ネット事業部2018年4月入社同期会「ユニオンテックってぶっちゃけどうなの?」

エグゼクティブアシスタントの金村です。先日Wantedly内で僕の職種を検索したら2件しかヒットしませんでした。そんなニッチな職種も存在し、日々変化の多い社内で昨年の4月に入社した中途同期4人組で同期会を開催しました。ひたすら飲み食いし「ユニオンテックってぶっちゃけどう?」を話してもらいました。自社メディアSUSTINA(サスティナ)に関わるメンバー達です。



2018年4月中途入社4名 

井上…CTOとしてエンジニアチームを牽引
岩本…新卒、中途問わず採用担当として奮闘
大林…営業リーダーを経て今春より新規事業開発チームへ異動
金村…SNSのフォロワー数に一喜一憂


一同「カンパーイ!」

金村「お疲れ様でした。何だかんだ誰も辞めずに1年働いてきましたね」

大林「僕は辞める理由を探す方が難しいくらいです。元々入社時にやりたかった仕事もできそうになってきて」

金村「辞めたくなるような、とまでは行かないけど嫌になった事とかテンション下がるような事は無かった?」


大林「そういう意味だと入社した直後ですね。セールスとして入社したのですが、一社目のアポでいきなりクレームを貰って。その時は会社選びを間違えたかなと思いました」

井上「僕も最初は不安でしたね。今でこそネット事業部単体でも30人を超えて、いよいよ立ち上がり感がしますけど、入社当時セールス以外は6人しかメンバーがいませんでしたから」

岩本「そうそう。井上くんと俺だけみたいな感じで、二人して『お昼一緒に行く?』みたいな毎日だったから」

金村「二人は4月1日入社で、大林さんが翌週でしたっけ?僕が24日だったと記憶しています。丁度海外旅行から帰ってきた翌日に初出社しました。皆ノートパソコンなのに僕だけデスクトップ使っていました」

一同「笑」

大林「そういう金村さんは辞めようと思わなかったですか?」

金村「これ会社の人も見るかもしれないから言っていいのかわからないけど、1度悩んだことはありましたね。2018年の末頃ですかね、あまりにも結果が出ずに『ここに自分の居場所は無いのではないか』と思っていました。それに気づいた上司や韓さん(ユニオンテック社長)が職種変更を提案してくれたのです『バックオフィスやらないか?』って。元々営業が得意って思っていたのですが、自分のパーソナリティは自身の居るコミュニティに対して働きたいって思っていたので嬉しかったですね。気づいてくれたのもそうですし、自分の居場所を提案してくれたのは会社に対して感謝の気持ちでいっぱいです」

大林「僕も社風には思うところがあって、うちで働いている人は職位に関わらず事業を前進させたいと全員が思っていると感じます。性格とかパーソナリティは個人ごとに違いますが、そこの共通点は凄く感じる。その雰囲気もあって前向きにイキイキと働けています」

金村「岩本さんは辞めるとまではいかないまでも何かネガティブな事ってありましたか?」

岩本「自分自身は特に無いかな。自分自身は大丈夫なのだけど、ミッションの変わる頻度が他の会社と比べたら多いというか、変わることはあったかな。まだまだ事業自体を創り上げているフェーズだと思っているから、沢山仮説設計して、実行して。良い意味で変化が多いから個人的には飽きないのだけど、、、変化に柔軟な人じゃないと少し心配かな」

金村「スピード感は本当に早いですよね。早いと言えば井上さんは入社4か月でCTOご就任おめでとうございます」


井上「ありがとうございます(笑)僕自身はやる事含めてあんまり変わりは無いのですが、期待して任せてもらったという感覚で捉えています。プレッシャーも大きいですが、期待されたからには何としても期待に応えようと思っています」

大林「【任せられる】というキーワードは僕も物凄く感じます。入社して数か月で自社の資金調達に関われることが出来たのは驚きました。資料の作成に携わらせてもらったのですが、他のベンチャー企業でもなかなか無いことだと思います」

