ビジネスにおいて圧倒的な実力を身に付けたい

創業期からトリコでマーケインターンとして働いている川島くんにインタビュー。理系で旅行好きの大学生がなぜトリコで働くようになったのか、トリコで働くことの面白さを語っていただきました。

プロフィール

マーケティング 川島侑生(通称:かわたん)

東京理科大学理工学部に所属する4年生。2019年からトリコでインターンを始める。メディア運営を経て現在マーケティング業務に従事。

刺激がある世界を求めて

- まずはトリコでインターンをやろうと思った背景を教えてください。

トリコの創業メンバーである伊藤(伊藤くれは/CO-Founder)と古くからの知り合いで、ふとした拍子に興味あるか聞かれたのがきっかけです。

元々、大学生活で何かチャレンジをしたいと日々感じていて、そんな中で伊藤が同い年なのにビジネスで色んなチャレンジをしているのを見て単純に羨ましいなと。仕事ってなんとなく辛かったり、楽しくなかったりするイメージがあったんですけど、なんかめちゃくちゃ楽しそうに仕事の話ばっかりするので、その世界を見てみたいなと思って決めました。

というか、そもそも一回入りたいって言ったら「募集してないから」って言われて断られたんですけどね笑 数ヶ月後にインターンを募集してるのを見て、絶対やらせて欲しい!って言って入りました。


- 他にもインターンを募集してるところはあると思いますが他の会社をみたりしなかったんですか?

伊藤の存在は大きかったんですが、もちろん他社も見てみました。でもやっぱりメンバーの平均年齢もめちゃくちゃ若いし、フラットな組織でゴリゴリビジネスを進めていっている部分が魅力的なだと。カスタマイズサプリ「FUJIMI」についてもめちゃくちゃ便利だなと思っていたのでプロダクトの部分についても抵抗は全くなかったです。

全然話が変わるんですけど、僕、旅行がめっちゃ好きでバイト代は旅行代に全部つぎこむくらい好きなんです。その中でも国内旅行より海外旅行が好きで、なんでかなって考えた時に刺激が全然違うなと。全然知らない文化や食べ物、人や景色など予想しなかったものがあることがすごく好きなんです。

なので、トリコでなら刺激のある毎日を過ごせるんじゃないかって思えたのが大きかったんだと思います。

ビジネスにおいて圧倒的な実力を身に付けたい

- 実際トリコでの日々は刺激的ですか?

めちゃくちゃ刺激的です!特にマーケティング周りを任せてもらえるようになってから特に刺激的です。元々数字を見るのが好きだったのに加えて、そもそものマーケティングの考え方だったり、細田さん(COO)がどう考えているかを教えてもらいながらやっている中で毎日自分がめちゃくちゃ成長しているのを感じます。

正直、お金もらって楽しくてスキルアップしてこんな良い環境あるのかと思ってます笑

仕事に関してもオンライン広告全般を任せてもらっているのですが、インターン生にこんな権限与えるの?ってくらい任せてもらっています。しかも、ただ言われたことをやるっていうことが無くて、まずはしっかり自分で考えるようにしてもらっているので仕事終わってからも家でずっと悩んでたりするんですが、その分毎日の仕事がめちゃくちゃ楽しいです。家でもずっとGoogleAnalyticsの数字見ながら一喜一憂してます笑


- 今度トリコで働く中でどうなりたいですか?

もっともっと1人のマーケターとして圧倒的なスキルを身に付けてFUJIMIを成長させていきたいです。身近に同年代で優秀な人がたくさんいるので負けないように自分の成長角度をもっと上げていきたいです。

そう考えると、トリコ入社前は会社の愚痴を言ってるツイートなんかをみて漠然とそうなりたくないと思っていたのがかなり明確な目標ができた気がします。伊藤を見ていても焦りしかないので負けないように頑張ります!


- 最後にどんな人とトリコで働きたいか教えてください

素直で向上心のある人と一緒に働きたいです。僕が言うのもなんですがトリコもサービスの「FUJIMI」もまだまだ発展途上なのでインターンだからといって遠慮せずにゴリゴリ変えていくくらい勢いのある人と働きたいです。お待ちしています!

トリコ株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more