tyottoという会社と、教育業界の面白さを知ってもらうために発信しようと決めた

教育系ベンチャーであるtyottoにジョインして早3ヶ月。今日、ちょっと大きめの発表をしました。



1.1億の資金調達。それ相応の覚悟を持ってぼくも取り組んで行かなくてはと気を引き締めてなおしています。プロダクトに全額投資して、「教育で世界をちょっとよくする」を体現していく。

実は明光ネットワークジャパンさんとの提携については2つ目のリリース。そのときの社長のメッセージに全てが詰まっている(はず)。



教育にデザインの力で踏み込む

この数ヶ月、ぼくは運営する塾のパンフレットやウェブサイト、自社サービスであるプロダクトのデザインをしている。軸は教育、それ以外は必要と感じたことを愚直にやるだけ。具体的にやったことはTwitterや後々のnoteでも書いていこうと思うのでそっちを見てくださいまし。



知ったような口を利くには早いとは重々承知ですが、「教育業界、まだまだデザイナーとして踏みこめることばかりだ」と強く感じています。

tyottoでなら、この社長の元でなら、大きなことができる。ただそのためにはデザイナーが(もちろんそれ以外の人も)足らない。だからこそ、ぼくにできることは発信だと思い立ちました。

教育×デザインという自身の関心ど真ん中で日々働いているものの、制作に寄ってしまっていると反省している部分があります。作るだけでなく、その過程や考えまで赤裸々に出していきたい。そしてtyotto、もっといえば教育業界に興味を持ってくれる人を少しでも増やしていきたい。まじでこの業界面白いぞ!!!

何か始めるにも、これは良い機会だってことで。

資金調達。なかなか人生で味わえるものでないし、何か始めるにもこれは良い機会だってことで。

教育とデザイン、自分の関心ごとを交差させて働くことができている自身の経験・考えをちゃんと発信していく。tyottoに入ろうと思ったきっかけなどぼく自身のこと、いわゆるEd-techベンチャーで生きるデザイナーの活動記録、いろいろ書いていきます。日報や日記に近いのかもしれない。

だから今日は宣言だけ。明日からいろいろ書く、ほんとだよ。

---

資金調達もして、より一層プロダクトに向き合うことができます。まだまだ生まれたてのサービスもあります。

デザイナーとして、エンジニアとして、塾講師として。「教育で世界をよくする」というビジョンに共感してくれ、一緒に作り上げてくれる人を募集しています、ぜひ!

株式会社tyotto's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more