トランスリミット、インターン生に聞いてみよう!

今回は、インターンを経て2016年春入社の内定が決定している相原くんに
お話しを聞いてみました。

★インターンしてみようと思ったきっかけは何ですか?
Meetupイベントで代表の高場さんと出会いお話を聞く機会がありました。
そこで期限よりクオリティを重視して一発必中で作っており
かつ成功しているという、ものづくりをする人にとっての理想を
現実で叶えていることを知り、
率直にどうやったらそのようなことが出来るのか気になって仕方ありませんでした。
実際にその環境で作ってみたいという気持ちがあったところに、
お誘いを受けたのも相まってインターンを始めることにしました。

★もともと学校/個人でどんな勉強をしていましたか?
大学ではコンピューターサイエンスを専攻しており、
2年の春から別の会社でカジュアルゲーム開発のインターンを
1年半ほどしていました。

★実際にトランスリミットで働いてみた印象はどうですか?
1日1日の中身が濃いのがとても印象的です。
ほぼ全員がエンジニア、デザイナーなので
ブラッシュアップしていくスピードが速く、
仕様の部分だけでなくコードを理解した上で話し合うので
作業中にミスマッチが起きることがないです。

★衝撃的だったことなどありますか?
昼前に代表が外出したと思ったら会社用にWiiUの本体とソフトを
買って帰ってきたことです(笑)

★トランスリミットで得たこと、学んだことは何ですか?
技術的なことはもちろん山ほどあるのですが一番学んでいるのは働くということ、
そのものです。
トランスリミットはまだ企業として日も浅く人数も多くはありません。
しかし逆に言うと多くのことが見通せるフェーズであり人や時間の重要性が
身に染みてわかります。
プロダクトの開発に没頭するのはもちろんですが企画部分やチーム、スケジュール、
ひいては会社のことも含めてものづくりであり、
全てを意識して働くのがプロだと実感させられます。

★将来の夢は何ですか?
ものづくりに際限はないのでとにかく世界の人が熱狂、感動、喜ぶ
より良いものを作り続けるしかないです。
まずは自分がすごいと感じ嫉妬しているものを抜かすのが目標です!

★インターンに挑戦してみたい学生に一言お願いします!
上記のような働き方を経験してみたい方は是非トランスリミットインターンに
応募して欲しいです。
自分からモックアップを作ってGOサインを受ければ実際にコンテンツに
取り入れることもありますし、そのチャンスはインターンにもあります。
そういう主体的に動くことが出来る人を認め、評価する環境があるので我こそは!
という方は一緒にものづくりをしましょう!

以上、トランスリミットでエンジニアインターンを経て内定者となった
相原くんのインタビューでした。

相原くんのようにエンジニアとしての経験・知識を得てみたい方!
お待ちしております!
▶▶▶ https://www.wantedly.com/projects/31590

5df7868b df25 4c3c b5c0 02aac6f4cf1c

Page top icon