岩本「大林君英語話せるからね」

大林「一応、高校大学と英語圏で過ごしましたので」

一同「おお!」

金村「普段使う事ほとんど無いけど何気に日本語以外の言語も話せる人多いですよね。普段業務で使う事無いけど(笑)」

井上「僕も資金調達の事は印象に残っていますね。なかなか経験できないことを体験することができました。金村くんが記事にするのでどこまで話していいかわかりませんが(笑)全部では無くとも、基本的にはとてもオープンな会社なので、今どういう状況で次に何をしてというプロセスは隠すことなく教えてくれますね。『韓さんこれってどういう事ですか?』と聞くと『秘密』と言われたことは無いです」

金村「僕は自称コンサバな人間なのでたまにヒヤヒヤするのですが、良い意味で本当に壁が無い会社だと思いますね。」


岩本「自身の考えとか想いが伝えられる環境って良いよね。最近あるメーカーさんの働き方改革ならぬ【働きがい改革】って話を聞いたのだけど、会社内でコミュニケーションのストレスが少なくメンバーが良いアウトプットや、クリエイティブな仕事をするために必要のない上司への顔色伺いや、コミュニケーションロスを無くしたいっていう取り組みで、自分自身は今バックオフィスにいるからユニオンテックと照らし合わせた時に『うちはそういう心配無いかな』と感じたね。また働いてくれる人が増えたとしても大事にしたい良い文化だと思う」

金村「皆この一年で会社に対して一番印象的だった瞬間とかあります?僕は入社時が一番衝撃的だったけど」

井上「喫茶店で1時間待った話ですっけ?」

金村「合計3時間だね(笑)入社前に会社で一度韓さんと会って、ユニオンテックともう一社で入社先を考えているって時で『二人で話そう』と誘ってもらったのです。待ち合わせ場所近くで全然連絡が無くて、もう帰ろうと思った時に連絡が来て『ごめん寝坊した!』って(笑)僕も3時間もよく待ったと思いますけど、お会いした時の格好が本当にボロボロで(笑)特に履物が学校のトイレにあるような便所サンダルで(笑)それから謝罪もそこそこに会社や事業の事を話すものだから『この人は本当に事業が好きなんだな』って思いました。本当に部屋着みたいな恰好だったのも個人的には好印象でしたね。金銭欲とか物欲とかあんまり無いのかなって。純粋にビジネスが好きな人なんだなと感じました」

井上「ふつうは3時間も待たずに帰ると思いますけど」

金村「なので今でも本人をイジっていますけどね(笑)」

大林「僕はこの一年でマネジメントも経験させてもらったのですが、チームのメンバーが人生で初の営業目標を達成してくれた瞬間は本当に嬉しかったです。ご本人の努力と行動の結果なのですが、僕の方が感動してしまって…」

金村「僕もあの時セールスの部署にいたのですが大林さんよく言っていましたよね」

井上「プロダクトも改善できることが多分にある中で営業側の人たちが目標達成すると『こっちも頑張らなきゃ』と刺激をもらっています」

岩本「でも本当誰も辞めなかったよね。部署も様々で改まってこうして酒席で話すことも頻繁には無いけど年に1度くらいは同期で集まるのもいいよね」

金村「来年の同期会には皆どうしているかな?」

岩本「採用のチームをもっと強いものにしたい。色々なタレントが各部署にいるけど、採用チーム自身がもっと成長できているようにしたいな。ユニオンテックの採用メンバー凄い!みたいな。もちろん使えるリソースは最大限活用するし、周囲と連携しながらね」

大林「僕は何か新しいことをやっていたいと思います。今月から部署も変わって建設業界の発注者向けのサービス開発に携わるので【カタチ】になっていたら嬉しいな」

井上「以前に記事でも書いたのですが、いよいよ開発環境は整ってきたのでもっとスピード感を上げて開発を進めたいと思います。韓さんからは『今の3倍だ』ともいわれてますし(笑)」

金村「個人的にはまだまだ業界についての課題や、良い取り組みも含めて世の中で議論されたり取り上げられたりされていない感じがしているので、もっと関心を集めてもらえるようにしたいなと思っています。大きな市場だし競合も大歓迎。もっと良いアイデアや取り組みが増えるようにしていきたいですね」



金村「皆さん今日は集まってもらってありがとうございました。また来年も美味しいお酒飲みましょう」

一同「お疲れさまでした!」

ユニオンテック株式会社's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more