【CEOインタビューVol.2】アカデミックかつエンタメ要素もあるプロダクトの創出で、「人間の可能性を伸ばし、意欲とインスピレーションあふれる世の中に」

こんにちは。株式会社UsideU(ユーサイドユー)の採用広報担当です。今回は当社創業者で代表取締役CEO 高岡淳二のインタビューVol.2をお届けします。Vol.1は以下に掲載されておりますので、まだご覧になっていない方は、ぜひご覧ください!

東京大学法学部出身の高岡は、中国でHRテック分野の起業に参画後、ブーズ・アレン・ハミルトンでコンサルティングに従事。その後、アリババで日本事業の立ち上げに携わり、MBA取得のために渡米。Draper Nexus Ventures(現:DNX Ventures)を経て、2017年6月、UsideUを創業しました。

Vol.1のインタビューでは、高岡の幼少期の原体験から、UsideUの創業前のビジネスパーソンについて話を聞きました。今回のVol.2ではUsideU創業の経緯や現在取り組んでいるプロダクト、今後の展望などについて話を聞きました。また、候補者の方に向けたメッセージもお伝えします。

■エンハンス・ヒューマンを軸に、UsideUを創業

――起業しようと思った一番の理由は何だったのでしょうか?

会社員としてできることの限界を感じた、というのが正直なところです。戦略コンサルやアリババのような大手ではもちろんダイナミックなプロジェクトに携わることができましたが、やはり誰かが作った仕組みの中でしかものごとが動かせない、あとはもう自分で起業するくらいしか面白いことがないと思い、アメリカの大学院で勉強しながら起業のネタを探していました。周りはみんな就職活動をしていましたけど、私は一人で起業の準備をしていましたね。

――創業当時の事業内容について教えてください

創業当時は、色々やろうと思っていたんですよ。特に根深い課題をテクノロジーで解決するような技術、いわゆる「Deep Tech」領域への興味関心が高かったんですが、当時はまだ早すぎました。AIだとか、VRも当時は賑わっていましたが、どれもピンと来なくて……。

アリババ時代、Eコマースは儲かるし、面白いとも思っていましたが、自分の中では、「エンハンス・ヒューマン」という一本の軸があったんですね。自分自身がコンサル時代に人員整理プロジェクトなどで非常に苦しい気持ちを味わって座禅修行をしたことが原体験となって漠然とIT技術によって人間の能力を「リプレイス」するよりも、やっぱり人間の能力を向上させるような技術をやりたいと思っていました。例えば脳みそに電極を貼って脳波を測ることができるセンサーなんていうものもあって人間の能力を伸ばしたり、幸せにするようなプロダクトを作りたいと考えていました。

起業の最後のひと押しは、メンターがアメリカ留学の前後にヨーロッパ縦断とアメリカ横断を僕を連れて行ってくれたことですね。自分に素直な自由に選択をすることで解放感を味わったり、時には自分で招いた危機に直面したり。技術やビジネスは、人に自由を与えて能力をフルに活用するためにあるんだと心から思うようになりました。結局、ロボット研究者の石黒浩先生に友だちになってくれるようなロボットを作りたいとアドバイスもらいに行ったことがきっかけで起業しました。石黒先生からはリアルなコミュニケーションロボットを勧めていただきましたが、試行錯誤の結果、私の方でアバターロボットを作って、「これでビジネスをしましょう」と提案しました。

石黒先生は、「CGはロボットじゃない……」とおっしゃっていたような気がしますが(苦笑)、サポートしてくれました。そして2017年に無人でお酒を提供する「変なバー」を作りました。アバターロボットが接客案内をしてくれて、ボタンで注文したら、ジャーッとカクテルが出てくるという無人バーですね。

■インターネットの将来は、人を幸せにする「ブレイン・テクノロジー」以外にはない

――アバターに、今後の可能性を見出したのはなぜですか?

さきほどのエンハンス・ヒューマンの話もそうですが、今後のインターネットはありとあらゆるものが、PCやスマートフォンから飛び出してくるような使い方になってくると思うんです。それを安直に考えると、ロボットだったのですが、お掃除ロボットとかにはまったく興味がなくて。やっぱり、人の能力を向上してくれるロボットを作りたいと思いました。

脳を健康にする方法はたくさんありますが、ひとつは人間の言葉で気持ち良くすること、もうひとつは脳みそに直接刺激を与えること。後者を実現し、ビジネスにすることは、まだ難しいと思ったので、前者の方向でビジネスを進めていくことにしました。

私たちがやろうとしていることは、ブレイン・テクノロジーですね。10年先、20年先のテクノロジーの進化を考えたときに、ブレイン=脳の領域以外には大きなチャンスがあると考えています。バーチャルリアリティーも脳みそを完全に騙すという話ですし、AIも視覚情報を活かしたブレインテックなので。スマートフォンを観る時代は終わらないと思いますが、直接脳みそに関わるインターネット事業をやっていくことが、一番の価値だと思っています。

――ところで、UsideUという社名の由来を何なのでしょうか

“You side You(自分のそばに自分がいる)”という意味です。例えば「ドラえもん」と「ドラミちゃん」の例で言うと、ドラえもんは得てして安直な道具を出すだけじゃないですか。でも、ドラミちゃんは道具はあまり出しませんが、ちゃんと問題解決して癒してくれるんですよね。色々な意味で、ドラミちゃんの方が非常によくできたロボットなんです。

結局は、自分を理解するのは自分。人間が持っている生体情報はありますけど、最終的には、人間の情報をなるべくそのまま取得することができるようなビジネスをしていきたいと考えています。もうひとりの自分がいるようなコンテンツを作ることが、これからのインターネットのあり方だという思いを持って、UsideUという社名を付けました。


■今後は問題解決思考があり、自己変革を求める人材が必要

――将来的に、どのような事業を展開していきたいとお考えでしょうか?

将来的には、人間と一体化して能力を向上させるテクノロジー、いわゆるヒューマンオーグメンテーションをやっていきたい。脳みそを拡張することで、人間の可能性を伸ばし、意欲とインスピレーションにあふれた世の中を作っていきたいと考えています。

今考えていることは、会議室にいながら、森にいるような感覚で癒されるとか。バーチャルトラベルなんかも登場していますが、「ピラミッドに行ってきた」というような疑似体験ではなく、「心がモヤモヤしていたので、スッキリできる場所に行ってきた」「集中力を異様に高めてくれる空間に行ってきた」という抽象的な体験ができたら面白いなと思っています。

――今後、事業を拡大していくうえで、どのような人材が必要になってくるのでしょうか?

まず弊社の採用要件の大前提としてあるのが「問題解決思考」を持っているということ。何にも役に立たない人型ロボットを作っても意味がないんです。例えば今、日本にはうつ病予備軍の人が、現在1,500万人いると言われています。そういった人たちの問題を、テクノロジーで解決していきたいと考えています。そのような具体的な問題意識を持てているかどうかが重要です。

また弊社ではアカデミックであり、エンターテインメントでもあり、両方の側面が融合したプロダクトを創出していきたいと思っています。そういった意味では技術志向が強すぎるタイプの方は合わないかもしれません。例えば私もAIを活用したプロダクト開発に携わっていますが、はじめから今も一貫して、技術好きというタイプでもありません。技術はあくまでも問題解決のための手段でしかありません。私たちが実現しようとしていることは、「社会課題を解決したい」「人間のメンタル面の問題を解決したい」ということ。最先端の技術に関わりたいという方よりは、リーダーシップ・デベロップメントを前向きにやりたい人でないと合わないと思いますね。

――最先端の技術ありきではなく、それを手段として考えられる人ということですね

そうですね。「自己変革」というキーワードにビビッとくる意識高い系の方には、ビジネス的にも面白いんじゃないかなと思います。ビジネスであっても、エンジニアであっても、自己成長を求める方ですね。エンジニアとしてのスキルが多少低かったとしても、自己成長を求めていなくてエンジニアスキルが高い人と比べたときには、前者を採用すると思います。「健康で意欲的な脳を実現しましょう」という私たちの話を、面白いと思っていただける方に来ていただきたいですね。

株式会社UsideU's job postings
【CEOインタビューVol.2】アカデミックかつエンタメ要素もあるプロダクトの創出で、「人間の可能性を伸ばし、意欲とインスピレーションあふれる世の中に」
Rinka Kageyama
株式会社UsideU / サービスディレクター
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more