1
/
5

なにをやっているのか

「UMWELT」は、AIの部品(アルゴリズム)やシステムを動かす基盤インフラです。
「HRBEST」は、複雑なシフト作成をAIが作成するシフト作成のSaasです。
【AIでヒト・モノの最適化を叶える名古屋大学発ベンチャー】 トライエッティングではビッグデータの解析を行い、主に以下のようなAI搭載型システムの企画・開発・運営・販売をしています。 ■UMWELT(ウムベルト) https://www.tryeting.jp/umwelt/ UMWELTはお客様のデータをサーバーレスで、様々なアルゴリズムと学習処理を混在させて処理できる基盤プラットフォームです。インフラの設計・構築期間が削減されるため、コストも抑えられます。元のシステムを維持したまま「知能化」できる点もUMWELTの強みです。 UMWELTをベースに以下プロダクトも展開しています。 ・シフト自動作成AI・HRBEST(ハーベスト) https://lp.hrbest.jp/?_ga=2.41376994.1196509621.1676433143-761548732.1676433143 「HRBEST」は、複雑なシフト作成をAIが作成するシフト作成のSaasです。従来は難しかった機能の自動化を実現しています。急な欠勤による再計算、パート・アルバイト・正社員の多様な働き方までも考慮したシフト作成が可能です。 【導入事例:https://www.tryeting.jp/case/】 ・オルビス様 既存の社内システムでは実現できなかった、精度の高い需要予測・在庫管理をノーコードで実現。今後は新商品の予測やマーケティングへの活用もUMWELTの力を発揮させていく予定。 https://www.tryeting.jp/column/2689/ ・豊田合成様 材料技術に関わる分野である「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」(機械学習やデータマイニングを材料分野へ応用し、新材料や代替材料を効率的に探索する取り組み)に取り組みをすべく、高分子材料の開発の方向性を絞り込むためのデータ解析や先行開発にUMWELTを活用。 https://www.tryeting.jp/case/2060/

なぜやるのか

CEO兼CRO(Chief Research Officer)の長江です。2016年、機械学習応用WEBアプリケーション開発を目的として、株式会社トライエッティングを設立しました。
大手企業から中小企業まで様々な業界のお客様に当社サービス、製品をご利用いただいています。
【起業のきっかけは病気を予測するデバイス・システム・サービスを作りたいという思い】 CEOの長江が子供時代に祖母の他界を経験したことにより、病気の予測はできないかと模索したことが全ての始まりでした。半導体物理を学び機械学習の技術を身に付け、この2つを掛け合わせた「自分にしか作れない病気を予測するセンサーを創りたい」と思うようになりました。その足掛かりとして、仲間を募りトライエッティングを設立したのです。 創業ストーリー:https://www.wantedly.com/companies/tryeting/post_articles/101907 【社名や企業理念に込められた思い】 まず、トライエッティングという社名はCTOの竹島の“Keep TRYING to make something new which doesn't exist YET!(未だ存在しないものをつくるものづくりにトライし続けよう)”が由来です。この“TRYING”と“YET”からTRYETINGが生まれました。 次にこの言葉をもう少しコンパクトに、そして私たちのものづくりへのスタンスを簡潔に表せる言葉はないかと、COOの菅沼が考えた言葉が“Creating The Future of Tomorrow, Today!(明日のものづくりを、今日しよう)”です。「今日の社会になくて、明日の社会には当然のようにありふれていて、みんながそれがない世界を想像できないようなものづくりを、今日発想して創ろう」そんな思いが込められています。 【今後の展望:サービスを通じて高齢化社会の課題解決に向き合う】 ノーコード予測AIの「UMWELT」をはじめとした自社AI×SaaSプロダクト「HRBEST」などを中心にサプライチェーンの自動化を促進し、中期的には少子高齢化による「労働力の確保」また生産性を改善による「企業様の売上・利益向上と国全体の税収の底上げ」をしたいと考えています。 長期的には、「UMWELT」を母体として、病気を発症してからではなく発症する前に予測することができるAI医療サービスを開発・提供し、高額な医療負担を削減できるような世の中を目指しています。

どうやっているのか

名大OBをはじめ、公務員出身者やAI業界以外から入社したメンバーなど、総勢25名ほどの組織に成長しました。
東山線新栄町駅 から徒歩4分の立地です。
【個性豊か&多様な経歴の社員が活躍】 CEO兼CROの長江は名大博士課程を進みスタンフォード大学で客員研究員を経たエンジニア経営者、COO菅沼は語学堪能な哲学者、CTO竹島はC#好きのシステムエンジニア。他にも大企業のエンジニア、元公務員、外国籍エンジニア等様々なスタッフが活躍しています。 【働く環境を大切に】 創業当初から「プライベートと仕事のバランスをしっかりと取れる会社にしていきたい」という思いがあり、所定労働時間を通常の会社より短い7時間に定めることでその思いを表しています。休みについても、現在は週休2日制ですが、いずれは週休3日制にすることも検討しています。また、約7割の社員が週5日リモートで勤務しており、柔軟な働き方を選択しています。プライベートを優先する社風は、会社の魅力の一つでもあります。 制度とカルチャーについてはコチラをご覧ください。 https://note.com/tryeting_pr/m/m9c8b58a8af05 ※オフィス内は全面禁煙(オフィス外に喫煙所あり) 【表彰歴/ニュース】 2017年11月CNBベンチャー大賞で中部経済産業局長賞受賞 2018年3月NOBUNAGA21ニュービジネスプラン助成金で最優秀賞受賞 2019年8月約3億円の資金調達※10月にも追加の資金調達 2019年12月Plug and Play Japanのアクセラレーションプログラムに採択 2020年1月三井物産とサプライチェーン最適化の共同実証実験開始 2020年8月「Microsoft for Startups」に採択 2020年12月東急ステイ&リゾーツとシフト自動作成の共同実証実験開始 2021年3月東急不動産ホールディングスと業務提携並びに総額3.5億円の資金調達 2021年8月ウェザーニューズと連携し高精度天気データAPIに対応 2022年11月パーソルテンプスタッフがシフト自動作成ツール「HRBEST」を導入