1
/
5

主力のアナリストとして駆け抜けた新卒1年目。大手クライアントのフロントに立ち、想像以上のスピード成長を実現!

今回は、当社の社内表彰にて「新卒賞」を受賞した2020年入社のアナリスト、三原のインタビューをお届けします。持ち前の吸収力で、めきめきと実力をつけていった彼女はこの1年、どんな経験をして、どんなスキルを身に付けてきたのでしょうか?

取引先は、日本を代表する大手企業。「ここなら成長できる」と確信

ーー就職活動時、どんな軸で企業を探していましたか?

2つの譲れない軸を持っていました。1点目は「若手にも重要な仕事を任せてもらえる環境の下、高速で成長したい」。そして2点目は「本当に価値のあるサービスでお客様に貢献し、社会に大きなインパクトを与えたい」。

この2つの軸を基に、業界にはこだわらず幅広く検討する中で出会ったのが、UNCOVER TRUTHです。1年目からデジタルマーケティングビジネスの最前線に立てる点、クライアントのみならずエンドユーザーにも大きな影響を与え、社会を動かすサービスを提供している点、どちらもとても魅力的でした。

ーー最終的に、UNCOVER TRUTHに入社を決めた理由は何でしたか?

内定をいただいた複数社の中で、「大きく成長する自分」を最も具体的に思い描けたのがUNCOVER TRUTHでした。選考を通して、クライアントに日本を代表する大手企業が多く、国内有数のハイレベルなマーケティングに携われる環境だと知り、他社にないスピード感を持って成長できる場だと確信したのです。

さらに、面談時に私の想いを真摯に受け止めてもらえたのを感じ、「この会社なら頑張れそうだ」と思ったのも大きかったですね。「この会社は、単に応募者を選考基準に当てはめてジャッジするのでなく、1人の人間として尊重してくれている。きっと、入社後も1つの型に押し込めず、個人の想いや目標を大切にしてくれるはず」と、入社意欲が高まりました。

入社から2ヵ月足らずで、メインアナリストに!

ーー三原さんは、アナリストとしてキャリアをスタートしました。なぜアナリスト職を選んだのでしょうか?

これまでアクセス解析を学んだことが全くなかったので、入社段階ではアナリストとしてのキャリアは考えていませんでした。ところが、アカウントプランナー(AP)とアナリストの各業務を学ぶ新入社員研修を通じて、気持ちが一変。アナリスト研修での分析の課題が本当に楽しくて、この業務を極めてみたいと思ったんです。

ーー強く希望したアナリストチームに配属が決定してから現在まで、どんな業務を担当してきたのでしょうか?

配属先が決まってまもなく、入社から2ヶ月経たないうちにメインアナリストとしてプロジェクトにアサインされてから、ひたすら実践を通じてスキルを磨いてきました。当初は、付いていけるかなと不安もあったのですが、案ずるより産むが易し。「やってみると意外とできるな!」という手応えを感じながら一歩ずつ進んできました。

現在は5~6社のクライアントを同時並行で受け持ち、データ分析業務を担当しています。いずれも有名大手企業で、金融・インフラ・化粧品・運輸など業種は多岐に渡ります。

当社のアナリストの仕事は、データ分析をしてレポートを作成することにとどまりません。APと協力し、改善のための施策を考え、クライアントへのご提案、施策の実行運用、効果測定まで、一気通貫で関わっています。

最も難しかったのは、アナリストとして高い価値を創出するには欠かせない「目の前のことだけにとらわれない広い視野」を身に付けることでしたね。ビジネス経験のない新卒1年目ということもあり、最初のうちは、事業の全体像やプロジェクトの背景理解に苦心しました。

ーー仕事のどんな部分に、面白さを感じますか?

まず第一に、データ分析による、様々な仮説の「答え合わせ」が面白いですね。例えば、WebサイトのCV改善では「ユーザーが何を考え行動したのか」と、深層心理の仮説を立てながら分析を進めていくのですが、実際の数字を読み解く中で仮説が正しかったのが分かったときの喜びは格別です!

当社だからこそ取り組める「レベルの高いクライアントワーク」も、この仕事の醍醐味だと感じています。大企業のDX戦略を担う役員層の方とマーケティング施策についてディスカッションする機会や、専門的な意見を求められる立場は、そうそう1年目で得られるものではないと思います。

ーー1年目でクライアントへの分析レポート発表や提案という責任ある仕事を任されるのは、入社前から期待していたこととはいえ、大変な部分もあったのではないでしょうか?

はい。最初は、お客様を前にして手が震えるほど緊張して、レポートを読み上げるだけで精一杯な状態でした。

ですが、「1年目であっても、お客様にとって私はプロなんだ」という意識を持って、訪問前にクライアント及びエンドユーザーの視点をしっかりと考え抜くことで、+αの会話ができるようになりました。報告後に質問に答えるだけでなく、さらに詳しくお客様の状況をお聞きし、そこから議論が発展する・・・そんな双方向のコミュニケーションが取れるようになったのです。

最近は、「次期は、こういうことがしたい」「こんな改善はできる?」と相談や要望をいただくことも増えてきました。そのたびに信頼していただいているのを感じられて、とても嬉しいです。

意識的に取り組んできたことが評価され、新卒MVPに

ーー2020年12月、社内表彰で、三原さんは「新卒賞」を受賞しました。受賞が決まったときの感想を聞かせてください。

まさか私が受賞するとは思っていなくて・・・本当に嬉しかったです!

驚いたのは、新卒賞の発表と同時にプロジェクターに映ったのが、私の両親の写真だったことでした。「えっ、何で!?」と一瞬何が何だかわからなくなりました(笑)。実は会社から事前に両親に受賞を伝え、メッセージを用意してくれていたんです。ここまで考えて準備してもらえたんだ・・・と、その温かさにも、感動しました!

ーー受賞理由を聞いて、どう思いましたか?

「フィードバックを活かして、必ず改善している」「相手の立場を考慮しながら行動できている」などと評価していただき、とてもありがたく感じました。日頃から意識して取り組んできたことでしたが、実際にできているのか自分では把握しにくい部分なので、今回の評価は大きな自信につながりました。

UNCOVER TRUTHに根付く「他者貢献」を、私自身も体現したい

ーーUNCOVER TRUTHのカルチャーにはどんな特色があると思いますか?

UNCOVER TRUTHの社員に共通しているのは、自分の仕事だけでなく、会社全体や事業、メンバーの成長まで視野に入れて行動する、他者貢献の姿勢です。そんな姿勢を間近で見て、より広い視野を持って周囲に貢献できる存在に成長したいと思うようになりました。

また、主体的に学びあえる環境なのも、UNCOVER TRUTHらしさだと思います。新卒入社メンバーの有志でマーケティング勉強会を実施しているのですが、上から与えられた学習機会ではなく、有志の自発的な活動だからこそ、知的好奇心が刺激されるのを感じます。同期の情熱には、とても良い影響を受けています。

ーー入社してからこれまでを改めて振り返ると、どんな日々だったと感じますか?

想像以上に急成長させてもらった1年でしたね。「2年目の終盤には到達したいと思っていた場所に、既にたどり着けたんじゃないか?」と思えるほど、刺激的で濃密な時間を過ごしてきました。

でも、ここまで歩んでこれたのは、決して私一人の力ではありません。どんな小さなことでも丁寧なアドバイスや的確なフィードバックをくださる先輩方がいたからです。アナリストチームの皆さんに支えられて、改善を繰り返しながら、楽しんで挑戦を続けられた日々でした。

ーー2年目は、どんなことに挑戦していきたいですか?

入社初年度は、様々な経験を通して「心底成長できた!」と思える1年になりました。次の1年は、私自身のスキルアップに加えて、会社や他のメンバーにも貢献していきたいと思っています。

その第一歩として、次期入社の新卒研修プログラム作成プロジェクトに、自ら手を挙げて参加しました。私たちが受けた研修の良かった点や改善点、新しいアイデアを加えて、バージョンアップしたプログラム作りに邁進しています。

まずは、これから入ってくる後輩のために。そして、チームや会社、クライアント、その先のエンドユーザーのために。常に広い視野で全体を捉え、様々なプロジェクトを推進できるように、これからもどんどんステップアップしていきたいです。

株式会社 UNCOVER TRUTHでは一緒に働く仲間を募集しています
40 いいね!
40 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング