1
/
5

【Interview】自分ゴト化で、仕事を楽しく!経験を活かし「MUUU」をもっと愛されるプラットフォームへ

ー仕事内容について簡単に教えてください。

「MUUU」という自社ECサイトの企画・運営を行うECチームのGL(グループリーダー)を任せてもらっています。グッズが発売された際のHPでの告知をはじめとして、ファンの方にいかにしてグッズを届けるのか、ベストな方法を考えるのがECチームのミッションです。また、現在はECチームだけではなく、グッズデザインを担当するデザインチームのマネジメントも行っているので、2チームがより連携して成果を出せるようなマネジメントを意識しています。

ーUUUMに入社したきっかけについて教えてください。

実は正直な話をすると、紹介されるまでUUUMのことを知らなくて(笑)。前々職の同僚から「こういう仕事があるんだけど、興味ない?」と紹介されたのが、UUUMを知ったきっかけです。前職ではモール型ECサイトを運営する会社にいたのですが、モールではなく、自社プラットフォームの運営に挑戦してみたいなと思ったのと、UUUMはクリエイターを通じて、圧倒的な集客力を持っている会社だと思ったことが転職を決めた理由です。結局ECって一番困るのって集客のところなんですよね。ものを売るって結局、買ってくれる人にいかに喜んでもらえるかだと思うので、クリエイターとファンのエンゲージメントが強いって、それだけで強みだし、魅力的だなと思ったんです。

ー実際に入社されてみて、どうでしたか?

集客力がすごいなと。ファンの方へ直接発信ができるのって、やっぱり強い。意外だなというところでいうと、まだUUUMは若い会社だからドベンチャーなんだろうなと思って入社したのですが、福利厚生などの制度が思っていたよりしっかりしていた、ということですね(笑)。とはいえ、まだまだな部分も多いのでカオスな部分はカオスなのですが、その分自分で良いと思ったところをどんどん変えていける文化や環境があるのはいいなと思いましたし、すごく面白い部分でもありますね。中途入社の僕からすると、そこに今までの経験が活かせるなと思うし、良い形に変えていこうと思えるので。それに、これだけ伸びている会社で働けるという楽しさを味わえるというのは、なかなかないことですよ。経験したくてもできない人が山ほどいる中で、そうした経験ができる環境に自分がいられるということは、何物にも変えがたいことだなと思います。


ー経験が活きるなと思う瞬間はどんなときですか?

出来事というわけではないのですが、印象的なことといえば、社長を含めて役員との距離が良い意味で近いということですね。会社の規模がまだそこまで大きくはないということももちろんあるとは思うのですが、変に偉ぶった人がいなくて、良い意味でとてもフラットな感じで仕事ができる・意見を提案できる環境だなと思います。

ー仕事をする上で意識していることはなんですか?

自社でプラットフォームを運営してはいるものの、ECサイトの運営経験が豊富な人ってまだそんなにいないんですよ。その点では今まで自分がやってきたものがそのまま活かせるな・応用したらうまくいくんじゃないかなと思う部分は多いですね。知識もそうですし、ノウハウみたいなところもそうですし。

ー仕事をする上で大事にしていることはなんですか?

我がゴト化ですね。誰かに任せるという感覚は、捨てるようにしています。自分が事業責任者だと思うくらいの気持ちで、ビジネスとして事業をどうやって大きくしていくのかという視点を持って、業務に臨んでいます。言われたからやるというのはやっていて面白くないですし。……と言っても、僕もそうした視点を強く意識するようになったのは、1度目の転職を経験してからなんですけどね(笑)。同じ場所にずっといると、わからないことってどんどん減っていくじゃないですか。業務内容もそうだし、人間関係もそうだし。それはそれで楽なんですけど、それって本当に自分じゃなきゃできないんだっけ?とか、自分の仕事の仕方って世の中に通用するんだっけ?ということを改めて転職というタイミングで見つめ直した結果、そういう考え方がこれからは重要だなと思ったんです。


―これから、やってみたいことはありますか?

個人的には、事業会社だからこその面白さっていうのはあると思っていて、どうやって稼ぐのか?というところをダイレクトに意識しなきゃならない、否が応でも意識するのが事業会社だと思っているんですよ。稼げなかった時の痛さももちろんあるんですけど、自分たちで価値を生み出す楽しさは事業会社ならではの楽しさだなと。だからこれからやってみたいことでいうと「MUUU」をクリエイターサポート、イベントに続くUUUMの第3の収益の柱になるくらいまで育てていきたいなと思っています。プラットフォーム自体がまだまだ発展途上にある中で、いかにユーザーやクリエイターに良い形で、より愛されるようなプラットフォームへ進化させていけるかというところに挑戦していきたいなと。そうして、LE(ライブ・エンターテインメントユニット)という組織自体を、より強い組織にしていけたらなと思っています。

―どんな”アソビナカマ”が欲しいですか?

辛いことも辛いと思わないような人、事業を一緒に大きくしたいと心から思ってくれる人と一緒に働きたいです。それから、UUUMっていう会社をしっかり理解した上で、自分で会社や事業を良い風に変えていきたいと思って行動できる人がいいですね。ベンチャーに入社するってそういうことだと思うので、そこを一緒に楽しめる人がいいです。ECという観点でいえば、ユーザーとして様々なサイトに触れて使いやすい・使いにくい、自分はこうしたほうがいいと思うという理由まで踏まえて落としこむような、そういうことを楽しいと一緒に働きたいですね。

▶︎UUUMの<EC企画・運営>職の採用に関する情報はこちら

UUUM株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more