約35億円を調達しました。さらに採用強化します。

ユニファ株式会社、代表取締役CEOの土岐でございます。

約35億円を調達いたしました。

本日の記者会見で公表した通り、ユニファ社はシリーズCラウンドとして、国内外の新規投資家および既存株主さまより、合計で約35億円を調達しました。

シリーズBまでにエクイティ・デット合わせて約25億円の資金調達を実施しており、このシリーズCで累計調達額は約60億円になりました。ありがたくも、国内外から非常に高い評価をいただいて本日の発表にこぎつけることができました。

また、今回の記者会見発表に先立ち、世界最大の起業家支援機関Endeavorから国内5例目のグローバル支援対象企業として採択していただくこともできました。

Endeavorの採択審査プロセスは通過率2.5%未満という非常に険しきものでした。世界有数の経営者たちから浴びせかけられるあまりに鋭い質問に、情熱(と、私の拙い英語)を持って懸命に説明を返しながらも、背中では冷や汗が止まらなかったことを、昨日のことのように覚えています。

結果、たとえばP&G出身で現在はDMG Group EgyptのCEO兼会長であるAyman Ismailからは、

私自身が子どもをもつ親として、ユニファ社のサービスは掛け替えのない価値を持つと確信しており、とても素晴らしい事業だと感じています。また、ユニファ社のサービスは、高い参入障壁がある日本の保育業界で既に広く導入されており、この信頼を勝ち得たユニファ社の事業ビジネスは、日本だけでなくグローバル市場においても、広範な展開が可能でしょう。

という応援を、元マッキンゼーのグローバル・パートナーであり現在はArtemis Impact Pte LtdのCo-Founder & CEOであるRoul Obermanからは、

ユニファ社は、非常に大きな可能性がある事業を推進しています。今後、日本市場からグローバル市場に飛躍していくことでしょう。適切な戦略のもと海外進出する事で、グローバル市場における幅広い顧客のニーズにも応える発展・進展していくことが可能でしょう。

という言葉に添えて、早く国内市場で圧倒的No.1になり終えて世界に出てこいという旨の激励をいただいております。

国内からもマネックス証券の松本大CEOより、

ユニファは、CEO土岐さんの「保育園業界の環境、ひいては子育てに関わる人全ての環境を良くしたい」という情熱を原動力に、IoT/AIの力を取り入れることで、保育従事者の労働環境を改善し、保育の質を更に向上させることを目標とするスマート保育園構想の実現に邁進している企業です。土岐さんの情熱が信頼を集め、「心と時間の余裕」を保育環境に与えるというクリアなミッションのもと活動し、その事業を伸ばしてきたのでしょう。さらに、十数年に亘り、外資系証券会社であるモルガン・スタンレー証券の投資銀行部門でキャリアを積まれた星直人さんもCFOとして経営陣に参画し、これから更なる飛躍が期待できます。Endeavorは、土岐さんたちユニファの日本での事業拡大はもとより、海外のメンターネットワークを通じた海外進出をサポートしていきます。

というメッセージを頂戴しております。

あらためて、こうして国内および世界からも高い評価と心強い応援をいただきながら本日シリーズC調達の発表にいたれたことは、身に余る光栄です。

ご出資いただいたみなさま、Endeavorのみなさま、弊社ルクミーをご愛用・ご応援していただいている保育園・幼稚園・こども園のみなさま、社員の方々、その他ここには書ききれないこれまでユニファを支えて来てくださったみなさまに、深く感謝いたします。

真の挑戦はここから。

月並みな表現ではありますが、本当にそう感じます。エクイティ調達した資金とは、株主そしてその背景にある社会からの、事業性と公益性に対する負託だと思います。

私たちユニファはこの負託にきちんと応え、何としても保育、そして子育てのあり方をよりスマートで、あたたかく、豊かなものへと変えていかねばなりません。

今回の資金調達の大きな目標は、人材採用のアクセルを強く踏み込むことです。

ですので、ユニファに興味を持ってこの記事をお読みいただいている方々に、我々の目指す社会、求める人材像について、かんたんにご説明させていただきます。

スマート保育園、スマート家族。

私たちは、私たちが目指す社会の第一歩として、スマート保育園を実現・普及させます。

近年、女性の社会進出がより一層の加速を見せています。総務省統計局の発表によれば、国内の女性就労人口は2012年から最新のデータが存在する2018年まで、年間平均約50万人のペースで増加しています。背景には文化・価値観の進歩もさる事ながら、2005年に日本の人口が減少フェーズに転じているという大きな社会情勢があります。日本の社会・経済を思う時、社会で活躍したい・活躍できる女性を応援するための仕組みと環境づくりは、ますます拡充されていかなければならないのだと強く感じます。

その仕組み・環境づくりにおいて、疑いようのないほど大きなボトルネックとして、保育問題があります。乳幼児を抱える多くのワーキング・マザーにとって、保育園は必須の社会インフラです。しかし一方で、世間では保育所不足が叫ばれて久しく、また、現場の保育園では保育士不足が叫ばれて久しいという状況にあります。責任と負担の重さから、保育士登録者の半数以上が保育士として勤務せず、潜在保育士となっている実情があります。この状況を改善しなければ、ワーキング・マザーや出産を望む女性就労者が、安心して活き活きと働ける社会を実現することはできません。

