UXデザイナーの僕が、共創できる仲間と出会って今思うこと

個性豊かなツクルバメンバーのこれまでのストーリーや想いを紐解く「ツクルバメンバーズ!」。今回は、新規事業『KOU』のデザインを担当している中田成人に話をききました。

大学でブランディングとUXデザインを学んだ後2社で経験を積み、現在はツクルバの新サービスをゼロからデザインしている中田。デザイナーとしてのこれまでと、これからツクルバでやりたいことについて語ってもらいました!

ストーリーを伝える「デザイン」に打ち込んだ研究室時代

もともとプロダクトデザイン、特にカーデザインに興味があってデザイナーを目指していたのですが、何かモノをデザインする時には、単に立体のデザインだけでなく、その意図を相手に伝えるためのストーリーや魅せ方が大事だと思っていました。なので、大学ではプロダクトデザインコースに在籍しながら、情報デザインコースの授業も履修し、人の体験を軸にするデザインの分野、UXデザインについて学んでいました。

そこから所属したUXデザインを専門とする研究室では学外のプロジェクトが多く、スタートアップから大手企業まで幅広くコラボさせてもらったのが大きな経験になりました。箱根にあるホテルのリブランディングプロジェクトや大手電気機器メーカーのCM提案もしましたし、デザイン事務所のように沢山のデザイン案件が来るような研究室だったので、ロゴの提案だったりインターフェイスのリニューアルだったり…研究とか勉強ももちろんしていたけど、若手フリーランスのデザイナーみたいな感じで結構何でもやらせてもらってましたね(笑)

また、デザインと言っても、美大だとアートに近い表現で美の追求をしていくのに対して、僕がいた工業系の大学では理系的なアプローチでデザインを突き詰めていくんです。ユーザー調査で集めたデータを分析してユーザーの体験をストーリーとして設計し、そこからいかにアウトプットとして落とし込むのか、ということを研究していました。

そういったプロジェクトや研究、また自分達が作ったプロダクトを展示販売する国内外の展示会を通して、全体のストーリーを考えてユーザーにどう届けるかというのが、どんどん楽しくなっていったんです。


▲研究室での一枚。デザイナーとしての道はここからスタート。

サービスをゼロから一人でつくり上げる経験を積んだ前職

1社目に入った広告会社では、CMを軸にしながら媒体問わず色々なジャンルのアウトプットを作る部署でアシスタントプロダクトマネージャーとして良い経験をさせてもらいました。しばらくフリーで仕事をしようと思っていたところ、研究室時代に仕事をさせていただいた社長から「新しく立ち上げたサービスのUIの相談に乗ってもらえないか?」と声がかかってアドバイスをしていたのですが、そのプロジェクトが案外大きくて、結局そのサービスのブランドマネージャーとして入社することになったんです。

そこにはもともとデザイナーがおらず、サービスのリブランディングとUIの大幅な改修を一手に引き受けることになったのですが、僕もその頃は今よりも経験不足で、アプリを丸ごと受け持つのなんて初めてだったので、不安でした…(笑) でも、自分でやるしかない!という状況だったので、アプリの基礎的な部分から全部勉強し直したり、ロゴを新しく作ってサービスの世界観をどう伝えるかを考えたり、海外の会社との開発のディレクションやプロジェクトマネジメントをしたりと、本当に幅広く勉強させてもらいました。さらにその経験は、今に繋がっているなと思います。

そして、そのサービスのリブランディングやUIの改修が一通り落ち着いたタイミングで、もっと成長できる場所に行きたいなと思い、転職を考え始めました。

一緒に仕事をしたい、と思えるツクルバメンバーとの出会い

▲代表の中村と。

転職サイトや知人からの紹介を通じて色々な会社に行って話をしていて、面白い会社は沢山あったのですが、その中ではダントツでツクルバが好きでした。

僕が転職先に求めていたのは、主に2つのポイントでした。企業理念がしっかりしていて共感できるものであること、そして社員がそこに対してモチベーションを高く持っていること。そんな中で会ったツクルバの人はみんな、今後どうしていきたいか、今どんな課題感を持っているのか、想いと論理的な部分どちらも熱く語っていて、話していて楽しかったんです。こんな人達と仕事したら絶対楽しい、切磋琢磨して成長し合える仲間がここにいるんだな、ということに気づかされました。

ただ僕、実はツクルバを一回断っているんです。それは、以前から夢だったカーデザイナーになるチャンスが同じタイミングで舞い込んできたから。これからの自動車は、街づくりの根本や人の生活に大変革を起こせると確信していたのもあって、このチャンスは逃せないと、非常に悩んだ上でツクルバにお断りの連絡をしたんです。しかしその後、代表の中村と改めて一対一で話す機会をいただいて。自動車会社の選考を続けつつ、中村とは定期的に会い、近況報告をし合うみたいな期間が続きました。

すごくありがたいことに、中村はずっと一緒に仕事をしたいと言ってくれていて、会う度にこういうプロジェクトが今あって、これを一緒にやりたいんだよ!って話してくれて。毎回本当に嬉しくて、人だけで選んでいたら何も迷うことはなかったしとっくに結論は出ていたんですが、それでも決めきれない自分がいました。そこでまさかなのですが、ツクルバでも似たような自動車プロジェクトの構想があるという話を聞いて、僕が一緒に仕事したかった人と僕がやりたい仕事ができるなんて夢のようだな、もう断る理由はないなと思い、遂に入社を決意しました。

仲間と共に、社会を根底から変えるサービスをつくる

結果的に僕は、中村との最後の面談でツクルバからのオファーを受けたのですが、そこで現在携わっている新規事業、コミュニティコインのアプリ「KOU」の原型の話が持ち上がったんです。

“お金”というものに対して、ストックではなくフローに価値付け、もう一度信用をお金じゃなくて人に取り戻したいというようなことをその時中村は話していたのですが、実は僕が前職で作っていた試作段階のサービスで近いことをやろうとしていたので、すぐに共感したんです。

▲コミュニティコインのアプリ、「KOU」。スマホで簡単にコミュニティを作って、オリジナルのコインを仲間と一緒にやりとりできるサービスです。仲間に感謝の気持ちを伝える時、「いいね」でも「お金」でもない新たなツールとしてご利用いただけます。

入社当初こそ、そもそもやりたかった自動車のプロジェクトではないものに携わることになった困惑はあったのですが、現状把握や中村との仕事のやり方への理解が進んでいくにつれ、仕事がどんどん楽しくなっていきました。

ゼロから自力でサービスを作っていくという状況は、自分でもびっくりするほど2社目の時と似ているのですが、中村の「この世界観を目指したいからそのステップとして今の段階がある、それに対して一緒にどうしていこうか」というスタンスが自分にとってやりやすく、今はとても楽しいです。それに加えて、周りにデザイナーが沢山いて、壁にぶつかったらすぐに周りに意見を求めることができる、意見を聞かずともフィードバックをくれるという環境が嬉しいですね。もともとはデザインチームに配属されてその中でみんなで一緒に一つのものを作っていくのだろうと思っていたので、想像していたのとは全く違う形なのですが、結果的には転職しようと思った時に求めていた環境は得られていると感じています。

今では、クリエイティブの一部やSNS領域をサポートしてくれる仲間も増えて、みんなで「どうしていこうか」「それ実現できたら絶対楽しいね」って話しながら作っていくのが最高に楽しいですね。自分達が楽しいっていう想いはユーザーにも伝わるので、それをKOUではSNSを通して積極的に発信していますし、スタートアップ感ならではの生の声をどんどん届けています。

僕は、将来的にはユーザーに提供する「体験」を全体としてデザインディレクションできるような存在になりたいと思っています。そのためにまずKOUを成功させたいのですが、その成功がどこにあるのかは日々悩み続けているところです。もしかしたら、みなさんが慣れ親しんだ「お金」よりも、時には目の前の人の「ありがとう」の方が価値があるんですよ、というのをどれだけ伝えられるかだと思っています。でも、あまりにも根強い資本主義と両立するような形で感謝経済を浸透させていくには、時間がとてもかかりますよね。だから、もしかしたら自分達が生きている間に完全な「成功」があるのではなく、今作っているものがベースとなり、次の世代、そのまた次の世代で初めて本領発揮されるという後世への遺産のようなものなのかもしれないと、中村とは話していたこともあります。

だからKOUは、まるで「おもちゃ」のように、自由に遊んで使ってもらいたいんです。「ありがとう」に乗せて、自分達が作った「おかね」を送り合うだけで、時には取り引きって成立してしまうのかもしれない、そんな気付きのきっかけになってくれればいいなと思っています。なので、基本的にKOUの体験はシンプルで気持ちよく、あまり雑多なものを置かないように心がけています。

▲KOUに携わるメンバーたちと。みんなでものづくりをする楽しさを感じています。

未知の可能性を持つ、ツクルバという組織

この記事を読んでくださっている方の中には、働く場所として、ツクルバを検討されている方もいらっしゃるかもしれません。もし、興味を持っているなら、まずはツクルバの人にぜひ会ってみてください!

僕も面談に来る前からこの会社のことは知っていたのですが、不動産業界とか、自分の馴染みのない領域を主軸にしている企業なので、マッチするか想像がつきませんでした。でも、会ってみると、ツクルバって夢で溢れている会社なんだなと知りました。今はこれをやっていて、だけどその先何が起きるかはまだ全くわからない、未知の可能性を持っていて、、そんな夢を共有できる仲間が揃っているんです。だからこの人たちと仕事をしていれば、絶対にやりたいことのきっかけは掴める。そんな確信を得られると思います。会えばきっと、外から見ているよりもずっと、ツクルバのことが好きになると思います!このインタビューが、未来の仲間に届くと嬉しいです!


★過去のツクルバメンバーズ!記事はこちらからご覧いただけます。

株式会社ツクルバ's job postings
27 Likes
27 Likes

Weekly ranking

Show other rankings