【Startup Aquarium】「本人確認」市場をつくり続けるTRUSTDOCKメンバーによる事前レポート

こんにちは! 

TRUSTDOCK・セールスマネージャーの高橋です。


今日はTRUSTDOCKも参加するStartup Aquariumの事前レポートをお送りします。私もイベントでTRUSTDOCKに出会って転職を決めたので、イベント参加はとても楽しみにしています。

参加するメンバーは代表の千葉、CTOの荘野、COOの菊池、取締役の肥後です。勢揃いですね。一番高いテンションのときの私たちはこちらです。

TRUSTDOCKはElevator Pitchにミニパネル(職種別パネル)、職種別交流ラウンジに個別スピード面談に参加します。どこかに行けば必ずTRUSTDOCKがいる状態です。それぞれのメンバーに意気込みを聞いていきます。まずは代表の千葉にTRUSTDOCKがStartup Aquariumに参加する理由から聞いてみます。

「スタートアップ観」が近い仲間に会える場が、Startup Aquariumである

千葉:今回は高橋さんがレポーターなんですね(笑)。

高橋:肥後さんのバトンを受け継ぎました(笑)。Coral Capitalが主催するキャリアイベントの参加は今回で2回目と、全社で力を入れていますよね。どんな理由があるのでしょうか?

千葉:参加者の方と私たちスタートアップで生きる人間との間の、意識のずれが少ないんですよ。「スタートアップ観」があるとしたら、そういった根本の考え方が近い方に多く出会えるのがこのStartup Aquariumなんです。

高橋:「スタートアップ観」が近いとはどういった点から感じますか?

千葉:例えばStartup Aquariumは『「転職イベント」ではありません』とイベントページの冒頭で明言しています。だから「いい会社に入社する」というよりも、共感した価値やビジョンを一緒につくる仲間を探している参加者の方が多いのでしょう。

高橋:「日本最大のスタートアップキャリアイベント」と打ち出している点からも、自分でキャリアを構築しようとする意志の強い方を引きつけそうです。

千葉:主催社のCoral Capital(コーラルキャピタル)は、スタートアップでのキャリアの実情について積極的に発信しています。「スタートアップにジョインする前に考えるべきこと」ではキャリアアップの加速(Career)、企業文化(Culture)、報酬(Compensation)の観点から自分に合うスタートアップの選び方を解説していました。こういった記事でスタートアップの現実を情報収集している方とは、意気投合しやすいんです。会場で話せるのがとても楽しみです。

代表の千葉から「本人確認」市場の最前線を、Elevator Pitchでお伝えします

高橋:Elevator Pitchの担当も千葉さんですね。意気込みをどうぞ!スピーチ中の写真も公開しちゃいましょう。


千葉:動きのある写真をよく見つけてきましたね(笑)。TRUSTDOCKは日本で唯一のe-KYCサービス企業なので、「本人確認」市場で積むキャリアはどうなるのか、これからの市場の可能性についてもお話しできればと思います。

高橋:最近も「eKYC[ホ][チ]のWEB版を5月より提供開始」のプレスリリースを出しましたね。マイナンバーカード読み取りによる、公的個人認証を用いたeKYC「ワ」も4月から提供開始することができました。

千葉:これで目視いらずで、わずか数分で犯収法準拠の本人確認が完了するようになりました。こういったTRUSTDOCKがつくっている価値についても触れたいですね。

高橋:本人確認の市場も状況の変化がめまぐるしいので、最新情報もお伝えしたいですね。

千葉:当日に何かニュースが飛び込んでくる可能性があるので、アドリブが多くなりそうです!

セールスマネージャーの高橋が、「スタートアップ・セールス職」の内実をミニパネル(職種別パネル)で語る

千葉:レポーターを交代して、ミニパネル(職種別パネル)に出る高橋さんに話を聞いてみますか。

高橋:一人語りになるところでした(笑)。「ハードシングスも包み隠さず話していい」と言われているので、大企業からスタートアップに転職して感じる変化などを中心に話そうと思います。

千葉:高橋さんは新卒で大手クレジットカード会社、その後に建設系ベンチャー企業に転職して、TRUSTDOCKに来ましたね。どんな変化がありましたか?

高橋:ここで話したらネタバレになっちゃいます!

