なんでも屋だった僕が、Webアナリストになるまでの1年。

こんにちは!採用担当の中野です。

今回は、若手かつ中途入社一年目にして、早くも頼れる存在となっているアナリストの菊池にインタビューをします。

キャリアや年齢に関係なく、成長の機会をつかめるUNCOVER TRUTHの風土をお伝えできれば嬉しいです。

--UNCOVER TRUTHに入社したきっかけを教えてください。

菊池:新卒で入った前職は旅行業界専門のデジタルマーケティング会社で、Webサイト運用から分析、コンサルティング、コーディングまで幅広い業務をこなしていました。業務は多岐に富み学ぶことは多かったものの、携わった分析業務をもっと重点的に磨きたいという想いが徐々に強くなり、1年目でありながら転職を考え始めました。

その時に選んだのが、いろいろな業務にあたる中でも特に楽しいと思えた分析の道です。数字を根拠としてロジカルに物事を考え、それを施策に反映させてビジネスに繋げられるところが好きなんですよね。

分析を本気でやろうと思う人にとって、UNCOVER TRUTHは小川さんがいる時点で選択肢に入ってくると思います。ただ、入社の決め手は面接の雰囲気が良かったことです。

自分の場合は居心地の良さが仕事のパフォーマンスにも直結するので、圧倒的にフランクな感じで心が決まりました(笑)。

スキルセットやキャリアプランの質問に終始する企業が多い中で、UNCOVER TRUTHは日常生活や学生時代のことにも興味をもち、人となりを知ろうとしてくれているんだなあというのが伝わってきました。



--そのイメージは入社後も変わっていないですか?

菊池:変わってないですね。業務自体はシビアな局面も多いので、逆にこの雰囲気がなかったら大変だったかもしれません。

入社当時は最年少でしたが、業務に関しては年齢に関係なく尊重してくれる組織だなということも感じましたし、フランクといっても現場の教育体制はしっかりしていると思います。


--入社から一年経ちましたが、どんな変化がありましたか?

菊池:もともと縁の下の力持ち的な役割が好きで「前に出るのは好きじゃないけど、周囲に影響を与える存在ではありたい」というタイプなので、独り立ちして業務を回せるようになりたいと思って頑張ってきました。入社した頃はほとんど何もできないような状態だったのが、一年経った今、独り立ちと言えるところまで来たんじゃないかなと思います。

自分で仮説を立て、案件ごとに深掘りをして分析の方向性とメニューを考えたり、途中で軌道修正が必要な場合の判断もできるようになりました。この変化はやっぱり指導してくれた仁藤さんのおかげですね。入社してからしばらくは作成した分析レポートに丁寧に赤ペンでチェックを入れてくれるんですが、だんだん赤を入れる量が減ってきたのを感じます。あの時の学びは今も活きていて、仁藤さんには本当に感謝しています!



--ここまで来るには菊池さん自身の努力も必要だったと思います。

菊池:案件ごとに毎回、指摘されたポイントや気づきをノートにまとめていました。他のアナリストが担当した案件をいつでも見られる環境なので、どういう分析をしてどういう風にまとめればいいのか、参考にする資料は豊富にあります。

人と案件の分だけナレッジがあるので、アナリストとしてはかなりありがたく、成長しやすい環境です。

アナリストの方なら誰もが経験することだとは思いますが、全然示唆が得られなかったり、施策の本数が全然足りなかったりと行き詰ることもあります。分析はいくらでもやりようがある分、閉じこもって考え始めちゃうと苦しいので、そういう意味でも他の人のナレッジをいつでも参照できる環境はありがたいですね。


--この先挑戦したいことはありますか?

菊池:CVRを上げるだけではなく、お客様のWebサイトのパートナーとして見ていただけるような仕事をしていきたいです。

実際に、分析したデータや弊社の知見をサイトのリニューアルに活かすために任せてもらえるような案件も少しずつ出てきました。一個人としては、将来的に企業のWebマーケティング施策全般に携われる存在になりたいと考えています。その一手が今は分析という感じですが、分析も奥が深いのでまだまだ学んでいきたいですね。そんなビジョンをもちつつ、日々の業務でお客様から分析について質問されたり「助かりました」と言っていただけたり、小さなことがモチベーションにつながっています。


--回している案件の量も多いですよね。

菊池:UNCOVER TRUTHは手を挙げればやらせてもらえる環境なので、チャンスがあればできるだけ多くの案件に挑戦してみたいと思っています。自分のキャパ以上の案件を安請け合いするのはもちろんよくないですが「何とかなる」をモットーにここまでやってきて、何とかなっています。

自分なりの業務の進め方のポイントは、最初にのめり込んで業務全体の8割くらいまでを一気に進めちゃうことです。分析はどうしても集中する時間が必要なので、結局、他のことをシャットアウトしてそういう時間を確保するのが一番効率がいいんじゃないかなと思っています。



--新しいメンバーにとって身近な存在になるであろう菊池さんから、
UNCOVERTRUTHに入ろうかなと思ってくれている人へのメッセージをお願いします。

菊池:自分が面接で感じたように、まず人となりを受け入れてくれる風土があります。仕事をのびのびできる環境ですし、挑戦したい、学びたいという人に対しては機会を与えてくれる会社です。

その分、やりたいことをもって、アグレッシブにビジネスの成果を掴みに行くぞという気持ちで来てくれると、きっと活躍できると思います。

--ありがとうございました!


UNCOVER TRUTHでは、これから"Webアナリスト"を目指したいといった方の挑戦も受け入れられる環境があります。

少しでもご興味を持っていただきましたら、「話をきいてみたい」から気軽にコンタクトを頂けますと嬉しいです。

カジュアルな情報交換をしながら、UNCOVER TRUTHでできることをお話させて頂ければと思っています。

ご連絡お待ちしております!

≪Webアナリスト関連記事≫




株式会社 UNCOVER TRUTH's job postings
Anonymous
6e269fd2 4cf4 4aa3 8bc6 8ebe9ac883ff?1516854792
D94687e2 a5be 4878 89f7 ab2d9d2e86d7?1530754991
Users%2f3906220%2favatars%2f9cf03d09 6a3c 4851 ac6b fba26c9a516a
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
19 Likes
Anonymous
6e269fd2 4cf4 4aa3 8bc6 8ebe9ac883ff?1516854792
D94687e2 a5be 4878 89f7 ab2d9d2e86d7?1530754991
Users%2f3906220%2favatars%2f9cf03d09 6a3c 4851 ac6b fba26c9a516a
Picture?height=40&width=40
Picture?height=40&width=40
19 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon