【目の前にあるモノのその先に。】

私たちは関係会社の方々を絶対に「業者」と呼びません。

「パートナーさん」、「ファミリー」と呼んでいます。

このテーブルは誰が届けてくれたのだろう。
このお花は誰が探してくれたのだろう。
この写真はどんな想いで撮られたのだろう。

一つのウエディングを創りあげるのに
私たちは自分たちだけの力では作れません。

たくさんの方々が命を使って、
私たちに力を貸してくださっているんだということ。

目の前にあるテーブルもお花も椅子もただのモノかもしれない。

でも私たちはモノの先にある
人の「心」に感謝をできる人たちでありたい。

たくさんの人々を肩を組んで、
仲間として一緒にすばらしい世界を作っていきたいと思っています。

Fecafa8a 7745 4db9 8005 506c5d99e234

Page top icon