千葉:そっか、聞くの難しいですね(笑)。

高橋:私はセールスとして入社しましたが、経営や事業企画といった他の仕事もしたいと思って転職したんですよね。実際に千葉さんのプレゼンの一部を私がすることも増えて、任せてもらえる幅が増えたことも話したいですね。

千葉:「セールスのキャリアを軸に会社を支えるNo.2のポジションに成長したい」と面接のときにはなしていましたよね。

高橋:懐かしいですね。セールスのキャリアが未来のキャリアにどうつながっていくかもお伝えします。あとは、一緒に登壇する方の話がとても楽しみなんですよ。

千葉:豪華メンバーですよね。souco 執行役員の桑田さん、Zehitomo Senior VP of Salesの下村さんです。モデレーターにHolmesの営業責任者の松尾さんが参加されるから、化学反応も起きそうですね。うまく回してくれそうです。

高橋:それぞれ違う経験をして今の仕事に就いているので、「スタートアップと一括りにできない」多様性も見えてきそうですよね。その中でも共通点が見つかれば、それがスタートアップで働くことの魅力であるはずです。パネルでお会いしましょう!


一対一でお話しできます。職種別交流ラウンジと個別スピード面談でお会いしましょう!

TRUSTDOCKは参加者の方と一対一でお会いできる機会も設けています。職種別交流ラウンジではCEOの千葉とCTOの荘野、セールスの高橋がいます。一言もらいますか。

千葉:Elevator Pitchの感想を聞かせてください!いきなり話しかけていただいてOKです。「本人確認」は私たちが生活者としても影響をうける領域ですから、身近な視点からのディスカッションも大歓迎です。深い技術の話は荘野へどうぞ!

荘野:投げましたね(笑)。私はTRUSTDOCKを社会インフラにしたいと考えています。本人確認の問題は金融業界だけでなく人材業界やエンタメ業界といった幅広い業界に点在しています。「社会インフラになるプロダクトをつくる」ことに興味がある方がいらっしゃれば、ぜひお話ししましょう。

高橋:個別スピード面談にはCOOの菊池と取締役の肥後がいます。

肥後:TRUSTDOCKは「チームで決めて、納得感のあるプロダクトをつくる」組織文化があります。こういったTRUSTDOCKの文化もお伝えできたらうれしいですね。「こんな環境で働きたい!」といった思いもぜひ聞かせてください。

菊池:私は営業支援・プロダクト開発内容の策定・オペレーション関連の顧客折衝・海外事業・海外技術調査等と、何でも屋状態になっています。そんな幅広い業務を通じて会社やプロダクトに貢献するキャリアに興味がある方がいれば、ぜひお話ししましょう。

高橋:TRUSTDOCKの個別スピード面談の枠が埋まりつつあるようですね。

菊池:ほんとですね!イベント申し込み後に、個別面談を希望できるサイトのご案内がありますので、該当サイト内でTRUSTDOCKを見つけていただき、肥後か私にリクエストいただければと思います!

編集後紀

以上でTRUSTDOCKのStartup Aquariumの事前レポートを締めたいと思います。

スタートアップは「自分たちの意志で市場を開拓し、社会に貢献できる」ポジションです。ぜひ私たちと一緒に「本人確認」というどの業界にもある課題を解決する社会インフラをつくりましょう。

お会いできることを楽しみにしております。

【TRUSTDOCKのメンバーインタビューはこちら】


エンジニア

◆チームで決めて、納得感のあるプロダクトを作る~TRUSTDOCKのチーム文化~
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/175303?source=related_posts

◆プロダクトマネージャーの最大の役割は「何をつくるか」〜プロダクトオーナー 、事業責任者へとキャリアップしていく経験、環境とは何か〜
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/206829

◆「TRUSTDOCKを社会インフラにしたい」~新CTO・荘野が語るプロダクトファーストへの思い~
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/182837

◆TRUSTDOCKはプロダクトファーストな考えが根付く少数精鋭チーム~女性エンジニアから見た社内は「プロダクトの成長」に時間を割いていた~
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/171710

セールス

◆出会った瞬間、衝撃が走ったKYCサービス、TRUSTDOCKの未来に惚れた。~大手金融、ベンチャーを経て私がTRUSTDOCKに入社した理由~
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/185053

グローバル

◆TRUSTDOCKは世界スタートアップだ「本人確認」という世界の社会問題の解決を目指している
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/203412

株式会社TRUSTDOCK's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more