【プロダクトマネジャー庭瀬が見る建設業界vol.6】ウェブサービスのプロマネが工事現場に通ってオフィスを作ってきた話

3月中旬から4月下旬にかけて、約1ヶ月半ほどハイクラス転職サイトを運営する会社のオフィス作りをお手伝いしてきた話です。

いま自社メディア「SUSTINA」のPM(プロダクトマネジャー)の役割を担っていますが、もちろん建設業界は未経験で、BtoBのプロダクトも初めてです。

また、比較的ITリテラシーが低く、古くから根付く商習慣を守る30-40代のユーザーが大半で、また業界における職種は30種以上、さらに構造も複雑と、頭を抱えることが多く、複雑な業界構造が合間って、インタビューを対象者の立場や知識、経験によって話す内容が大きく変わってしまい、もはや一次情報を得るしかないと思い、工事現場に通い始めました。

※現場初日の様子


工事現場で働きながら、通常業務もこなす

あくまで主業務があるため、日中の業務に支障をきたさないよう、毎朝8-10時、深夜22時からの作業や土日祝日に出勤していました。

また、現場の様子が伝わるよう、そこで聞いた話や、毎日同じ場所から写真を撮影し、コメントと共に社内に現場の様子を共有をしていました。


現場で行っていた作業

大工さんのように木の板を1mm単位で切れるわけでも、塗装屋さんのように2m x 5mの部屋一体を一切のムラなく塗れるわけでもないため(職人さんたちすごい。。)、本当に地味な作業ばかりです。

例えば、オフィス一体に広がるカーペットを全て取り除いたり



フロアに敷き詰めたタイルとタイルの隙間が一律ではないということで、そのムラをなくす作業をしたり(写真ではわからないほど細かいチェックが入ります...)、


他にもこのような作業をひたすら手伝っていました。
・終日広大なフロアにベタつく糊を取り続ける
・夜の22:00から6時間ほど、1階から6階を往復して荷物運びをする
・ガラスや床、壁、柱についた塗装の除去といったクリーニング作業


現場で起こった数々のトラブル

当然すべてが順調にいくはずなく、トラブルも多発します。

・朝礼10分前に、同僚から「さーせん、、!! 15分遅刻するんで、代わりに職人さんたちに指示の伝言をお願いします!」と言われる(結果:間に合う)
・木の加工をお願いしていた業者さんに間違った木板を渡してしまい、深夜に伊豆まで車で木板を取り戻しにいく
・タイルを敷き詰める際、細かな傷がついたため、ムラをなくすために全ての壁の塗装し直しが発生(期間中に累計6回塗り直し、遅い時は朝5時まで作業していただく...


現場でしか体験できない心踊る瞬間

朝も早く、時には深夜まで働き、さらに数々のトラブルに見舞われるため、心身ともにこれはくるな、、と感じていたのですが、心温まる出来事もありました。

例えば、深夜2時の出来事。
同じ現場に入っていた、名前も知らない初対面のおじさんから急に話しかけられ、開口一番「お兄ちゃん…なに飲む?」とお声がけいただき、飲み物を奢ってもらいました。

また、深夜4時まで働いた時は「終わったーーーー!!!やっと終わりましたねっ!」と同僚と掛け合い、貸し駐車場に腰掛けながらお疲れ様を言い合ったこともあります。


振り返ってみて感じること

当初、毎朝工事現場に行ってくると話した時は「会社のリソースの使い方として間違っている」「今後入社する方のハードルを高めてしまう」といった声もいただきました。

(※もちろん会社や上司から強制されるわけでも、推奨されるわけでもありません。念のため(笑))

また、社外の友人からは「ある程度の大学も出て、PMなのに何で毎日工事現場で地味な作業ばかりやってるの?笑」「なぜそんなキャリア選択をしたのか謎」と言われることもしばしば...。

ただ、振り返ると、心からやってよかったなと言えます

1ヶ月半で体験できたエピソードはどれも多彩で、とても色濃く、
ユーザーインタビューに現れないであろう違和感を拾い集められたり、
働き手の感情の機微をイメージできたりと、書ききれないほど収穫がありました。

また、深夜まで会食を行った次の日も、朝から山手線が混む前の時間に電車に乗りこみ、現場で働いた後、定時には出社して多くの会議をこなす日々は、今ではとても感慨深いです。

今はただ、培った経験を作成中のサービスに反映し、早くみんなで冥利に尽きる瞬間を迎えたいと思っています。

完成したオフィスの一部を紹介

最後に、完成したオフィスや、その過程の写真をお見せしたいと思います。素敵すぎて、ここで働きたいと思いました。。





着々と完成に近づいていく、現場の変化







深夜22時から朝4時まで行った荷物運びをしたときの様子





自社内にユーザーと同じ(近しい)業務を行う事業もあり、オフィスの設計や制作を行うチームにヒアリングしたり、実際に現場に足を運んで一次情報を取得できるような環境です。まだまだ未開拓な領域におけるtoBプロダクトに興味ある方はぜひお気軽にお越しください。

※こちらの記事作成においてのは事前に安全衛生講習を受講し期間中も専門家の指導のもと、安全に最大限注意し実施しております。

ユニオンテック株式会社's job postings
Anonymous
Picture?1523147480
399cddc5 1c26 49dd baee 471eab1f6c17?1536731046
2 Likes
Anonymous
Picture?1523147480
399cddc5 1c26 49dd baee 471eab1f6c17?1536731046
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings

Page top icon