【社員インタビュー vol.1】「保育現場をもっとよくしていきたい」

インターン生の福田です。社長インタビューに引き続き今度は社内の方のインタビューをお届けします!

想いは共通していても、個性的な社員がそろっているユニファ。

そんなユニファで働く人々をこのインタビューを通して知っていただければと思います。


第1回目はヘルスケア事業本部の當山裕貴さんです!!

―これまでのキャリア

新卒でメーカーのSE、その後監査法人でIT・業務コンサル、人材系事業会社で企画スタッフ、そして今のユニファ・・・とキャリアを積んできました。

第三者としてクライアントに関わるだけでなく、事業そのものに当事者として関わりたいという想いで会社を転々としてきたのですが、妻やその両親が保育園関係者で業界や業務の課題を認識する機会があり、その負を解決したいという想いからユニファに入社しました。


―ユニファでの仕事

現在私はヘルスケア事業本部に所属しています。

「るくみー午睡チェック」というプロダクトがあり、その改善・推進と、それに続く新商品の開発を進めています。

やはりプロダクトを世に出すことは簡単ではなく、企画段階では「どんなプロダクト、機能が必要だろうか?」と調査や試行錯誤するところから始まります。

企画が固まり「この機能が欲しい!!」といった段階でも、やはり実現が容易でないことが多々ありますが、ユニファのエンジニアやデザイナーは「どう実現するか」を一緒に試行錯誤してくれるとともに、こうしたらもっと良さそうと提案までしてくれるので、とても頼もしいですね。その結果「やってみよう」と話が進んで、実現できた時がとても嬉しいです。


ー今後ユニファで成し遂げたいこと

やはり保育の現場を変えていきたいです。保育士さんがもっと生き生きとしながら働くことができるようにしたい。そのためのサービスを開発したいし、社内を支えるようなこともしていきたいです。今はヘルスケアにいますが、保育現場を変えられると思えるものであれば関係なく携わっていきたいです。


―最後にマル秘エピソードをお願いします!

社会人3年目にお酒を何本も空け、記憶がなくなるくらい飲んで、翌日の夕方やっと目覚めたら知らない場所にいたことがあります・・・

さらに平日だったので、携帯に上司からの着信履歴が50件以上残っていて青ざめたことは今でもはっきりくっきり覚えており、時々夢にもでますね(汗)

もちろん、それ以降は節度を守って飲んでますよ(苦笑)


ー社員から見た當山さん

今回密かに、ヘルスケア事業本部で一緒に働いている方に當山さんのことを聞いてみました。

仕事面では、一言でいうと親切丁寧に誠実に仕事をされています!!また、これまでのキャリアで運用構築を多々行ってきたようで、知識も豊富ですし、プロジェクトマネージャーとしても目的達成のためにメンバーを管理するスキルに長けている印象です。

物腰の柔らかい性格なので皆から好かれています!!皆でご飯を食べに行ったときに財布を忘れてきちゃったりとおちゃめな部分もありますね(笑)


出身が沖縄ということでかなりお酒はかなり強そうですね。

私の進路相談や、日々の仕事に対しての説明を事細かにしてくださり、話しているとこちらの気持ちも落ち着いてくるような物腰柔らかな方です。上のエピソードのようにおちゃめな部分もあることがしれました(笑)

多様なキャリアを経て今ユニファにいる當山さん。「保育現場をもっとよくしていきたい」という想いを持った當山さんが企画した新規事業の登場が楽しみです!!

ユニファ株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings