「会社も私も成長して、社会とより良い相互関係を構築したい」#この度ツクルバに入社しました

ツクルバでは、ユニークで多様なバックグラウンドを持つ、多彩なメンバー続々と仲間入りしています。「#この度ツクルバに入社しました」シリーズでは、 そんなNew Memberそれぞれのストーリーを紹介し、社内外に発信していきます!
今回は、2019年2月に1人目の広報担当として加わった高橋をご紹介します。

高橋春香(たかはし はるか)
1984年生まれ。大学卒業後は化粧品メーカー、サプリメントメーカーにて広報、マーケティング、コミュニティマネージャーを経験。コミュニティを主宰するなかで、人と人とが交差し、関係性構築の大切さに気づき、ツクルバが提案する〝コミュニティ経営〟を主軸とした企業方針に共感。2019年2月、広報として入社。

なぜツクルバに?

広報活動をしていて、今まで以上にお客様との信頼の構築に重要性を感じ、女性のためのコミュニティを発足し、月に1度のイベントやオンラインでの交流で活動。そのコミュニティを運営していく中で、会社や家族以外のサードプレイスである「コミュニティ」の重要性に気づき、「コミュニティ経営」を提唱しているツクルバの経営方針や事業内容に共感し、入社に至りました。
また、ツクルバの社員は代表筆頭に、強い意志がありながら、いつもナチュラルで、一緒に前進していけそうな雰囲気を感じました。
ツクルバの皆とだったら今後一緒に良い仕事が出来そうだ、という自分なりにピンときた部分もあったので、ツクルバの「人」という価値に惹かれたのも入社した理由の一つです。

ツクルバでのミッションは?

広報として、私が今1番実践すべきことは「 社内事業全体に〝ツクルバ〟という串刺しを強くして、社会における企業価値を高めること」であると考えています。各サービスの事業活動から、「発明酒場フィーバー」のようにツクルバの経営指針を広めるようなイベント、また代表が登壇するイベントまで、幅広く事前告知〜アウトプットすべき事項が沢山があると思います。
そのため、まずは現状の情報を「整理・共有・構築」をしていきたいと思います。
具体的なの仕事内容としては、下記であると考えています。
●整理:会社・サービス情報を汲み取って整理
●共有:上記を社員全員が使いやすい情報として共有
●構築:長期の経営方針に沿うよう、露出プランの構築
まず上記を実施することで、総合的な露出量の向上を目指しつつ、「ツクルバ」として串刺しされた情報での認知度向上、そして共感から信頼に繋がるメッセージの露出により企業価値を高めていく事が当面の目標です。

名刺に描いた、あなたの「発明したい場」は?

ツクルバから企業としてのメッセージやブランド情報をきちんと発信していきたい。
そして発信するだけではなく、必要であったり大切な情報はきちんと取り込んでいきたい。
そして、会社も私も成長して社会とより良い相互関係を構築したいという思いでこのデザインにしました。


※ツクルバでは、「発明したい場」をテーマに名刺裏面のイラストを各々が描いており、個性豊かなメンバーのそれぞれの想いが垣間見えるものになっています。
ツクルバのメンバーと名刺交換した際は、ぜひ裏面にも注目してみてください!

\私たちと一緒に働きませんか?/
募集中の職種やお仕事の詳細はそれぞれの募集記事をご覧ください!


株式会社ツクルバ's job postings
Anonymous
840d9fb5 3425 4f7a 8de4 632dc39d67fb?1532152406
9d6a7ee3 7a67 4685 abe3 ee2ec41162fa?1522116647
74c4436a ed3a 4335 9392 f649855c07f3?1517374369
Ae7a98c3 bebc 4679 9d07 2ed7b6f6172a?1549239210
C4d850ba d24f 4003 bbe1 311b644703bf?1556087239
8 Likes
Anonymous
840d9fb5 3425 4f7a 8de4 632dc39d67fb?1532152406
9d6a7ee3 7a67 4685 abe3 ee2ec41162fa?1522116647
74c4436a ed3a 4335 9392 f649855c07f3?1517374369
Ae7a98c3 bebc 4679 9d07 2ed7b6f6172a?1549239210
C4d850ba d24f 4003 bbe1 311b644703bf?1556087239
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon