《TRINIAS INTERNSHIP》20卒内定者懇親会の運営をインターン生が行いました!

遡ること3月20日、グループ会社である株式会社LULL20卒内定者懇親会を開催しました!
20名を超える20卒内定者の中から、有志6名がインターン生として3ヶ月間オフィスに通いました。

そして、自分たちの代の懇親会をインターン生がホストとなって企画や運営をするという他にはない体験をしましたのでその様子をお伝えします!

はじめに

今回の懇親会の目的は?

①同期との関係構築「同期を知る」
②学生から社会人への意識のスイッチを切り替える

テーマも考えました!

仲間愛」~笑いあえる人が見つかりました~

\ 春から社会に出るぞ!/

期待の中にある不安をぶつけ合うことができて、これから一緒に笑いあえる仲間を見つけよう!という意味を込めました。


準備期間のはなし

1月からインターンが始まり、約1ヵ月経った頃から徐々に懇親会の企画が進んでいきました。懇親会のプログラムやインターン生として発表すること、親交を深めるゲームなど白紙状態からの企画だったので、何から決めていけばいいのか分からずあたふた…。インターン担当をしてくださった社員の方からヒントをいただいて、導いてもらいながら形にしていきました。


準備期間の後半は、グループLT(インターン生としてオフィスに通って業務を経験したうえで学んだことや感じたことをグループごとに発表する)の準備が主でした。通常の業務は個人でできるタスクが多く、シフトもバラバラだったので、インターン生だけで話し合いをすることに最初は緊張…。みんな手探り状態でした。


懇親会当日のはなし

内定者全員参加はできませんでしたが、20数名のうち14名が参加しました!受付、司会進行、写真撮影など全てインターン生が挑戦!司会進行は場を盛り上げるために、声のトーンやボリュームも考えて何度も練習しました。



プログラムはまず、LULLの代表も務めている細井専務によるミニセミナーから。「40年後、どのように過ごしたいか」を考え、その目標を達成するためのステップを学びました。

人生のステップは将来やりたいことのために、「やるべきこと」→「できること」→「やりたいこと」というように進めていく。今、何のために仕事や勉強をしているのかということを常に考え、何年経ってもその気持ちを忘れないことで「やりたいこと」を達成できるようになる。


濃厚なお話を聞けて、仕事に対するモチベーションが高まりました!



続いて、私たちインターン生によるLT。2チームに分かれて3ヶ月間のインターンを通して学んだことや入社前にみんなに伝えておきたいオフィスの雰囲気、ベンチャー企業と大手企業との差などを発表しました。



LT後には細井専務よりフィードバックをいただきました。印象に残ったことは「緊張の数だけ成長できる」という言葉です。緊張する機会が多いということはそれだけ成長できるチャンスがあるということ。実際、発表はものすごく緊張しました(笑)でも、緊張≒成長。きっとみんな少し成長したはずです!

続いて、アイスブレイクとして「しりとり自己紹介ゲーム」を行いました!


💡しりとり自己紹介とは…
名前の一番最後の文字を使って自己紹介をしていくゲーム。
例)すずきたろう→「う」の場合…海が大好きな、たなかはなこ です→「こ」の場合…高校生の頃にピアノコンクールで全国1位になったことがあります、〇〇です


どのチームも盛り上がっていました!

その後、グループワークへ。課題は「図書館に行きたくなるようなコピーを考える」。ある程度設定は用意されていたのですが、ペルソナ設定や本のメリットを考えること、図書館は何が優れているのかなど、考えることがたくさんあり難しかったです。

☝ポストイットを使いながら話し合い



最終的にグループで話し合ったものをスライドにまとめて発表をしました。個性的なコピーが飛び出して発表も面白かったです!また、自分のグループが思いつかなかったことなどを発見できて勉強にもなりました。



その後は総括があり、懇親会は終了~!

昨今流行している新型コロナウイルスの影響でみんなで飲食などはできませんでしたが、とても身になる良い懇親会になったと思います!入社前に同期や社員の方とコミュニケーションをとることで、不安が少しとれたような気がします。これからこの仲間たちと、切磋琢磨していきます!

株式会社トリニアス's job postings
42 Likes
42 Likes

Weekly ranking

Show other rankings