Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

1965年の創業時は、小さなランドセル工房だった土屋鞄製造所。今では、製品の企画から販売まで一貫して、ものづくりに取り組んでいます。昔も今も、「丈夫で美しくシンプルなランドセルづくり」を大切に。子どもたちの6年間にしっかり寄り添うランドセルをつくり続けています。また、子どもたちの心の中に、愛された記憶が残ることを願って、人生で一度きりのランドセル選びのお手伝いもしています。 2000年ごろからは、大人向け革製品の製造も開始。日本の感性と職人による丁寧な仕立てを大切に。10年以上愛される定番アイテムから季節の限定品まで、良質な革素材を生かしたオリジナルの革鞄・革小物を展開しています。 ▽ 土屋鞄のランドセルサイト https://www.tsuchiya-randoseru.jp ▽ 大人向け革製品サイト https://www.tsuchiya-kaban.jp また、世代を超えてメイドインジャパンの技術をつないでいくことも、土屋鞄製造所の信条。「ものづくりが好き」という若手のエネルギーも、「ずっと、これだけをやってきた」という熟練のまっすぐなパワーも大切にしながら、日々製品を製造しています。

なぜやるのか

メイドインジャパンを世界中の人に伝えたい。 職人の仕事の価値や、ものの良さ、想いを広く知ってもらうため、最新のデジタルシステムを取り入れた販促活動や製品管理に取り組むなど、時代の先を見据えながら、常に新しいチャレンジを続けています。 「ものづくりの志」を胸に、日本を代表する鞄のブランドへ。ものづくりを通して、お客さまの暮らしに寄り添いながら、「世界に通じるブランド」を目指しています。

どうやっているのか

製品の企画から、製造・販売・アフターケアまで、すべて一貫して、ものづくりに取り組んでいます。完成の「そのさき」を考えたものづくりが、土屋鞄の原点。各部門のスタッフが同じ想いを持って製品をつくり、お客さまへお届けしています。 ● 考える人(製品企画/デザイン/素材選定) お客さまが何を求めているのか、その声に耳を傾け、形にする製品を企画します。企画内容をもとに、鞄デザイナーがデザイン画を作成。デザインに適した素材を選定し、仕入れます。 ● つくる人(製品製造・生産管理) 材料の調達から製造、検品、納品までを実施。「更新されていくものづくり」を大切に。もっと良いものを、もっと良い方法でつくることを、いつも考えています。製品の強度や金具の耐久性も日々研究しています。 ● 伝える人(WEBサイトなどの制作/店舗設計) 土屋鞄の世界観を表現しながら、製品の魅力を国内外へしっかりと伝えたい。そのため、WEBサイトなどは自社で制作しています。実店舗でも、「土屋鞄らしさ」が感じられる空間づくりを徹底。 ▽ Instagram  https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/ https://www.instagram.com/tsuchiya_kaban ▽ Twitter  https://twitter.com/tsuchiya_kaban ● 接する人(店舗販売/カスタマーサポート/アフターサービス) “おもてなし”の心で接客。お客様サポート係では、問い合わせに迅速に対応する体制を整え、修理も承っています。製品を長く愛用していただけることは、私たちの喜びのひとつです。 <工房 > 東京(足立区西新井)と長野(軽井沢)に計3か所構える工房には、ランドセル・大人向け製品の担当をあわせて、約200名の職人が在籍。20代の若手から70代のベテランまで、老若男女の職人たちがものづくりに励んでいます。 < 店舗 > 工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店12店舗(国内11、台北1)、ランドセル専門店10店舗、あわせて24店舗を構えています。ランドセル専門店の「童具店」は、木材やレンガを使用した落ち着きのある空間。職人のものづくりを感じられる展示やイベントも実施しています。