1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「見えないことまで気づいてあげる」それがプロダクトマネージャーの役割だと思う

こんにちは。広報の後藤です。今回は、プロダクトマネジメント部の保坂にインタビューを実施。

インタビュー中も、相手の話にじっくりと耳を傾け、言葉を丁寧に選びながら自分の思いを語ってくれる姿が印象的でした。

そんなコミュニケーションを大切にする保坂がなぜユニファを選んだのか、プロダクトマネージャーとして実践しているスタンスをご紹介します。

プロフィール

保坂 学 プロダクトデベロップメント本部 プロダクトマネジメント部

 大学時代の専攻はメディア学部。JavaやCG、プログラミング等を実践する一方で社会学なども専攻。パソコンを使ったモノづくりが好きだったため、卒業後はガラケー時代のツール開発の会社へエンジニアとして就職。その後、エンタメ系の情報メディア会社やツールを制作するIT企業等を経て、ディレクターとして2018年ユニファに入社。現在はプロダクトマネージャーとしてプロジェクト管理や開発チームをまとめる。在宅ワークが増えたことで運動不足を感じ、夜になると近所を散歩することが日課に

テクノロジーの力を社会課題の解決につなげたい。エンタメ領域からの転身のきっかけは大学院

 大学時代はJavaやCG、プログラミングまで雑多なんですが様々学んでいました。パソコンを使ってモノを作るのが好きだったこともあり、卒業後はガラケー時代のツール開発を手掛ける会社を選んで、地図とか作っていました。

 そのあとでエンタメ領域に携わってみたいと思って、20-30代の若手のビジネスパーソン向けのメディアを作る会社でシステム開発をしていました。そのメディアが他社へ買収されたことをきっかけに、次はメディアに加えてアプリとかを作るようになって。もっと技術を学びたいと思っていた時にちょうどディレクター検定というものがあって、それに挑戦していました。

 段階があって、受かるとステップアップしていくやつですが、これまで独学ではあるものの技術はひと通り学んでいたので割と自信があったのに、うまく上がっていかなくて。これはまずいなと、一度ちゃんと勉強し直さないとダメだなと思って大学院に通い始めたんですよね。

 2年制でしたけど、これがまた本当に大変で(苦笑)。1年目は座学中心だったもので仕事と並行しても何とかいけましたけど、2年目になるとProject Based Learningという研究開発・実証実験になったので、本はたくさん読まないといけないしレポートも毎週あった。

 平日は仕事が終わった夕方から夜までみっちり。土日はレポートに追われるみたいな毎日で死ぬかと思いましたけど、研究自体はすごく楽しかったんです。恥ずかしながら、日本には社会課題というものがこれほどあるのかと気づかされましたし。そのうちに、ふとエンタメの仕事と研究しているテーマのギャップが日に日に大きくなってしまって。「テクノロジーの力を社会的な意義のあることに使わないとダメだ」という気持ちがどんどん強くなっていったんですよね。


大学院での卒業発表にて(写真右が保坂)

"技術ギーク”な自分を面白がり認めてくれた。だからこそ、自分も相手を知り楽しく取り組んでもらための努力は惜しみたくない

 ユニファの転職面談で「正規表現にハマっている」と話したところ、CTOの赤沼や当時の上司が面白がってくれて、ユニファは肌感覚がフィットしそうだと思いました。ディレクターという職業は誰かに仕事をお願いすることが中心になるからこそ、組織の雰囲気って大事なんです。

 現在は「ルクミー®午睡チェック」「ルクミー®体温計」のプロダクトを担当しており、プロダクトの要件をまとめて、開発者にお願いするのが基本的な業務です。開発者に「これをやってください」と単にお願いするだけでは円滑に進みませんので、相手が納得感をもって取り組んでもらえるよう意識してます。

 根底の価値観として「楽しくしたい」というのがあるんですよね。プロジェクトの背景を理解して、不安なく納得した状態で取り組めると、タスク処理のやらされ仕事とは違う、プラスアルファの価値が返ってくるように感じています。

 また、開発組織の1/3は外国出身のエンジニアなので、日本語だけでなく英語も一緒に使いながらコミュニケーションしています。言語も大切ですが、それ以上に重要なのが「日本の常識は通じない」と強く意識した上で、どうやったら伝わるかを考えること。シンプルに言うと、「その人」を知ることでしょうか。だから、「今日何食べた?」という小さな会話から人柄や価値観をイメージしたり、Slackでのやり取りでもとにかく早く返信をして相手を待たせない、"Slack密度を濃くする”ことも意識していますね。

基盤が整っていないなら自ら動いて創る。守りにおいては部分最適ではなく全体最適を意識する。

 これまで比較的大きい組織で働いていた経験のほうが長かったので、ユニファへ入社したばかりの時は色々と整っていないことが多くてびっくりしました。開発でいうと、例えばアジャイル開発の手法がしっかり確立されていなかったり。なので、アジャイル開発をチームのメンバーで学ぶために輪読会を企画したり、組織のキーパーソンに仲間になってもらいながら少しずつ広めたりと、草の根的に基盤を固めていくことはできたのかなと思っています。

 私が担当している「ルクミー®午睡チェック」というプロダクトは、園児の午睡(お昼寝)中に体の向きをセンサーで測定し、アプリが自動で記録するという構造になっているのですが、センサーと園児の関係値が大事で、直近でそれにまつわるちょっとした不具合が発生していたんです。その時に感じたのが、部分最適で見てはダメだということ。

 我々のビジネスは複数のプロダクトから収集したデータを最終的に1つのプラットフォームに集約していくことが事業成長の肝になります。だからこそ、午睡チェックで起きた不具合ではあるものの、複数のプロダクトへの影響を考えないといけない全体最適の視点が必要になると感じたのです。これはシステムが大きくなればなるほど、安定したパフォーマンスを継続するために必要な守りの観点です。

「言葉にされていないものまで形にすること」が要件定義である

 一方で、個人的に開発する上で大切にしているのが、「人の暮らしに彩を与えること」。これもローンチ前なのでほぼ何も言えないのが残念なんですが、とある機能で動物をモチーフにしたシステムを考えました。ここで動物が出てきたらちょっと驚きがあるし、そこからコミュニケーションが広がるよなと思って。そんな風に、些細なことでも、彩を添えられるようなプロダクトを創れるといいなと思っています。

 詰まるところ、要件定義って「言葉にされていないものまで形にすること」だと思うんですよね。機能的な視点だけでなく、それを使った後にどんな展開が考えられるのか想像を巡らせて言語化していくというか。そんなスタンスを大切にしています。

 ルクミー®のコンセプトワードに「見えないことまで気づいてあげる」というフレーズが昔ありました。今は使っていないんですけど、個人的に共感している言葉なんです。というのも、プロダクトマネージャーが実践すべきスタンスを表現していると思うから。

 プロダクトマネージャーはチームのメンバーが日々何を感じ、何を実現したいのか、どこにつまづいているのか、表面的な言葉だけでなく、言語化されていないことにも思いを巡らす必要があります。簡単なことではないですが、実践できた先に顧客の期待を超えるプロダクトができるのではないかと思うんです。

2019年の春、ユニファの有志で花見をやった時の写真「花粉症なので自分だけマスクしてます」(保坂)

ユニファの開発者はブログも執筆しています!こちらもぜひご覧ください。

ユニファ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう