く所属している会社だと、エンジニアが開発をする環境が機器含め整っていますがTORIHADAは今から構築していくので、そのスタートアップ感を一緒に楽しめる人、環境や制度設計から一緒に作っていくことが面白いと思える人と一緒に働きたいです。

鈴木さんありがとうございました!

株式会社TORIHADAでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう