1
/
5

トライエッティング2周年 & 3期目突入!この1年のトライエッティングの動きをまとめてみた

トライエッティング COOの菅沼です。

つい先日、、トライエッティングの2周年記念パーティーを社内で開催しました。2016年6月6日の設立以来、会社としても私としても、トライエッティングを通して多くの貴重な体験をさせて頂きました。

今回は設立2周年ということで、この1年で起きたことをまとめてみました。

2017年8月|人財管理AI「HRBEST(ハーベスト)」を公開

入社時に「高い成績を有する可能性順」に応募者を並び変えることを可能にする人財管理AI「HRBEST(ハーベスト)」を公開。トライエッティングが大々的にSaaSプロダクトを公開したのはHRBESTが初。このHRBESTを皮切りに、SaaSプロジェクトが次々と立ち上げられました。

2017年10月|プレシリーズAラウンドの資金調達

(記事:Nagoya Startup News「【名大発VB】SaaS型AIスタートアップのトライエッティングがタイガーアンドビヨンドなどから総額1.2億円の資金調達を実施」)

タイガーアンドビヨンド株式会社様をはじめとするVCおよび個人エンジェルらから資金調達を行いました。この資金調達以来、開発も採用も急スピードで進んできました。

2017年12月|Tongali人材 × ITベンチャー Meetup で長江&菅沼が登壇

ワンダープラネット社、i-plug社、framgia社と東海5大学の起業家支援プロジェクト「Tongali」のコラボイベントにて、長江CEOと私菅沼が登壇しました。この時のイベントをきっかけに、現在のインターン生が複数名ジョインすることになりました。

2018年2月|旧本山オフィスから現伏見オフィスに移転

名古屋大学の近くにあった本山オフィスを、現在のオフィスに移転しました。このタイミングでプレオープンしていた在庫・生産管理AI「STOCK STREAMS (ストックストリームズ)」と共に中部経済新聞様に取材をして頂きました。

2018年2月後半|業界大手ABEJA社とABEJA PlatformのAI Professional Partnerとして事業連携

(写真:ABEJA主催の人工知能カンファレンス「SIX2018」で登壇した際の長江CEO)

ABEJA社の開発するAIの継続的なインテグレーションに必要なパイプラインを包括的に提供するAIプラットフォーム「ABEJA Platform」のAI Professional Partnerとして事業連携を行いました。

2018年3月|NOBUNAGA21ビジネスプランコンテストにて「STOCK STREAMS」が最優秀賞を受賞

ベンチャー支援ネットワークNOBUNAGA21の「ニュービジネスプラン助成金」において、在庫・生産管理AI「STOCK STREAMS (ストックストリームズ)」が最優秀賞を受賞しました。

2018年4月前半|日本最大の人工知能の専門展「AI・人工知能 EXPO」に出展

AI技術・サービスを提供する企業・研究機関が東京ビッグサイトに多数集結する日本最大級の人工知能の専門展示会「AI・人工知能 EXPO」に出展。出版社の方や同じ業界の企業様ともお話する機会が多々あり、改めてAI領域の市場の可能性が実感できるイベントとなりました。

2018年4月後半|トライエッティングインターンチームが本格始動

インターン生が続々と集まってきたことをきっかけに、インターンチームを本格的に作り始めました。名古屋市内の大学生・大学院生を中心に、開発とビジネスの両面でインターン生がサポートしてくれるようになりました。

2018年5月|日経 xTECH 人工知能サミット2018 にて長江CEOが登壇

日経BP社主催の人工知能サミットにて、「大企業ではなく20代AI企業がパートナーに選ばれる3つの理由」というテーマで業界の若手著名人とともに長江CEOが登壇する機会を頂きました。

そして2018年6月、3期目に突入

紆余曲折を経ながらもスタートアップを継続することができ、3期目に無事入ることができたことは、普段よりお世話になっている投資家の方々やクライアント様、そしてスタッフのみなさんの奮闘のおかげです。

引き続きWantedlyやSNSを通して社内の様子を発信していきますので、みなさんどうぞお付き合い頂ければ幸いです。

それでは最後に。トライエッティング 2周年を記念して、かんぱ〜い!

株式会社トライエッティングでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング