1
/
5

ノマドがネットワークしてコラボするコミュニティ。チームツクルバをご紹介

ツクルバというチームは、事業プロデュース、広告クリエイティブ、不動産流通、空間設計、メディア運営、編集、コミュニティマネジメント、イベントプランニング、飲食オペレーション、そしてIT領域のエンジニアリングに至るまで、多様な職能のメンバーで構成されています。それぞれが自分の「色」を持ちながら、所属を超えて混ざり合い、「新たな色」を生み出す共創型ワークスタイルを実践しています。


ツクルバにとって会社とは、「場の発明を通じて、欲しい未来をつくる」というミッションを共有しているコミュニティそのものであり、社員とはそのコミュニティの文化を共に生み出すメンバーなのです。(http://tsukuruba.com/about/#team)”


建築・不動産・テクノロジーを融合させて、新しいスタンダードとなる場の発明に挑んでいるチームツクルバ。今回、そのツクルバは一体どんなチーム体制でサービスを展開しているのかをご紹介します。

サービスの紹介

まず、チーム体制についてご紹介する前に、サービスのご紹介を。

■ツクルバのサービス


  • あらゆる人のチャレンジのそばに。多様なチャレンジが集まる会員制シェアードワークプレイス「co-ba」
  • 暮らしのそばに、心ふるえるパーティを。パーティクリエイションサービス「hacocoro」
  • 誰かに自慢したくなる。そんな食との出会いを届けるnomad restaurant「goody」
  • 既存の枠組みを超え、場の在り方を総合的にデザインする「tsukuruba design」
  • リノベーション住宅の魅力を伝え、「一点もの」の住まいとの出会いを提供する。リノベーション住宅特化のオンラインマーケット「cowcamo」

2016年10月現在、ツクルバは5つのサービスを展開しています。チーム体制は、概ねこのサービスごとに分かれていますが、完全に分かれているのではなく、それぞれが混じり合いながら共創してサービス運営にあたっています。

ツクルバのチーム体制

■ツクルバのチーム


  • co-baチーム (コーバチーム)
    • co-ba shibuya (コミュニティマネジメント)
    • co-ba network (企画・プロデュース・管理)
  • hacocoro / goodyチーム (アプトチーム ※グループ会社アプトでの運営)
    • Operation (パーティ運営)
    • Planning (パーティ企画)
    • Food (企画・料理)
  • tsukuruba designチーム (デザインチーム)
    • Residence (住宅デザイン)
    • Commecial Facility (商業施設デザイン)
    • Office (オフィスデザイン)
    • Development (不動産企画・リーシング・プロパティマネジメント・その他)
  • cowcamoチーム (カウカモチーム)
    • Agent (不動産仲介)
    • Planning (企画・Web運用)
    • Contents (コンテンツ制作)
  • tsukuruba technologyチーム (テックチーム)
    • Front-end Development (フロントエンド開発)
    • Back-end / Native-App Development (バックエンド/ネイティブアプリ開発)
    • Design (デザイン・アートディレクション)
  • corporateチーム (コーポチーム)
    • General (総務)
    • Acoounting (経理)
    • HR / PR (人事 / 広報)
    • Legal / Other (法務 / 経営企画・情報システム・その他)

あくまで概念上は、上記のような6つのチーム体制で、それぞれのチームの中で専門性ごとに分かれていますが、厳密に分かれているわけではなく、兼務していたり、チームを横断するプロジェクトがあったりして、それぞれの専門性は持ちつつも、それぞれの専門性を互いに理解して混じり合いながらサービスを運営しています。


イメージとしては、「ナレッジコミュニティが状況に応じてチームを結成する」ような体制です。

■ツクルバコミュニティ


プロジェクトチームは、各メンバーのアイディア・提案ベースで目的ごとに結成され、例えばcowcamoの不動産仲介オペレーション強化プロジェクトは、cwcコミュニティのエージェントはもちろんのこと、連携を図るためにコンテンツ制作メンバーや、システムをつくるためにtechコミュニティからバックエンドエンジニアが参画して進めます。

また、他のメンバーもSlack(ツクルバ社内で利用しているコミュニケーションWebサービス)上で内容を把握し、参画することが可能ですし、必要なタイミングで適宜招集されたりします。

社内コミュニケーションツール「Slack」:業務用のチャンネルの他、雑談的なチャンネルも多数ある

別の例では、corpコミュニティの総務は、ツクルバの環境デザインを担う位置づけで、人事は組織デザインを担う位置づけで、社内外で様々なイベント・ワークショップを行いますが、corpコミュニティメンバーだけでなく、目的によって、場のデザインのプロ集団であるdesignコミュニティメンバーや、日々イベントを企画・運営しているco-baコミュニティメンバー、パーティ運営のプロ集団であるaptコミュニティメンバーも参画してプロジェクトを進めます。

他にも無数のプロジェクトが日々発生し、ツクルバ内で動いており、メンバーは互いに混じり合い、刺激を受け合いながら新しい価値、場の発明に挑んでいます。

■ツクルバのプロジェクト例

  • ドエル青山一棟リノベーションプロジェクト「GMD」
    design(dev/office) / tech(front-end/design) / corp(PR) / co-ba(shibuya)
  • 理想の住まいデザインプロジェクト「tsukurucamo」
    cowcamo(agent/contents/planning) / design(dev/residence)
  • 会計オペレーション改善プロジェクト 「ACTImprove」
    corp(accounting/other) / tech(back-end)
  • 創立5周年イベントプロジェクト「GOENKAI(五縁会)」
    All team
  • ...etc

チームツクルバの方針

ツクルバのミッション「場の発明を通じて欲しい未来をつくる」を実現するためには、発明を生むための様々な実験が必要です。この実験を繰り返し、発明と呼ばれるものまで高めていくにあたって、階層や知見の壁は邪魔になります。
このため、ツクルバは、できるだけ分業せず、階層化もさせず、フラットな関係を保つ方針でチーム体制をつくっています。

そんなチームツクルバを、とあるベテラン編集者の方がみて言った一言が、とてもツクルバを上手く表していたので紹介したいと思います。

■チームツクルバとは?

「ノマドがネットワークしてコラボするコミュニティ」
そのベテラン編集者の方はツクルバをこう表現しました。

  • ノマドとは?
    それぞれ色のある自律したプロフェッショナルであり、会社問わず、基本的にどこでもパフォーマンスを発揮することができる個人
  • ネットワークするとは?
    無数の繋がりをもった個人が、互いがよいと思う価値、文化を中心に繋がること
  • コラボするとは?
    それぞれの色をもつ個人が、互いの多様性を認め、リスペクトしあい、影響しあい、互いに混じりながら、それぞれの強みを持ちよって、誰かにとって本当に価値あるものを追求し、それをサービスやプロダクトとしてつくり、世に届けること
  • コミュニティとは?
    時代の文脈を共有し、大いなる目的のもとに互いがよいと思う価値、文化を中心に繋がり、それを更新し続ける組織体

私なりに考えたそれぞれの言葉の意味を補足してみました。

今のチーム体制も完全なものとは考えていません。(そもそもまだまだ人が足りないですし!)新たなサービスが生まれればまた変わるでしょうし、規模や外部環境によっても変わるでしょう。しかし、多様な才能を融合し、スピード感のある実験をして、時代に合わせて自らを変化させるコミュニティであるという軸は変わりません。

そして社会的課題に対して壮大な挑戦をする。ツクルバはそれぞれのチームがそんなコミュニティの集合体でありたいと考えています。

ツクルバの2020年ビジョン:運営サービスのユーザーたちもひとつの生態系の中のコミュニティの一員として表現している

もっと話を聞きたいと思ったら?

個々のチームの詳しい体制やそれって効率どうなの?など、もっと話をを聞きたいと思った方は、ぜひツクルバオフィスに遊びに来て頂ければと思います。定期的に社内外でMeetupイベントや、勉強会のようなイベントも開催しています。

■現在の開催予定イベント

上にもちょっと漏らしましたが、ツクルバコミュニティのチーム体制を盤石なものにするためにはまだまだ人が足りません!各チーム積極採用中です!

■ツクルバコミュニティ(tsukuruba group)の募集

チームツクルバを形づくるメンバーのインタビューも続々更新・掲載していますのでぜひご覧ください!

http://tsukuruba.com/interview/

株式会社ツクルバ's job postings
33 Likes
33 Likes

Weekly ranking

Show other rankings