だからこそ私たちは、スマート保育園構想を実現させます。

今日も現場で働かれている保育士の方々をICT、IoT、AIの力でさまざまに支援し、保育士の心と時間の余裕を増やすことで、子どもたちともっと向き合いやすくなる環境を作り、広める。そうすれば、保育士はより朗らかな心で子どもひとりひとりと向き合うことができるようになり、働くママたちは安全の面でも発達の面でも安心して子どもを預けられ、仕事と向き合う中で自らの可能性を存分に発揮できるようになるはずです。子を産みたいと望む女性も、出産を期にキャリアが途絶えることを心配せずに、安心してママになることができるようになるはずです。そうして母、あるいは妻が家庭とキャリアの二者択一を迫られず、そのどちらにおいても充実した日々を送り、心からの笑顔を見せてくれること……それが家庭の幸せの最低限の必須条件であると、ひとりの家庭人としてひしひしと感じます。

もちろんそれは「最低限」であって、やるべきことはまだまだたくさんあります。

私たちが目指すのは、世界中の家族をより豊かにすることです。家族にはまだまだ多くの解決すべき、解決されなければならない課題が存在します。たとえば、痛ましい虐待の報道は未だに後を絶ちません。そして家族にはまた、まだまだ多くの事業機会が眠ってもいます。たとえば、10月からは保育無償化が始まり、数千億円の余剰キャッシュが乳幼児の保護者世帯に生まれてきます。

我々はスマート保育園構想の先に、母、父、子、祖父母を含めた、すべての家族を包み込み、支援する「もうひとりのスマートな家族」のようなプラットフォームを立ち上げ、それを世界中に広げることで、世界中の家族をより豊かにしたいと考えています。

人に厚く投資します。

私たちが取り組んでいるのは保育所不足、保育士不足、育児世帯への支援サービス不足など、みなが存在を認識しながら誰も解決できずにきた社会課題ばかりです。このような課題の解決には、まずもちろん課題への強い共感と、それだけではなく各領域で本当に実力のある方々からの助力が必要になってくると考えています。

「良いサービスは良いプロセスから、良いプロセスは良いチームから」という言葉があります。

今のユニファはグローバルで見ても先進的な取り組みをしており、革新的なアプローチで課題解決を行おうとしているスタートアップだと、国内からも、世界からも評価していただけるポジションにありがたくもたどり着けました。その意味では今のチームは良いチームだし、感謝してもしきれない想いがあります。

しかし、本当に世界を変えていくためには不断の非連続的な成長が必要であり、その意味では“さらに良いチーム”を狙うに当たってキーパーソンとなる人材を、まだまだ探し続けなければならない状況でもあります。

もちろん「家族」をテーマとした企業ですので、ご家族の状況に合わせてリモートワークの活用を含めた柔軟な対応をさせていただいています。また、改めての強調になりますが、今回の資金調達は人材採用の強化を大きな目標に掲げており、その意味で財務的な準備も整えることができました。

ぜひ、保育・育児の問題解決への強い関心と興味、そして各領域での実力・実績を兼ね備えた方に、採用ドアのノックをお願いしたいと考えております。

特に重点的に募集させていただきたいポジションを2つ、ご紹介させてください。

重点募集ポジション:経営企画 & ToC事業プロデューサー

経営企画

来るIPOに向けて、経営企画業務をリード・掌握できる方を重点的に募集しております。

バックグラウンドとして戦略コンサルや投資銀行、あるいは他社さまでの経営企画業務で優れた実績をお持ちの方を、歓迎いたします。

詳細はぜひ、下記Wantedly リンクをご参照ください。

https://www.wantedly.com/projects/115713

ToC事業プロデューサー

スマート保育園構想の次の“家族向けプラットフォーム”は、我々にとって「いつか機会が来たらやる夢」ではなく、A.S.A.P.で取り組み「必ず実現・成功させるべき計画」です。そのプラットフォーム上の各サービスを0→1→10→100と成功に導いていただけるToC事業プロデューサーも、重点的に募集しております。

バックグラウンドとしては事業会社(特にWeb系・App系が好ましいです)にて新規事業を成功に導かれたご経験のある方、あるいは既存事業をN倍成長させたような実績をお持ちの方を、歓迎いたします。

詳細はぜひ、下記Wantedly リンクをご参照ください。

https://www.wantedly.com/projects/361450

所属先となる新規事業室の室長が、その大きな野望・展望について語っておりますので、こちらもぜひご確認ください。

https://www.wantedly.com/companies/unifa-e/post_articles/183225

まとめ

今回ご紹介した以外のポジションも、広く募集中です。詳細はそれぞれ、下記の職種別ご紹介リンクをご確認ください。

手前味噌にはなってしまいますが、弊社のように成長性の高い企業で、自分の仕事を通じて「自分の家族」も「自分以外の家族」もより豊かにすることへ直接取り組める…そのような環境はなかなかないのではという自負があります。

保育・育児問題への強い共感と、高い実力を備えたあなたからのご応募を、お待ちしております!!

ユニファ株式会社's job postings
21 Likes
21 Likes

Weekly ranking

Show other rankings